講演「元行動右翼に聞く日本の歩むべき道」(要旨)石原慎太郎と橋下徹こそ究極の「天皇制廃止論者」!

2012年11月18日

日本国憲法第七条により衆議院を解散する!万歳~!

 議長が「日本国憲法第七条により衆議院を解散する」と宣言すると同時に議場から「万歳~万歳~万歳」の声が発せられる。だが、「万歳」は「軍国主義復活」だとか「好戦的な象徴」だとして捉え、万歳三唱を拒む者もいるのは困ったものだ。

 最近の政治家は「万歳三唱」を嫌い「ガンバロー」などと叫ぶことが多いが、「万歳三唱」は陛下の弥栄を臣下が祈念するものであり、国民の代表である政治家が「バンザイ」を行うのは当然なのだが、その意味を知らない者も多い。

 萬歳三唱令と言われる「太政官布告第168号」の施行日は、明治12年4月1日公布と記されている。その「実施要領」には、「基本姿勢は直立不動で、両手は指をまっすぐ下方に伸ばし、体の側面に確り着ける」と記されて在る。

「万歳の発声とともに右足を半歩踏み出し、同時に両腕を垂直に高々と挙げる。その際、両手の指をまっすぐに伸ばし両掌を内側に向けておく」

「万歳の発声終了と同時に素早く元の直立不動の姿勢に戻す」「以上の動作を三度、節度を持ち且つ気迫を込めて行う」

「万歳三唱令」には御名御璽の押印も在るのだが、太政官布告第168号が全くのデタラメだというから驚いた。長州閥の明治政府は薩摩は赦せなかったのだろう。

 その昔、右翼の先輩で横浜在住の平澤次郎から「万歳三唱令」を教わり、「なるほど、こりゃイイ」と自慢げに教えていたのだが、ネット右翼から指摘を受け、「太政官布告」を調べてみたら168号なるもの無く、贋物だと知った(笑)

 それにしても、ネット右翼という人達はマニアックというか実に勉強しているなぁ。「太政官布告」には「御名御璽」を軽々しく扱ったものが多く存在する。

 孝明天皇薬殺疑惑があり、「錦の御旗」を勝手に創ってしまったという薩長連合だもの、「御名御璽」の押印の偽造なんてのは朝飯前だっただろう。正しく「勝てば官軍」といわれたどさくさのの時代、何でもアリだったのかもなぁ。

「万歳三唱」には逸話がある。明治初期、明治天皇御臨席の下、訓練観閲が千葉の軍事錬兵場(現・習志野市)で挙行された際に、全軍の兵全員で「天皇陛下萬歳」を三唱。この時の篠原国幹近衛長官の指揮能力に陛下は甚く歓心したという。

 千葉県の「習志野」という地名は、この卓越した篠原の指揮能力と将兵の錬度の高さに感動された明治天皇が「諸官等も篠原(志野原)に習え」と述べられたことから、この地を「習志野」と名付けられたという逸話がある。

 万歳の指揮を執った篠原長官は、明治6年に「征韓論」が破裂して西郷隆盛が下野すると、明治天皇の引き留めの命にも従わずに、近衛長官の職を投げ打って故郷の鹿児島へ帰国することとなる。そのまま残れば安泰だっただろうに。

「陸軍士官、相去るもの此の如きに於ては、慮なき能はず。但だ篠原少将の在るあり、桐野等去るも、猶未だ憂ふるに足らず」と存在自体が高く評価されており、この篠原と桐野の帰国は政府・軍関係者に大きな衝撃を与えたという。

 結局は、陛下の薫陶を享けた西郷も篠原も西南戦争で敗れて「賊軍」とされてしまった。その後、名誉は回復したとはいえ、靖國神社には祀られることはなかった。この事実を以ても、長州閥の明治新政府が如何に非情だったか察するに余りある。

 賊軍の将の「天皇陛下万歳」を称えるが如くの「萬歳三唱令」は、篠原亡き後、その意を汲んだ草莽の臣により作成されて公布に及んだのではなかろうか。

「万歳三唱令」は実に素晴らしいもので、皇国臣民としての気概や誇りを感じるものだ。「贋物」と一笑に付すのは簡単だが、「万歳」の意味を国民に教える意味でもどうにかならないものだろうか。新たな「萬歳三唱令」を法制化したいものだ。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員300000円~。

cordial8317 at 06:54│Comments(2)

この記事へのコメント

2. Posted by 佐久間五郎   2012年11月18日 17:05
コメントありがとうございます。正しく。最近は自民党までもが「がんばろー」なんてやってるのを見ると寂しいやら情けないやら。万歳三唱の意味を広め、国民挙って陛下の弥栄を祈念したいものです。合掌、佐久間五郎拝
1. Posted by 長野の祥ちゃん   2012年11月18日 09:49
5 私も、万歳三唱令にて、その通り実行しています。気持ちよいです。
背筋を延ばして直立不動、精神集中し心を込めて、右足半歩少し前に出し、腕を真っ直ぐ天を突くが如くし、素早く復位。これでいいじゃ有りませんか。
他に正式な作法が有りますか?教えて下さい。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

講演「元行動右翼に聞く日本の歩むべき道」(要旨)石原慎太郎と橋下徹こそ究極の「天皇制廃止論者」!