大東亜戦争終結ノ詔書(現代語訳)侮日売文屋・渡辺淳一を駆除しよう!

2012年08月15日

世界に民度の低さを証明した李明博

 韓国大統領李明博が、あろうことか「平和の祭典」であるロンドンオリンピック開催中に竹島へ不法上陸し、更には、申し合わせたかの様にサッカー男子の試合では政治的スローガンを掲げて、世界中に韓国民の民度の低さを露呈したが、今回は、畏れ多くも陛下に対し謝罪を要求するという看過しがたい無礼を働いた。

 陛下の御訪韓など予定されてもいないのに、恰も日本側が訪韓を要請しているかの様な物言いは、怒りというより憐れさを感じる。 大統領が交代する度に「過去のことは問わない」「未来志向で」と言いながら、政権の支持率が下がるや否や「日本の歴史認識」や「慰安婦問題」などを持ち出しては懲りずに謝罪要求をする。

「反日」のポーズで起死回生の支持率アップを狙うのも結構だが、我が国からの支援を何と思っているのか。「韓国は、強請り、タカリ、恩知らずだ!」と言われても仕方あるまい。韓国こそ自らの責任と歴史的事実を真正面から見詰め直せ。

 近代史を見つめることも無く、唯々「反日」を叫び、在りもしない従軍慰安婦問題を持ち出しては、強請りタカリを謀る李政権は最早崩壊の一途を辿り、更なる陛下への謝罪要求で「日韓関係を悪化させた大統領」として歴史に名を残すだろう。

 韓国の歴代大統領の末路は実に不幸なものばかり。絶対的権力が集中する大統領制というより民族性からか異常な金銭欲と権力欲が不正に走らせる。

 韓国が建国され初代大統領に就任した李承晩は、絶大な権力を握りながらも、独裁色が度を越して反感を買い、大統領選の不正で学生らのデモで退陣に追い込まれてハワイに亡命するも、その後に病死している。その後に大統領に就任した朴正煕は、「暗殺計画」に因って夫人を失うこととなり、その後自らも暗殺された。

 全斗換大統領は、事後法の反乱首謀容疑で「死刑判決」を受け、その後就任した盧泰愚大統領も収賄容疑で有罪判決を受けた。この二人の大統領の逮捕、有罪判決を容認した金永三大統領もその後不正融資事件で近親者などが逮捕され退陣した。

 波乱の人生を送りながら大統領にまで昇りつめた、韓国初のノーベル賞受賞者である金大中も、政権末期には不正資金事件で息子が逮捕されると責任を負って退陣している。共産主義者の盧武鉉大統領も同様で、身内が逮捕され自殺した。

 こうなると大統領に権限が集中し過ぎることの反作用というより、倫理観も道徳的価値観も乏しい朝鮮人の民族性の問題だと断じられても仕方なかろう。李明博も兄弟と親戚が不祥事で逮捕され失脚するのは時間の問題。

 何か己に問題が起こる毎に「日本の歴史認識」や「靖國問題」「慰安婦問題」などを持ち出し、「反日」のポーズさえしていれば不正や失政が許されるなら、それは韓国民がバカにされているということだろうが、それさえも分からない。

 何れにしても、韓国民は自らの責任と歴史的事実を真正面から見詰め直す時期に来ている。尤も、五百年も前の豊臣秀吉の朝鮮征伐をも責める国に、人間としての高貴で雅量在る偉大な言葉など期待する方が間違いかも知れない。

 野田政権は、公然と「平和条約」を蹂躙し、傲岸不遜な韓国に対し正理公道を説き猛省を促すべきで、韓国が受け容れない場合は躊躇なく国交を断絶すべきだ。

cordial8317 at 13:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

大東亜戦争終結ノ詔書(現代語訳)侮日売文屋・渡辺淳一を駆除しよう!