辞任を覚悟した朴槿恵は「親日分子取締法」を破棄しなさいな(苦笑)TPP国会承認議案と関連法案が衆議院通過

2016年11月03日

アイドルグループのコスチュームに難癖を吐けるユダヤ系人権団体

 本日は「文化の日」。祝日法に因れば「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨として制定された記念日とされているが、教育勅語を下賜され、教育・文化を重んじた明治天皇を偲び、我が国の文化を奨めるの「文化の日」ならいざ知らず、「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」とは詭弁以外の何ものでもない。

 明治天皇の天長節である「文化の日」は、昭和21(1946)年11月3日に日本国憲法が公布された日であり、第二の「憲法記念日」でもあるが故に、平和憲法下での「自由と平和」を有り難く思えという、GHQの無理強い。戦前には「明治節」として奉祝した記念日であるこの日に、現憲法を公布させたということに米国の如何わしい意図が窺える。つまり、未来永劫、現憲法を有り難く頂戴しろということだ。

 閑話休題。アイドルグループの「欅坂46」が、イベントで着た衣装がナチスを想起させるとして、米国拠点のユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が、責任者である秋元康氏とソニーミュージックに対し謝罪を求めている。

 米国というか、ユダヤ人にとって目障りなのは日本人というのは今も昔も変わらない。ドイツはナチスの犯罪行為について時効を設けずに謝罪と賠償をし続けているから「日本もドイツを見倣え」「ナチスの残虐行為を教育しろ」という。

 胡散臭げな人権団体がアイドルグループのコスチュームをナチスに準え騒ぎ立てるのも、ナチスのホロコーストを日本でも徹底して教育しろというユダヤ人による強要という他はない。抑々、ナチスによるホロコーストは事実なのかということ。

 ホロコーストが在ったとされる「アンネの日記」は単なフィクションで、これをして事実と断定するのは無理がある。ホロコーストによって殺害されたユダヤ人は600万人以上、最多で1100万人を超えるとされているが、歴史家の中には、明らかにされた文献などによりホロコーストは捏造であるとの検証もされている。

 南京事件などと同様に、虐殺ありきの観点や、戦後のこうした事実とされていることを検証して行く必要があるのではなかろうか。ホロコーストにしろ、南京大虐殺にしろ、所謂従軍慰安婦にしろ、強制連行にしろ、そうした事実がなくてはならない連中の思惑が見事に一致する。こうしたことでも米国というのは信用ならん。

 ドイツはナチスの犯罪行為に対し謝罪と賠償をしているというが、ドイツは確かにナチスについてはその罪は認めているが、ドイツ国家やドイツ国民全体の罪は今日迄認めたことはない。人権団体が、尤もらしくホロコーストを行ったナチスを糾弾し、高が知れてるコスチュームに難癖を吐けているが、要は環境保護団体を標榜するシーシェパードらと同じで、ナチスを利用した営利団体というのが正しい。

 今回の騒動は、日本のアイドルが彼奴らの集金対象になったということだ。こんな女性アイドルグループのコスチュームなんぞ一笑すれば好いことで、会社も一々謝罪する必要はない。謝罪や譲歩をすれば更なる強要を生むだけで、安易に謝罪した秋元康やレコード会社やイベント会社は人権団体から無心されることだろう(笑)

「勝てば官軍」とはよく言ったもので、逆を言えば敗けることは「悪」となる。我が国も大東亜戦争でのたった一度の敗戦で見事な迄に日本の精神性までもが失われてしまった。ドイツも同じで、ナチスを全て悪者とレッテルを貼られ、ナチスドイツのホロコーストの残虐性を然も事実かの様にされて批判に曝され続けている。

 勝者であるユダヤ人は、ナチスのホロコーストから生き延びた国家を持たない可哀想な民族として、土着のアラブ人、パレスチナ人らを追い出してイスラエルを建国したが、要は「勝てば官軍」とばかりに都合の好い歴史を創りたいだけ。

 こんなユダヤ人の妄想に因るイチャモンや強要を認めていたら、中共や韓国から南京事件や慰安婦問題を既成事実化されてしまい、ナチスドイツと同じ様に大東亜戦争の大義が否定され、日本軍の服装なども同じ様に扱われることになるぞ。呵呵。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 07:43│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

辞任を覚悟した朴槿恵は「親日分子取締法」を破棄しなさいな(苦笑)TPP国会承認議案と関連法案が衆議院通過