侮日売文屋・渡辺淳一を駆除しよう!大陸からの侮蔑は今に始まったことではない

2012年08月24日

外交は自国を正当化する強固な意志を持たねばならない

 李明博韓国大統領の竹島への不法上陸と不良シナ人の尖閣列島への不法侵入事件は、領土主権に対する明確な証拠を世界に示す絶好のチャンスでもある。

 竹島問題については日韓での解決は不可能であり、国際司法裁判所の判断を仰ぐべきだし、中共との間に違法行為が起これば徹底排除する旨を通達しておくべきだ。

 外務省は、野田総理が送った韓国側への親書の返却の受け取りを拒否した。拒否するという選択肢も​あったのかと思わず膝を打った。我が国の役人にもこうした知恵者はいると​いうことにチョッと安堵した。外務官僚が、「親書を返却するとは、子供のケンカ以下だ」と語っていたが、全くその通りだと思う。

 本日の国会では、李明博への不法上陸と陛下への暴言に対し決議を行うが​、全会一致ではないというから驚くというか厭きれるばかり。日本共産党と社​民党が反対してるからだが、こういう政党が存在し、それを支持し​ている国民がいることが日本人として不思議でならない。こういうことでは日本の政党としての資格は無い。

 政治家や政党のこうした軽挙妄動が相手国に間違ったメッセージを送ってしまう要因にもなっていることを知るべし。国益を賭けた熾烈な駆引きが要求される外交に、論争を避けるかの様な腰抜で軟弱な姿勢は隣国を逆上せ上がらせるだけである。

 民主党政権が誕生し、逸早く行った「東アジア新時代」という馬鹿げた妄想は、結局は中共や韓国、更には北朝鮮を付け上がらせたけで、我が国の立場を困難にさせただけだった。猛省して、早急に中韓への優遇措置を改めるべきだろう。

 事実現在でも中共には尖閣列島で難癖を吐けられてガス田開発では出し抜かれ、韓国には竹島を不法占拠された揚句に「日本海」を「東海」に変更しろとホザかれ、北朝鮮には同胞を拉致されながら手出しも出来ずにテボドンで脅かされる始末。

 北方領土もロシアに不法占拠された儘で一向に解決どころか話し合いすら出来ずにいるのも、全て日本政府の国家主権に対する甘さと外交の失敗が招いた結果であり、要は、歴代政府の弱腰軟弱外交故に隣国にナメラレっ放しの状態なのだ。

チャーチルが日本の外交を「第二次世界大戦回顧録」で次の様に語っている。

「日本人は無理な要求をしても怒らず、反論もしない。笑みを浮かべて要求を呑んでくれる。 しかし、これでは困る。反論する相手を捩じ伏せてこそ政治家としての点数が上るのにそれが出来ない。それでもう一度無理難題を要求すると、またこれも呑んでくれる。すると議会は今まで以上の要求をしろという。無理を承知で要求してみると今度は笑みを浮かべていた日本人は全く別の顔になって、『これほど此方が譲歩しているのにそんなことをいうとは貴方は話の分からない人だ。事ここに至っては刺し違えるしかない』と言って突っかかってくる」

 これは、昭和十六(一九四一)年十二月十日、マレー半島クァンタンの沖合いで、 イギリスが誇る戦艦プリンス・オブ・ウェールズとレパルスの二隻が日本軍によって撃沈されたときの日記だが、チャーチルは、これによってシンガポールを失い、インドでも大英帝国の威信を失うのではないかと心配しながら書いている。

「日本にこれほどの力があったのならもっと早く言って欲しかった。日本人は外交を知らない」 とチャーチルは言うが、笑える話ではあるが正鵠を射た言葉だろう。

「言わなくても分かるだろう」という日本人の気風や美徳など世界では通用しない。特に中韓、北朝鮮には通じるどころか付け込まれバカにされるだけ。外交では、言うべきことを言うのが大事であり、欧米人やシナ人や朝鮮人の様に、喩え間違いであっても己を正当化する強固な意思を日本人も持たなくてはならない。

cordial8317 at 08:18│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

侮日売文屋・渡辺淳一を駆除しよう!大陸からの侮蔑は今に始まったことではない