代表質問での野党の為体に安倍は内心ほくそ笑んでるに違いない(笑)相撲道の美学を貫いた大関豪栄道の引退

2020年01月28日

国民の生命の安全と保証より景気低迷を危惧するアホ議員と守銭奴ども

 中国湖北省武漢で発生した新型コロナウイルスの世界への拡散を受け、武漢在住の日本人を帰国させる為に安倍首相はチャーター機の派遣を決定した。早急且つ万全な救出を急がねばならないし、訪日外国人の入国も規制するべきだ。

 そんな中で、地元紙の社会面には日本政府に拠る邦人救出のチャーター機派遣の記事よりも大きく、新型コロナウイルスの影響で観光客が減ることで景気減退へ繋がるとの不安を煽る。ウイルス拡大より中国観光客が大事というのか。

 自民党の稲田朋美幹事長代行は、新型コロナウイルスの肺炎患者が増えていることについて、「世界保健機関(WHO)の判断を注視しつつ、水際対策に万全を期し、国民に情報をしっかり流す」ことを政府に求めたが当然のこと。

 だが、中国共産党と習近平の下僕に成り下がったWHOに公正な判断を求めるのは間違い。我が国独自で真相を究明し対策を講じることこそが肝要。

 立憲民主党幹事長の福山哲郎は、中国政府が海外旅行を禁止したことに対して、「日本の観光産業に相当大きな打撃が出る。その点も政府は注意して欲しい」と語った。福山が言う政府というのは日本政府か、中共政府か?

「観光立国」という間抜けな国策を未だに続け、外国人観光客、中でも俄か成金のシナ人の落とす幾許かのカネ欲しさに、入国規制に拠って観光産業への悪影響を危惧してることに違和感というよりも怒りさえ込み上げる。

 記事には「訪日客が10%減ればGDPが0.1%減る」と、景気低迷と収益の不安を煽る。0.1%約5000億円の金欲しさに新型コロナウイルスの対策も講じずに流行が拡大したらそれこそ来日する他の外国人が減るだろう。

 況してや、このまま終息せずに病気が拡大したら東京オリンピックの開催も危ぶまれることに成り兼ねない。そういう意味でも初動の対策が悔やまれる。

 営利至上主義から経済論を語っているのは、野村証券やみずほ総合研究所ら大手企業の守銭奴ばかり。それをアホな記者が煽って報じアホな野党議員が便乗する。万全の対策を講じることで景気が停滞しようが別に好いではないか。

 世界広しと雖も、美的感受性や道徳の圧倒的高さを有する国家は我が国を措いて他はなかった。だが、今や道徳心は乏しくなり、営利主義が幅を利かせる。

 世界中が嘘八百並べても日本だけは絶対にしない。それによって経済成長が鈍ろうとも絶対に世界の真似をしないという、そういう日本人としての自信や誇りというものを失ってはならないのだが、安易に目先の私利私欲に奔る。

 二宮尊徳は「経済無き道徳は戯言であり、道徳無き経済は犯罪である」と諭したが、今や道徳無き経済が当たり前になった。魂無き繁栄に現を抜かしている現代日本人に道徳的経済論を涵養しなければならないと痛感する。

「観光立国」の下、 外国人の急増に因って国民の安全・安心が脅かされていることは、幾ら不精な人でも気付いているだろう。生命の安全と保証、財産の保全こそ国民の願望であり、これに優る国益はない。景気対策は二の次で好い。

 外国人の凶悪犯やら犯罪者予備軍ともいうべき不法滞在者や不法就労者が多発している中で、観光産業への影響を理由について、武漢発の新型コロナウイルスに感染してる疑いのある支那人を何故に呼び込む必要があるのか。

「観光立国」とは発展途上国が行う国策であり、我が国が目指すべきは「技術立国」「技術大国」である。技術立国として科学技術やそれに伴う産業が発展すれば、日本や日本人に学ぼうと多くの外国人が訪れることだろう。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員300000円~。

cordial8317 at 05:06│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

代表質問での野党の為体に安倍は内心ほくそ笑んでるに違いない(笑)相撲道の美学を貫いた大関豪栄道の引退