同胞を拉致され泣き寝入りする民族が何処にあろうか拉致問題の解決なくして我が国が北朝鮮を支援することはない

2018年06月09日

国家を貶し、安倍を腐し、国民を嗤う、左翼人士の映画監督・是枝裕和

 カンヌ国際映画祭で、最高賞「パルムドール」を受賞した「万引き家族」。監督は常に祖国日本を腐し、反権力をマヌケにも勘違いしてる左翼人士の是枝裕和。

 参院文教科学委員会で、立憲民主党の議員から、「政府は是枝監督を祝福しないのか」と質問をされた林芳正大臣は、これまたマヌケにも「パルムドールを受賞したことは誠に喜ばしく誇らしい。是枝監督への呼びかけを私からしたい」と述べた。

 林大臣の発言に対し是枝は、「映画が嘗て国益や国策と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、公権力とは潔く距離を保つというのが正しい振る舞いなのではないか」として、林大臣の祝意を辞退した。是枝らしい(苦笑)

 戦後民主主義というか自虐史観逞しい是枝の、このコメントでも分かる様に先の大戦を侵略戦争だとして間違った戦争であると断じて憚らない人物でもある。パルムドール賞受賞の記者会見では次の様に語り、反安倍陣営や反日勢力を喜ばせた。

「日本が歴史を認めない根っこがここにある。アジア近隣諸国に申し訳ない気持ちだ。日本もドイツの様に謝らなければならない。だが、同じ政権がずっと執権することによって私たちは多くの希望を失っている」。「アジア近隣諸国」とは、韓国、北朝鮮、中華人民共和国のことらしい。もう少し公正な歴史を学んだら如何か。

 我が国はこの国とは戦争はしていない。「日本はドイツの様に謝らなければならない」というが、何処の国に何を謝罪するのか。是枝に限らず、ドイツはナチスの犯罪行為について時効を設けずに謝罪と賠償をし続けているから「日本もドイツを見倣え」という。この文言が、日韓併合や先の大戦を指しているのであれば間違いだ。

 ドイツはナチスやヒトラーについてはその罪は認めているが、ドイツ国家、或いはドイツ国民全体の罪としては過去も現在も一度足りとも認めたことはない。それは「ナチスの犯罪とドイツ国民としての戦争行為は別なもの」としているからだ。

 大日本帝国の遂行した戦争とヒトラーが率いたナチス・ドイツの犯罪行為とは全く異なるものだ。是枝の様に、未だ東京裁判に毒され、ナチスと日本軍が同一であるかの様な自虐史観が蔓延していることは我が国の歴史と英霊に対する冒涜である。

 是枝の日本批判は、韓国のソレ(反日)とよく似てる。韓国の学者らは自大思想から、「西洋の植民地支配は、先進国が後進国を支配したのであって、進んだ文化を持つ国が、遅れた国を支配するのは当然である」との認識を披歴している。

 つまり、韓国併合とは、「先進国だった韓国を、後進国の日本が支配したのだからナチスドイツのフランス侵略と同じである」と断じて憚らないのだ。だが、事実として英国もフランスも米国もオランダも、過去の植民地支配を謝罪したことは無い。

 自大思想が故に、韓国人はこの国々を咎めることが出来ずに、批判の矛先を日本にだけ向ける。何故に、「日韓併合」や「日帝支配36年」を批判するのかといえば、それでしか朝鮮民族としての誇りと主体性を維持することが出来ないからだ。

 ならば聞くが、200年に及ぶ植民地統治を行い、弾圧、虐殺、拷問、搾取し、150万人の強制募兵を行い、食糧、資材、原料の提出を強制し、インドの富の殆どを奪い獲った英国は、インドに謝罪したことがあるか?独立したインドは英国に謝罪を要求したり、補償を求めたり、極端な反英教科書を国定化したりしたか?

 米国然り、フランス然り、オランダ然り。「日本もドイツの様に謝らなければならない」という是枝は、己の歴史観の無知を曝け出しているだけだが、有名人故にその反響は大きく、その無知と傲岸不遜を笑って見過ごす訳には参らないのである。

 更に是枝は、自他共に認める死刑廃止論者でもある。世論調査で死刑制度容認が大勢を占めると、我こそが正しいと言わんばかりに、こう述べている。

「何?8割も死刑を支持してるのか?どうしようもねぇバカ国民だな、日本人は。マスコミは、世界基準を示して頭に血が上った感情的なバカ国民を啓蒙しろ、おまいらもちつけと。世界では死刑は異端なんだよ。死刑に抑止力はねぇんだ。世界の映画賞を取った俺様が言うんだから間違いない・・・」

「バカ国民」とは開いた口が塞がらない。態々「日本人は」と付けるということは是枝は日本人ではないということか?ってか、語るに落ちたか(笑)

 是枝に限らず、死刑廃止は今や世界の大勢であるから日本も見倣えという。この「世界では」とか「どこそこでは」という屁理屈は胡散臭げなものばかり。

 死刑制度に反対する欧米に倣うなら、犯罪を犯した者を逮捕せず、その場で射殺するあの傲慢さも学ぶべきではなかろうか。我が国も異端な世界に倣って、現場の警察官に凶悪犯人を容易に射殺する権限も与えれば好いかもよ(笑)

 現行の死刑制度は、「仇討ち禁止令」に代わるもので、抑止力としてのものではない。犯罪への相当の審判であり、それは無駄に生きて来た人生にピリオドを打つ為の優しさでもあり、それは畢竟、死刑囚への大慈悲でもあるのを知るべし。

 死刑廃止論者は、性善説に凝り固まったキリスト教的欧州思考に冒されている者が実に多い。日頃、反米を唱えながら、また無神論者でありながら、都合の好い部分は米国でもキリスト教でも利用しようというのはホント逞し過ぎる(笑)

 こんなアホ左翼の監督作る映画というのは、「日本というのはその裏側ではこういう現実があるんだよ」と、国家を貶し、安倍を腐し、国民を嗤うことを主眼として、それに満足してる芸術作品とは程遠い、オナニー映画でしかない。呵呵

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員300000円~。

cordial8317 at 07:02│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

同胞を拉致され泣き寝入りする民族が何処にあろうか拉致問題の解決なくして我が国が北朝鮮を支援することはない