どんな子も みんな日本の 大事な子!喜多方市の「ほまれ酒造」、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)で世界一に!

2015年07月16日

安全保障関連法案、衆院本会議で可決される意味は大きい

 安全保障関連法が衆院平和安全法制特別委員会で採決され、今日には衆院本会議で可決される見通しだ。いざ、採決となり、浜田靖一委員長が「法案に賛成の方の起立を求めます」と決を採ると、野党も全員起立しているではないか。法則に則れば「強行採決」というより「全会一致」で可決している様にも見えなくもない(笑)

 野党の皆さん準備も宜しく、「アベ政治を許さない」だとか、「強行採決反対!」「自民党って感じ悪いよね」といったプラカードをカメラ目線で掲げていたが、所詮は国民向けのパーフォーマンス優先で法案の中身なんてのは二の次。

 国会のテレビ中継が終わるや否や、野党のアホ議員どもはプラカードをその場に放り投げて退散。こうした政治家どものだらしのない光景はとても子供達には見せられない。せめて持ち込んだゴミの後片付けくらいは確りやりなさいな(爆)

 意見の一致を見ない、認識が隔絶している議論を滔滔と続けることが生産的かと言えばそうではない。やはり、最終的には多数決で決めるのは当然であり、況してや安全保障は一刻を争う重要な問題であるなら尚更である。

 民主党ってのは、旧社会党や日本共産党と同じく何でも反対する政党に成り下がり、民主主義の基本である多数決でさえも「強行採決!」とは厭きれる。

 まぁ多数決でも「強行採決」っていうことらしいので色々と使えそうだ。学級委員会でこういうのも出てきそうだし。国会周辺では、なんちゃって左翼が「戦争法案反対!」を叫んでいるが、本気で阻止しようという意気込みは全く感じない。

 昭和35(1960)年、1年もの審議を経て「日米安保条約」の改正が為され様とした際の国会周辺は正に騒然としていて、その成否はどうあれ反対派の真剣さが伝わって来る。それに比べて今の騒動は単なるお祭り騒ぎ。何故にこうも違うのか。

 安保闘争では法案成立の四日前に、樺美智子が国会前で忙殺された。これによって樺美智子は安保闘争の象徴とされ、反対勢力の団結力を生んだ。安保闘争は、「マルクス・レーニン主義」という麻疹(はしか)に罹った俄(にわか)左翼の氾濫というより、戦争に負けたという悔しさからの「反米運動」だったのではなかろうか。

 終戦後、未だ15年ほどしか経ってはおらず、何故に米国依存体制を強化し属国化する必要があるのかという、日本人としての心の奥底から出でる反抗だったのではないだろうか。当時、右翼陣営は戦後、「反共」の名の下に、国会周辺に屯する左翼らを殲滅せんが為に終結するも、象に挑む蟻の如く蹴散らされたという。

 戦後の右翼が国粋主義を捨てて「反共」に奔ってしまったのは、「フィクサー」tか「右翼の巨頭」と言われた児玉誉志夫の影響が大きい。「政財界の黒幕」と言われた児玉誉志夫だが、戦前は海軍航空部門の物資調達を任された「児玉機関」の親玉でもあり、「A級戦犯」としてGHQに逮捕された経歴も持つ人物である。

 GHQは占領下に於いて、戦争を引き起こしたのは日本国内の右翼勢力だとして、右翼団体や危険人物を潰そうとするも、大東亜戦争終結後にアジアや世界各地で勃発した共産党による革命や暴動阻止に右翼陣営を利用しようと企んだ。

 日本国内でも同様に共産主義者が勢力を拡大して行く。これを危惧したGHQは右翼の解体の方向を転換し、右翼を「反共」に利用することにしたのだ。児玉と同じA級戦犯だった笹川良一も同じ。児玉も笹川も、米国の意のままに「民主主義」や「資本主義」に与し、「共産主義」のみを悪とし、それらを忠実に実行した。

 児玉や笹川が米国のスパイと言われるのはその所為でもある。児玉は潤沢な資金を基に、全国の博徒や香具師を纏め上げ、右翼団体を次々と立ち上げると共に「反共運動」に乗り出した。今も続いている旧態依然の「反共」活動や、自民党を始めとする保守派のスローガンを忠実に遂行している院外団的行動も当時の名残りである。

 戦前の右翼と戦後の右翼は全く違う存在となってしまった。戦前の右翼というのは「国粋主義」的要素が強く、外国思想は全て悪と捉えるという考えだった。

「共産主義」に止まらず、「資本主義」であろうが、「民主主義」であろうが批判されるべき対象だった。反共右翼、行動右翼のパイオニア、防共挺身隊に所属し、そのトップにも就いた愚生ではあるが、安保闘争を考えると忸怩たる思いはある。

 今回、第二の樺美智子が出ることはないだろう。現在の左翼も昔の左翼の様に、心の奥底に日本人としての思いがあれば、国民の支持も得られるだろうに、所詮は売国左翼じゃ末路は見えている。右翼も左翼も似たところがあり、教育勅語での美徳である「恭倹(きょうけん)己を持し」なんてのは持ち合わせることない。

 自分を英雄視し、人気に肖って美名を残そうとする輩ばかり。真の革命家や維新者というのは、歴史を見ても多くは美名より汚名が遺されるものである。そういう意味では、汚名を着せられている安倍という政治家はある意味で改革者なのかも知れないなぁ。まぁ、兎にも角にも、安保関連法案が衆議院を通過した意味は大きい。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円(月2500円)。法人120000円。協賛会員300000円~。

cordial8317 at 05:17│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

どんな子も みんな日本の 大事な子!喜多方市の「ほまれ酒造」、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)で世界一に!