政治資金規正法に罰則規定は無く空文化状態で穴だらけ近い将来、子供が就きたい職業の凡そ49%をAIやロボットが担う様になる

2024年01月23日

外国人の政経パーティーチケット購入は我が国への主権侵害である

ee641b45

 マスコミは恣意的に清和政策研究会を「安倍派」と報じて元首相を貶める。だが、やってることは岸田派の方が悪質。抑々、安倍元首相は裏金作りの陋習を改めようとしていたのは周知の事実。安倍元首相が亡くなり復活した経緯は実に胡散臭い。

 岸田文雄首相は、政治資金パーティーでの裏金問題が騒がれ出すと、逸早く清和政策研究会の松野博一官房長官、西村康稔経済産業相、鈴木淳司総務相、宮下一郎農林水産相を更迭した。更に羽生田光一政調会長も党の要職を解かれた。

 だが、何れの議員も東京地検の結論は問題無し。岸田派(宏池会)は会計責任者が立件される。なのに岸田首相が、首相に居座り続けることに違和感を覚える。

 政治資金パーティー事件を受け、清和会と宏池会、志帥会(二階派)が派閥を解消するらしいが論点ずらしだ。どんな組織でも気の合う奴と馬が合わないのはいるもので、咽元過ぎて元の鞘に納まる。政策グループに名を変えて仲間が集う(笑)

 政治資金パーティーの問題は政治家のカネへの執着とさもしさから出た錆であり、所詮は政治資金規正法の不記載でしかない。裏金問題より悪質なのは外国人の政治資金パーティーへの参加であり、宏池会代表の岸田首相は自ら身を退くべきだ。

 画像は、宏池会(岸田派)の政治資金パーティー。岸田首相の左隣りのカツラの御仁が地元郡山市を地盤とする宏池会副会長で事務総長の根本匠。事務総長が責任を問われず、会計責任者が逮捕されるという事実に検察への絶望を感じてしまう。

 政治家はよく「政治をやるにはカネがかかる」という。暴力団と化した現代ヤクザがいう「ヤクザをやるのはカネがかかる」のと同義語だろうな。ヤクザがカネを追って任侠道を無くした様に、政治より資金集めに狂奔した政治家は恥を知りなさい。

 国会議員には政党助成金が拠出されてる訳で、政党助成法の趣旨から鑑みても政治資金パーティー及び政治献金の廃止は当然のこと。だが、日本共産党は政党助成金を受け取っておらず、法の下の平等から政党助成金の在り方も見直すべきだ。

 現在の政党助成法は、有権者が支持していない政党へもバラ撒かれる。一票を投じる際、その候補者に助成金が入るなどの法整備は出来ないものだろうか。

 今回の裏金問題で許せないのは、法を作る側の国会議員が、政治資金規正法の裏を掻い潜り、政治資金パーティーを公然と行い、裏金を作っていたことだ。況してや、政治資金パーティーの参加は外国人でも問題が無いというのはどういうことか。

 民主党政権下、前原誠司や菅直人が外国人から政治資金を貰っていたことが問題となった。前原については、自民党・西田昌司の執拗な追求し、前原は「故意ではない」と詭弁を弄するも、在日朝鮮人の婆さんからの献金の事実を認め外相を辞した。

 西田議員は在日からの献金問題と在日の政治活動に対して、「これは日本人の主権が侵害されている大問題なんだよ」と喝破していたが、正にその通りである。菅直人に至っては不法献金を誤魔化す為に原発事故を利用したことは万死に値する。

 現在、国内にはシナ人などの一般永住者が約80万人、韓国人などの特別永住者が約30万人、技能実習者約38万人、留学者約28万人、定住者約20万人と家族約20万人など、実に約289万人の外国人が住み、不法滞在者を加えると恐ろしい数だ。

 外国人の中でもシナ人や在日朝鮮人らは「外国人地方参政権付与」に躍起になり、国内の珍左翼や左翼メディアを利用して「地域主権」などという妄言で国民を騙し、外国人への権利付与が当然であるかの如く騒ぎ立て、アホな政治家が賛同する。

「岸田派(宏池会)」の政治資金パーティーでは、シナ人が大量にチケットを購入している。他の派閥や野党も同じだろう。外国人からの政治献金は違法なのに、外国人の政治資金パーティーチケット購入が問題ではないというのはどういうことか。

「政治資金規正法」は議会制民主主義の根幹を成す法律である。政治資金の実態を偽ることは国民を欺いて政治判断を歪めることに他ならない。況してやパーティー券購入は政治資金規正法には問われないとしてやっているとしたら実に悪質である。

 今回の政治資金パーティー裏金問題は自民党の陋習が生んだ破廉恥行為であり、国民への裏切りであるが、外国人のパーティー券購入が政治献金の替りだとしたら断じて赦されることではない。 外国人の派閥パーティー参加は氷山の一角だろう。

 自民党岸田派を筆頭に売国議員どもが中国共産党関係者からの不法献金を受け、忠誠を誓うが如く活動し、売国法案成立に躍起になっていることは疑い様のない事実である。これ以上の我が国への主権侵害を拱手傍観している訳には参らない。

 岸田派の事務総長は根本匠だが、こんなことでも根本の劣化を垣間見る。根本も引退した方が好い。政治資金パーティー裏金問題で自民党政権への批判は留まることを知らないが、野党の為体というかオウンゴールで自公連立政権が生き延びる(笑)

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円(月2500円)。法人120000円。協賛会員300000円~。

cordial8317 at 07:17│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

政治資金規正法に罰則規定は無く空文化状態で穴だらけ近い将来、子供が就きたい職業の凡そ49%をAIやロボットが担う様になる