「英将秘訣」は実に面白く気力が湧いてくる!民進党の代表選に参加した外国人は入管法に則って国外追放せよ!

2016年09月15日

「これからは村田蓮舫としてやり直す」といえば国民も溜飲が下がるだろうが

 それにしても、二重国籍問題での蓮舫のあの己を正当化する強固な姿勢は日本人には無い性格で、やはりシナ人特有の性質なのだろうと改めて痛感する。

 蓮舫の二重国籍問題で「法的に問題が無い」という意見を散見されるが、それ以前に政治というのは本来、最高の倫理であり、最高の道徳であらねばならない。

 法律に触れなければ別に良いという問題ではなく、色々と見苦しい言い訳をしていながら、結局は台湾のパスポートは所持してた訳で、更新していたとなれば確信犯であり、社会的責任や道義的責任、況してや政治的責任は免れない。

 今迄の経緯を素直に謝罪し、「これからは村田蓮舫としてやり直す」といえば国民も溜飲が下がるというものだろうが、ツイッターのアカウントは@renho_sha。これで「生まれた時から日本人」などとよく言えたものだ(苦笑)

「父の台湾」と如何にも台湾への愛着を匂わせておいて、今更ながら「中国は一つ。台湾は国家ではない」などとはどういう了見か。ならば、二重国籍を疑われた段階で台湾当局に問い合わせなどせずとも「台湾の国籍は無効」と言えば好かったではないか。尤も、我が国は恥ずかしながら台湾を国家として認めていないのは確か。

 何故に台湾を国家として認めていないかは、昭和47年9月29日、田中角栄が中華人民共和国との「日中共同声明」に調印し、中国共産党を唯一の政府であると認め、一方的に「日華国交条約」を破棄した為に台湾から国交を断絶されているからだ。

 日本政府が、未だ中共に諂って、台湾を国家として認めていないことは、過去の自民党政権の責任であり、政治家の不作為に因るものであり、道義国家として恥ずべき行為である。直ちに過去の蛮行を台湾に謝罪し、国交を恢復するべし。

 蓮舫で思い出すのは、民主党政権下だった平成23年9月、台風襲来で帰宅困難者が相次ぐ中で、行政刷新大臣の蓮舫は麻布十番の高級割烹料理店で不倫相手とされる男性と食事を愉しんでいた。青森県出身で、脱税や覚醒剤取締法違反などの前科のある暴力団関係者の中山諭。愚生と同年代で国士舘大学だが知らない(笑)

 この問題は国会でも取り上げられ、追求されるも、今回の問題同様、蓮舫は、あ~だ、こ~だと遁辞を垂れ流し、まんまと逃げ切った。中山は、広域暴力団・住吉会100%出資で87年にマンション販売会社「東邦リアルエステート」を設立するも、脱税により逮捕され服役。間もなくバブル崩壊で93年には倒産の憂き目に。

 服役後には「中興建設」を設立(後に「ダイナシティー」に社名変更)ジャスダック市場に上場した。だが、これも住吉会の出資した会社だったいうから驚く。

 蓮舫はこの中山から多額の献金を受けてたこともあり、台風襲来で帰宅困難者が出ようが、中山との食事を優先した。常々自民党に「危機管理」やら何やら糾弾して止まない蓮舫が、国民の安全確保を無視して私的な飲食に興じていたとなれば日頃の言動との整合性にも欠ける訳で、全く以て言語道断と言わざるを得ない。

 この事実は、政治家として本来であれば政治生命が絶たれても可笑しくない事案だが、そうした過去の過ちを猛省することなく、頬っ被りしたまま、今や民進党の代表にまで上り詰めようとしている。民進党は本気で政権を獲るつもりなのか。

「二重国籍は問題ない」と蓮舫に阿諛追従する民進党員らを目の当りにした時、世論との大きな隔たりを感じるのは愚生だけではあるまい。民進党の自浄能力の無さと政権担当能力の無さは言うまでもないが、こういうことこそ国民の政治離れを招く元凶でもある。再度言おう。政治とは最高の倫理であり、最高の道徳である。

 それにしても、グラビアアイドルで二重国籍というより中共の御先棒を担ぐ二重スパイの蓮舫が、ややもすれば総理を狙える野党第一党の党首になる可能性があるというのだから日本というのはホント素晴らしい国だ。呵呵大笑。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 05:59│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「英将秘訣」は実に面白く気力が湧いてくる!民進党の代表選に参加した外国人は入管法に則って国外追放せよ!