特殊法人でありながら、幾多の株式会社の持ち株会社となり、その収益を視聴者(受信契約者)へ還元しないNHK鳩山由紀夫クリミア半島電撃訪問。随員は一水会の木村三浩(苦笑)

2015年03月07日

「一殺多生」や「七生報国」は知ってるが「四生五殺」という言葉があるそうだ

 大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」と「サークルKサンクス」を傘下に持つ、「ユニーグループ・ホールディングス」が経営統合に向けて本格的な協議に入ることが明らかになった。この統合が実現すれば、コンビニの店舗数では業界首位に立つ「セブンーイレブン・ジャパン」に並ぶ規模となるという。

 愚生の住む地域を見てもファミリーマートの進出は目覚ましく、ヤフオクで「はこBOON」を利用することが多い愚生には結構なことだ。一方のセブンイレブンはというと、フランチャイズ契約を結んでるオーナーの自殺が殖えているという。

「四生五殺」という言葉もあるそうだ。 その昔、受験生の間には「四当五落」などという言葉があった。「寝る間も惜しんで勉強して、4時間の睡眠なら合格するが、5時間以上睡眠している様では合格出来ない」という意味に使われていた。

「四生五殺」とは、4000万までの借金なら大丈夫だが、借金が5000万円まで達すると自殺するからだという。 コンビニというのは他人事ながら、それほど儲かる商売だとは思わない。コンビニエンスという名前の通り便利なものでしかない。

 最近のコンビニの統廃合は、消費者からすればコンビニ店の個性も無くなってしまい、存在価値も薄れて来てしまった様にも思う。これだけコンビニが街に殖えれば過当競争になるのは当然で、売り上げも本人や本社の思い通りには伸びない。

 脱サラしたり、定年後に、「老後の小遣い稼ぎにしよう」なんて、軽い気持ちでコンビニ経営を始めるとエライことにもなり兼ねない。赤字が出たコンビニには、それこそ24時間の監視態勢が執られ、金庫のカギを取り上げて管理される。

 売り上げに改善が見られない場合には、「契約不更新」を宣告され、店も本社に取り上げられるという。更には、それまでのセブン本部との取引で生じた、「オープンアカウント」(取引勘定)が清算され、莫大な借金だけが残されるという。

 このオープンアカウントでは、通常は利息が発生しない買掛金にまで5~7%の高い金利まで付くというから驚く。そうしてストレスがピークに達し、悩んだオーナーが自殺する訳だが、返済は個人事業主が入ってる生命保険目当てに自殺し、借金の返済に充てる。「セブン‐イレブン加盟店共済制度保険」がそれだ。

 オーナーが閉店しようが自殺しようが、損害賠償金はオーナーに支払われることがなくセブンイレブンジャパンがネコババ。その保険代理店は、親会社のセブン&アイ・ホールディングスグループの「株式会社ヨークインシュランス」である。まぁ、大手企業のやってることは暴力団と大して変わりはない(苦笑)

「四生五殺」という借金地獄で思い出すのは、盟友だった右翼団体・蒼穹社代表の瀬野寿夫だ。横浜の瑞穂塾々長の伊藤満と浄化槽管理の事業を始めたが、無計画さと自身の放蕩などが重なって、高金利に手を出して借金が膨れ上がった。

 4000万ほどの借金もあっという間に7000万円に。生命保険に入ってた瀬野は、母親が連帯保証人となってたことを気に留めていて、その5000万円の保険金目当てに自殺した。高金利で貸してたのはヤクザを始め、伊藤や数人の右翼らも貸主に名を連ねていた。所詮は金の切れ目が何とやらという付き合いだったのだろう。

 愚生も他生の工面をして貸してはいたが、香典だと思って諦めてた。そんな矢先、伊藤から「これ瀬野の母親から渡す様に言われたから」と、70万円を渡された。どうせ無くなったカネだと思ってたので、そのカネでロレックスの金無垢のボーイズサイズの中古を購入。だが、その数か月後にはシナ人の女に盗まれてしまった。

 縁起の悪いカネで買った時計なんてそんなもの。盗まれて以来、夜の繁華街などに立つシナ人を見つけると、ロレックスをしていないか調べることにしている(笑)

 瀬野が自殺した場所からは、いつも彼らがやっていた横浜駅西口広場の街宣場所が見える場所だったという。本人も余程右翼活動への未練があったのが分かる。

 瀬野とは上京すると毎週の様に会い、酒を酌み交わし、話しは尽きなかったが、蒼穹社という団体を立ち上げてから、それまでの付き合いから一変してしまった。

「団体なんて創らないで浪人で好いだろ」「借金なんて返さなきゃいいよ、事件起こして刑務所でも入ってりゃ相手も諦めるだろ」などと進言してはみたが、やはり母親の連帯保証の件と、伊藤への絶望感が、ああした結果に繋がってしまった。

 どうにか足掻き乍らも生きてりゃ、今じゃ貸借関係の法律も変わり、過払い請求で逆に貸主に請求出来ただろうに。瀬野の軽挙妄動は返す返すも残念でならない。

 最近は愚生も借金が四生とまでは行かないまでも、遣り繰りが大変で首が回らなくなって来た。それでも四生五殺というより「九生」くらいまでは大丈夫だとは思っていますので、貸主の方々は安心して増資を検討しては貰えませんか。呵呵大笑。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 07:48│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

特殊法人でありながら、幾多の株式会社の持ち株会社となり、その収益を視聴者(受信契約者)へ還元しないNHK鳩山由紀夫クリミア半島電撃訪問。随員は一水会の木村三浩(苦笑)