処理水海洋放出に於ける悪質なデマや流言の流布は摘発するべし!8月15日の靖國参拝を自慢する愛国者は何故に9月2日には行かないのか!?

2023年09月01日

山口組三代目・田岡一雄著「田岡一雄自伝 電撃篇(徳間書店)」

 大正12(1923)年 9月1日に起きた関東大震災後、「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」「朝鮮人が暴動を起こした」などというデマが流され、「そのデマを信じた日本人に因って、東京や横浜では朝鮮人が殺害された」という風聞も流された。

 処理水の海洋放出でもそうだが、デマを流す者、そのデマを信じた者というのは始末が悪い。そこに「反日」や珍左翼どもの革命謀略運動が重なるから悪質となる。

 デマとは「流言飛語(りゅうげんひご)」のことだが、本来は「流言蜚語」と書く。確証のない噂話や根拠のない煽動的な宣伝をいうが、「蜚」とは悪臭を放つ小さな虫の意味で、忌み嫌われる語彙だ。因みに、ゴキブリのことは漢字で「蜚蠊」。

 処理水の海洋放出にデマを垂れ流してる連中というのは正しく蜚蠊。何故にこういう蜚蠊や蛆虫が湧いて出るのかといえば、自公政権が腐ってるからだ。中共が大騒ぎしてるなら、政権内の親中派や媚中議員が赴いて説得すりゃ好いのに右往左往。

 韓国政府は静観してるが、韓国野党の三国人紛いのキチガイぶりには厭きれるばかり。戦後、韓国朝鮮人は「三国人」と呼ばれた。三国人とは差別ではなく戦勝国でも日本人でもない台湾人や朝鮮人などの旧日本人を「第三国人」と准えたものだ。

 三国人の横暴を全て否定するものではないが、敗戦後の三国人の暴虐ぶりを見れば関東大震災後の一件は事実だったのではと思えて来る。「日帝36年」の恨みを晴らさんとばかりに、朝鮮人の横暴や暴動、殺人事件は筆舌を絶するものだった。

 山口組三代目・田岡一雄著「田岡一雄自伝 電撃篇(徳間書店)」では、戦後の三国人がどういう振舞いをしたかを詳細に描いている。その一部摘記する。

・・・その日のうちに神戸は修羅場と変貌した。
 敗戦の報に茫然自失する市民とは対照的に、
 これまで過酷な労働で軍部から抑圧されてきた第三国人たちは
 欣喜雀躍とし、略奪、報復の火蓋をきったのである。
 その日の午後七時。徒党を組んだ三国人は
 国鉄深川駅構内の貨車を襲って配給物資を強奪。
 これを皮切りに市内随所で襲撃略奪事件を起こし、
 婦女子を暴行し、わがもの顔に跳梁しはじめた。
 終戦当時、国内には二百万以上の三国人がいたが、とくに兵庫に多く、
 昭和一八年に一三万五千人、四八都道府県の七%強を占め、
 大阪、東京につぐ三位という勢力をもっていた。
 三国人たちは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、
 徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街をのし歩いた。
 通りすがりの通行人の目つきが気に食わないといっては
 難くせをつけ半殺しにし、
 無銭飲食をし、白昼の路上で見境なく集団で婦女子を暴行する。
 善良な市民は恐怖のドン底に叩き込まれた。
 彼ら不良三国人は旧日本軍の飛行服を好んで身につけていた。
 袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首にまきつけ、
 肩で風を切って町をのし歩いた。
 腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を引っさげ、
 略奪、暴行をほしいままにした。
 警官が駆けつけてきても手も足も出ない。
「俺たちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人が何をいうか」
 警官は小突き回され、サーベルはヘシ曲げられ、
 街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。
 昭和二一年二月、神戸生田署の岡政雄巡査部長が
 彼らに拉致されて暴行殺害され、
 同年四月、須磨署佐藤進巡査部長がやはり
 彼らの手によって射殺された。
 そればかりではない、警察の威信を根底からくつがえす
 不祥事さえもちあがった。
 すなわち不良三国人三百余人は兵庫警察署を襲撃し、
 署長はじめ幹部署員たちを人質として電話指令交換室を占拠したのである・・・

 田岡一雄は、在日朝鮮人を山口組本家の幹部(執行部)には登用しなかったという。「朝鮮人には日本古来の武士道精神や日本精神を理解させるのは到底無理だ」と分かってたからだというが、戦前戦後の彼らの民族性を知っていたからだろう。

 日韓併合以降、朝鮮人は日本人となったがその民族性は変えることは出来なかった。事大思想が根底にある韓国人を日本人に矯正することは不可能だった。

 大韓民国という祖国の無かった彼らは日本と戦争をした事実は無い。日韓併合以降、日本人と共に朝鮮人も台湾人もアジア開放に立ち上がったというのが真相。

 だが、日本が大戦で敗れると朝鮮人らは掌を返したが、同じく日本に統治された台湾では「日本の統治時代の歴史教育は実に公正に教えており、台湾の近代化にかなり役に立った」という論調で書かれている。この違いは一体何なのだろう。

 日本がポツダム宣言を受諾し武装解除すると、戦勝国を気取り「朝鮮進駐軍」を自称し、日本各地に於いて横暴の限りを尽くしたのは田岡組長の自伝の通り。

 GHQの占領下にあった我が国は、こうした三国人に因る横暴に対処することも出来ずに傍観せざるを得ず、従順に受け容れた。その結果、「隣国が嫌がるようなことはしない」という摩訶不思議な近隣諸国条項が国是となり現在に至っている。

 未来永劫、我が国が加害者であり侵略者であり、三国人やシナ人が弱者で被害者であるかの様な戦後の歴史認識やタブーを、徹底して検証しなくてはならない。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円(月2500円)。法人120000円。協賛会員300000円~。

cordial8317 at 06:11│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

処理水海洋放出に於ける悪質なデマや流言の流布は摘発するべし!8月15日の靖國参拝を自慢する愛国者は何故に9月2日には行かないのか!?