民進党の代表選に参加した外国人は入管法に則って国外追放せよ!「生前退位」に反対す。皇太子殿下が陛下を輔佐する環境作りを整えよ!

2016年09月20日

旅をするにも先ずは御足を確保しなけりゃどうしようもない。呵呵

 9月は「長月」というが、ここのところ収入が無いというのもあるが一年で長く感じる月でもある。右翼現役時代、といっても30代の頃だが、盟友の横山武彦(故人)と宣伝車を引っ張って鹿児島の知覧を目指す旅に出たのを思い出す。

 というのも、9月は収入というか支援金が殆ど無いので、横山の友人で大手警備会社のテイケイの高花豊会長から活動費を捻出するのが目的で、「全国行脚世直し全国遊説隊」なる仰々しい名前を付けて挨拶に行った。最初は別々の車両二台。

 実際は二人だが「若い隊員も数名連れて行くので」と行動趣旨を説明すると過分なガソリン代を頂いた。二週間ほど旅して御礼の挨拶へ行くと、「今時、数日と雖も家を空けるなんて出来ない奴ばかりで、二週間も車で寝泊まりして旅を続けるとは大したものだ」と、その後、物心両面で支えて頂くこととなった。

 縁とは正に異なもの味なものだ。横山とはその後、宣伝車1台で4、5回は旅をしただろうか。歳は二回りも上だが、妙に馬が合った。愚生が防共挺身隊(防挺)に入隊した頃は横山は副隊長という立場で、愚生が初めて株主総会へ出た時も横山と一緒。当時は雲の上の様な存在だったが、その後は右翼としての立場は逆転(笑)

 その横山も酒に溺れ幽冥境を異にしてしまったが、右翼としての発想も面白く、右翼の生き字引の様な存在だっただけに惜しいことだった。「最後の浪人」といえば元楯の会で一水会顧問の阿部勉が有名だが、阿部さんは確かに浮世離れしてて浪人の風体はしていたが実際は郡山市本社の興新産業の東京支店長だった。

 その阿部さんだが、以前は福島市のヤクザがオーナーの「福島ジャーナル」の主幹兼編集長という立派な生業を持っていた。浪人とは何処にも所属していないことをいうが、多少のカネでも給料を貰うというのは侍うということで浪人ではない。

 横山の郷土・天草。中学校を卒業すると自衛隊に入隊し、縁あって郡山駐屯地へ配属された。大日本愛国党を経て防挺の副隊長だったが破門、その後は「野武士会」や「青空議会」を参画し活躍するも天草へ帰還、後に再度郡山へ戻り、某右翼団体代表となった。横山こそ右翼浪人だと思ってるが愚生も負けてはいない(笑)

 最近の右翼人というのは個性が無くなり、同じ様な人種が集まり、同じ話題に同じ反応を示して盛り上がり、議論を避け、喩え敵対する相手でも受け容れて、無難に立ち振る舞う者ばかりでつまらなくなった。やはり右翼は削げ者が好い(笑)

 2年前に河合井継之助の軌跡を辿ろうと、会津只見から新潟長岡の旅を実行するも途中で挫折して以来旅はしていないが、旅をして場末の呑み屋で隣り合わせた客と横義横行するくらい愉しいものはない。でも、旅をするにも、先ずは御足(御銭)を確保しなきゃならない。まぁそんな訳で、誰か奇特な方が現れないかな。呵呵。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 09:08│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

民進党の代表選に参加した外国人は入管法に則って国外追放せよ!「生前退位」に反対す。皇太子殿下が陛下を輔佐する環境作りを整えよ!