北朝鮮には断固とした「圧力と制裁」以外には無い日本側が戦時の徴用を認め「明治日本の産業革命」が世界遺産へ

2015年07月04日

「みたままつり」、露店の出店中止はマナーの悪さが原因とは情けなや

 今月13日から靖國神社では「みたままつり」が斎行される。盂蘭盆に合わせて戦歿者の御霊(みたま)を慰霊する為に始まったもので、英霊(神)に対する畏敬や欽仰する祭り。正に我が国は随神の道を歩んで来た世界にも稀有な国だと痛感する。

 春秋に斎行される例大祭などと違って鯱張った祭りと違い堅苦しさもなく、例年参拝を愉しみにしていたが、今年は膝の具合が芳しくないので諦めた。

 尤も行って何する訳でもなし、境内に飾られた雪洞などを見て愉しんで、後は贔屓の店で一献してくるだけなので行けなくはないが、止めとくことにした。

「みたままつり」は盆行事ということもあって、それこそ御霊の囁きに触れる好い機会なので、未だ行ったことの無い人は是非詣でてみては如何でしょう。

 今年は露店の出店が中止となった。理由は報道された様に参拝客のマナーの悪さで、露店で未成年が飲酒して騒いだり、若者の間では「ナンパ祭り」などと呼ばれていたというから厭きれるばかり。ここ数年の愛国ブームで参拝客はかなり増え、ネットで意気投合した方々が靖國で「合コン」ばりの集会を催したりしている。

 靖國神社を愛国的なシンボルと捉え、靖國神社へ参拝するこそが愛国者であるかの様な、実に安っぽい愛国心を訴える昨今の風潮は、正に「贔屓の引き倒し」以外の何ものではない。特に、8月15日のあの左右入り乱れての喧騒は頂けない。

 左右の衝突は恰も思想的対立に思えるが全くの別な次元。愚生から見れば警察の警備予算の拡充に協力している様なもので、8月15日のデモや集会は有無を言わさず不許可にすべし。「言論の自由」や「集会の自由」なんぞクソ喰らえだ。

「大日本帝国憲法」第二十九條には「日本臣民ハ法律ノ範圍内ニ於テ言論著作印行集會及結社ノ自由ヲ有ス」と在る。この「法律ノ範圍内ニ於テ」というのが大事。

「表現の自由」や「集会の自由」を叫べば、何でもかんでも赦される訳ではない。デモや集会もマナーが大事で、行儀よくしないなら露店が出店中止になった様にやらせなきゃ好いだけ。簡単なことだが、警察幹部はその簡単なことが出来ない(笑)

 九段での混乱が続けば陛下の御親拝は永劫叶うことはなく、8月15日は静謐な中で遺族の方々が心静かに参じ、陛下が御親拝遊ばされる環境を作らねばならない。

 右翼団体もネット右翼も自称愛国者も翌日の16日に行けば好いと思う。まぁ反天連らのキチガイ共との乱闘などを愉しんでいる様にも見えなくもないが(笑)

 16日は、前日の喧騒が嘘の様な静けさ。靖國神社の本来の姿がそこに在る。安全保障法案成立に向け党利党略が続く国会だが、安倍が「みたままつり」に詣でることで英霊の御加護が下され、政権は安定し、畢竟、国家安寧に繋がることだろう。

「盂蘭盆」に合わせ開催される「みたままつり」は、祖先霊を供養し、亡者を救う祭りでもあり、シナの風習と同じ。参拝したところで批判される謂れは無い。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円(月2500円)。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 08:20│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

北朝鮮には断固とした「圧力と制裁」以外には無い日本側が戦時の徴用を認め「明治日本の産業革命」が世界遺産へ