一億総評論家時代にあ~だこ~だと一喜一憂(笑)春の季節は大好きだったが花粉症が辛いから嫌いになった(笑)

2023年04月05日

日本人にとっての「桜」は心の文化と美意識の真髄である

 愚生の住む福島県中通りの桜が真っ盛りとなった。数日前、花曇りの中、道の駅安達下り車線の名桜「万燈桜」を愛で、二本松市の霞ヶ城跡へ。花粉症なので、目を洗浄し、目薬などで対処したが、目は痒いし、くしゃみ、鼻水が止まらない。

 県内には日本三大名桜の三春街の「滝桜」を始め、郡山市の「紅枝垂地蔵桜」「不動桜」「雪村桜」「開成山の桜」、田村市の「小沢の桜」、愚生の故郷である二本松市の「合戦場のしだれ桜」「日向の人待ち地蔵桜」などの名所が多く在る。

 東京九段の桜はそれとは別物で、何とも綺麗で愚生の大好きな風景でもある。毎年、満開の時期に合わせ九段に詣でるのが彼是30年来の恒例行事となっていたが、ここ数年は諸般の事情で行けなくなった。以前、知人らと桜満開の靖國神社に詣で、「桜の花の下で『同期の桜』を歌う会」のイベントに参加したのを思い出す。

 靖國神社の基準木「迅雷桜」の蕾が5~6個咲き始めると、「開花宣言」が出され、その1週間後満開になる。今年は開花が早かったので既に散ってしまった。

 靖國神社への参拝する時期というと夏の「みたま祭り」も好きだが、やはり桜満開の頃に参拝するのが一番好きだ。英霊の遺書には「桜満開の靖國で会おう」という内容ものが多く、やはり、九段の満開の桜を英霊を重なり合わせてしまう。

 同期の桜の一節に、「貴様と俺とは同期の桜、離れ離れになろうとも、花の都の靖國神社、花の梢に咲いて会おう!」とあるが、遠く異国の地で散った英霊に感謝の誠を捧げるのなら、やはり桜の季節に詣でることこそが相応しいと思う。

 国の為に尊い命を投げ出してくれた英霊へ感謝の誠を捧げることは、悠久の祖国日本に生を享けた者として当然の義務であろう。国民の代表である政治家が堂々と参拝も出来ないのに陛下の御親拝が叶う筈もあるまい。総理大臣や閣僚の靖國参拝なんぞより、天皇陛下の御親拝が成されて初めて英霊の御霊は鎮まるのである。

 世界のどんな国も「英霊」には最大の名誉が与えられているが、それに比べて我が国の精神的貧困さには呆れるばかり。中韓や米国の内政干渉に屈し、英霊の眠る靖國神社に堂々と参拝することも出来ずして何が主権回復か、嗤わせるな。

 世界広しと雖も、我が国ほど国家の礎となった英霊の方々が国家国民から顧みられることが少ない国はない。このことがどれだけ国民精神の頽廃を招いているか、政治家は考えたことがあるのだろうか。政治家の先生方も「みんなで靖国神社に参拝する会」なんていうパフォーマンスをしてないで、桜満開の九段に詣でたら如何か。

 桜満開の時期に行った人は分かるが、九段の桜は見事と言う他はない。祖国日本の象徴たる桜がそこには在る。国会議員が大義も覚悟も無く、保守票欲しさに靖國神社に参拝するからを政治問題化する訳で、散歩がてら九段に赴いて桜を愛でれば好いし、そんな風に普段から靖國に参拝していれば問題になることはないだろう。

 靖國神社というと所謂「終戦記念日」の8月15日のあの光景を思い浮かべてしまう。普段、靖國に詣でることのない人までもが靖國に集まり俄愛国者と化す。

 8月15日は終戦記念日でもないし、左右入り乱れての喧騒は感心しない。散華された英霊の鎮魂を祈るなら何も靖國神社ではなく、地元の護国神社や近所の神社で十分だと思うし、どんな場所に居ようとも黙祷を捧げるだけでも好いだろう。

 態態、敗戦の日に遺族其方退けで、軍服や隊服を着て参拝している人を多く見掛けるが、眉を顰める人々は多く、折角の国を想う心が「贔屓の引き倒し」になってはいないだろうか。況してや8月15日は終戦記念日ではない。「戦没者を追悼し平和を祈念する日」であり、戦没者は別に散華された英霊だけではあるまい。

 8月15日は遺族や関係者が心静かに参詣し、陛下の御親拝遊ばされる為にも静謐な環境を創らなければならない。靖國神社は桜が似合う。「桜」は古代から日本人に最も愛され親しんだ花だろう。それだけに桜への憧れや哀愁を詠んだ詩は多い。

 世の中に たえて桜のなかりせば 春の心も のどけからまし(在原業平)

 敷島の 大和心を人問わば 朝日に匂う 山桜花(本居宣長)

 願わくば 花の下にて春死なん その如月の 望月の頃(西行法師)

 風誘う 春よりもなお我はまた 春の名残りを いかんとはせん(浅野内匠頭)

 散る桜 残る桜も 散る桜(大愚良寛)

 「桜」は死に際の潔さで昔から武人、軍人精神に最も合う花でもある。

 九段の桜、同期の桜、愛国の桜。陸軍の徽章は桜、海軍は桜に錨。靖國神社の紋は菊に一重桜。自衛隊や警察、校旗などにも桜が多く描かれている。「桜」は正に、日本人の心の文化と美意識の真髄なのである。桜満開の九段と靖國神社は最高!

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員300000円~。

cordial8317 at 19:38│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

一億総評論家時代にあ~だこ~だと一喜一憂(笑)春の季節は大好きだったが花粉症が辛いから嫌いになった(笑)