左翼やマスゴミのアホ共が騒いでくれることで実に分かり易くもなる(笑)相手もやるだろうと疑って止まない「同一化虚言」というビョーキ(笑)

2017年05月22日

ネットだけじゃなく地元紙などに投稿してみよう!

「テロ等準備罪」の新設に向けて組織犯罪処罰法改正が可決された問題で、マスコミは「共謀罪」とのレッテルを貼り世論を煽る。地元紙の「日曜論壇」は左翼人士のアピールの場所になっており、今日も国立歴史民俗博物館名誉教授という肩書だけは然も立派な左翼が登場し、戦前の治安維持法に喩えてその危険性を指摘する。

 このおばちゃん闘士、朝日新聞の世論調査を出して「64%の人が反対している」と語っているが、朝日新聞を例にすること自体嗤うしかない。読者の投稿には常連の共産党員のおっさんが登場し「九条改正発言に心臓が止まる思い」だとし、相変わらず戦後の日本が戦争をせずに済んだのは憲法九条のお陰であると論じる。

 我が国の戦後の平和は米国の核の傘に因るもの。中東などでの後方支援や資金援助は間接的戦争支援であり、北朝鮮への経済制裁は戦争状態である。

 政府批判は結構だが、そろそろ国家の大本である国防というものを自国で賄う様にすべきで、安保関連法案にしろテロ等準備罪にしろ、粛々と法案を整え、米国依存から脱却を図らなくてはならない。「九条改正発言に心臓が止まる思い」というなら、いっそのことシネバ好いのについつい突っ込んでしまうが、このタイトルは編集者に因るもので、最近の編集委員は「安倍政治」が大嫌いな方の様だ(笑)

 左翼や無自覚左翼は戦後教育の被害者と言えばそれまでだが、こういう輩は己で考える力が乏しく、間違いを指摘しても翻意したり反省することもない。

 政府を批判し世論を誑かすのが新聞やジャーナリズムだと勘違いしているが、意見が割れてる政策や問題については是と非、賛成と反対の意見を公正に載せるというのは当然のこと。憲法21条では確かに「報道の自由」が保証されているが、これは記者やジャーナリストらの礼儀を欠いた取材活動や報道を保証するものでもない。

 放送法第4条第2項には「政治的に公平であること」と記され、第4項には「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点をあきらかにすること」と明記されているが、会社の利益が優先され、この規定は守られることはない。

 新聞倫理綱領に、「言論・論評の自由を守り抜くと同時に、自らを厳しく律し、品格を重んじなくてはならない」と記されている。これは兎角傲慢になりがちな記者を諌める為のものでもあり、「言論の自由」を勘違いしてはならない。

 新聞記者諸公に高い倫理意識など感じることもなく、とても放送法などを遵守し品格を重んじてるとは思えない。テレビにしろ、新聞にしろ、傍若無人な礼儀を欠いた取材と報道は日本の品格を貶め、国民の倫理意識を低下させ続けている。

 左翼の読者に阿た偏向したインチキ記事ばかりでは、他の読者はストレスが溜まる一方で、益々読者が離れていくばかり。新聞離れが危惧されてる中で、偏向著しい主張ばかりでは「新聞は要らない」となってしまうのではあるまいか。

 ネットの意見なんぞ新聞やテレビに比べればその影響は屁の様なもの。そういう意味では新聞への投稿は共産党や左翼の方が熱心だ。そんなこともあり、微々たる啓蒙活動として、なるべく右翼的表現は避けて保守的な意見を投稿している。

 ここのところ安倍内閣擁護と勘違いされてしまったたのか、単に文章が下手なのか、採用されることが減った。れでも懲りずに月に一二回は投稿しているが、皆さんもネットだけではなく、地元紙などに投稿してみては如何でしょうか。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 05:05│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

左翼やマスゴミのアホ共が騒いでくれることで実に分かり易くもなる(笑)相手もやるだろうと疑って止まない「同一化虚言」というビョーキ(笑)