国民不在のくだらん国会審議を見てると血圧も上がるわな(笑)世界のどの国も一旦緩急あれば命を賭して戦うだろう

2017年05月05日

安倍も「現憲法は無効である」と宣言したらそれこそ歴史に名を遺すだろうが

 安倍首相は憲法記念日にビデオメッセージを寄せ、憲法改正を実現し「2020年を、新しい憲法が施行される年にしたい」と、「第九条の条文はそのまま遺して、第三項として新たに自衛隊の存在を明記する」とアピールしたが、何じゃそりゃ。

 九条第二項で「陸海空の戦力を保持しない」と明記されてるのに、自衛隊の存在を条文に入れることで違憲状態を無くすというのは、国家の大本である国防を担う自衛隊に対する冒涜だ。安倍は、「我が国の自衛隊は法的には軍隊ではない」との認識は歴代内閣と同じく自衛隊は巨大な警察機構と見做しているということだ。

 憲法九条改正や加憲が大事だと思ってる安倍は、九条の会や護憲派と同じレベルであり、九十六条の改憲条項の緩和にしても、「取り敢えず改憲派」がやろうとしていることに危機感を抱かざるを得ない。安倍の謀る憲法改正は究極の護憲運動だ。

 自衛隊の存在を憲法解釈ではなく、踏み込んで現憲法の制定の過程と自衛隊の設立過程というものについて問題提起し、国防の在り方を国民に問いかけるべき。新たに自衛隊の存在を明記するとは、皇室典範への附帯で味を占めたのか(苦笑)

 嘗て、三島由紀夫は「檄」に於いて「最も名誉を重んずるべき軍が、最も悪質な欺瞞の中に放置され・・・国軍たりえず、建軍の本義を与えられず、警察の物理的に巨大なものとしての地位しか与えられず」と喝破した。未だに自衛隊とは三島が憂いた通り、「警察の物理的に巨大なものとしての地位」の立場の儘で放置されている。

 安倍は「国民の生命と安全を守る」と口にする。だが「生命と安全」を守るのは自衛隊ではなく、警察の仕事である。国防を担い、国軍としての自衛隊が護るべきは国體であり、死守するべきは皇統である。つまり自衛隊は皇軍でもあるのだ。

「国防」とは「それを失えば日本では無くなってしまうことを死守することである」と三島が訓えている通りだ。何が、「九条第二項をそのまま遺して自衛隊の存在を明記する」だ。保守票欲しさのパフォーマンスにはうんざりする。

 野党も野党で、護憲派の票欲しさから安倍批判を繰り返し、蓮舫に至っては「安倍の、安倍による、安倍の為の憲法改正だ」と揶揄して悦に入る。

 これでは支持率は下がる一方で、安倍自民党は野党のオウンゴールでこの世の春は未だ続きそうだ。。安倍が調子に乗るのはこうしたボケ野党の存在が大きい。

 安倍が「現憲法は国の最高法規として機能していない」と国民に訴え、声高らかに「現憲法は無効である」と宣言でもしたらそれこそ歴史に名を遺すだろうが、そんな器ではない。第九条に拘ってるところを見ても究極の護憲派である。

 第九十六条の安易な改憲で、革命政権樹立後に天皇条項を破棄することも容易になるという危険を顧みずに、それを実行しようとは傲り以外の何ものでもない。

 誤憲派にしても、取り敢えず改憲派にしても、所詮は国體破壊の同じ穴の狢というのが正しく、安倍にしても保守層の目晦ましで勇ましいことを言ってるだけで保守に非ず。安倍政権下で実行される「天皇退位」がそれを如実に現している。

 政党の中では「日本のこころ」が正当な認識を有しているが、如何せん、国民には浸透していない。正統な保守議員が連帯して現憲法の無効を図るべきだ。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 05:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

国民不在のくだらん国会審議を見てると血圧も上がるわな(笑)世界のどの国も一旦緩急あれば命を賭して戦うだろう