「遺棄科学兵器」ではなくソ連に接収された兵器心地好く呑んでたら愚生のツイートに腐したコメントが(笑)

2023年05月03日

もうアカン 亡国憲法 クソ憲法(防共挺身隊)

 今日5月3日は「憲法記念日」。全国各地で改憲派や護憲(誤憲)派、自主憲法制定派などの集会が催されるが、何故に記念しなきゃならんのか。その昔、防共挺身隊の石田隆参謀が作った「もうアカン 亡国憲法 クソ憲法」のビラは秀逸だったな。

 左翼マスコミは、相変わらず改憲派より護憲を唱える連中の集会を大きく報道するが、こうした姿勢も未だ戦後占領政策国の呪縛から解放されない証左だろう。

 誤憲派や似非平和団体の連中が、空念仏の様に「九条を守れ」「平和憲法を守れ」などと叫呼したところで平和が訪れる筈も無い。こうした空想は止めた方が好い。

 我が国の戦後の平和は米国の核の力と偶然に過ぎない。平和は自ら作り出すもので、その為にも自国の防衛をも否定している現憲法を早々に破棄し「自主憲法」を制定することが肝要であるが、改憲すら発議できない現状では夢のまた夢。

 現憲法は最早、国の最高法規として機能しておらず矛盾だらけのクソ憲法と化している。矛盾の最たるものが第9条。これを論拠に誤憲派は「平和憲法」とホザく。

 第9条第1項で「日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と武力による威嚇または行使は国際紛争を解決する手段としては永久に放棄する」としながら、第2項で「前項の目的を達成する上で陸、海、空の戦力は保持しない。また、国の交戦権これを認めない」とは理解に苦しむ。

 これに従えば自衛隊は本来は認められず、憲法違反の存在だろう。 歴代首相の靖國神社への参拝が第20条違反。私学助成金制度は明らかな第89条違反。

 田中角栄が日中国交条約を締結した際に「日華国交条約」を破棄したが、第98条には「いかなる理由があろうとも、日本が締結した条約は破棄してならない」とあり憲法違反。況してや国際条約は天皇の国事行為であり、田中は天皇をも軽んじた。

 憲法改正要綱が第96条にあり、「国会議員の3分の2以上が発議し国民の過半数の同意」で憲法改正出来るとある。だが、これに基づき発議すれば「天皇及び摂政、国務大臣、全ての公務員は憲法を遵守しなければならない」とあり、改憲発議自体、憲法を遵守していないことに問われ、第99条違反になる可能性もあり、矛盾する。

 国民には結社の自由や集会の自由、表現の自由が保障されているが、右翼団体の街宣には道路使用許可が必要で、スピーカーの音量も規制される。国会議事堂周辺での街宣は静穏保持法案に由って禁止されている。これらは明らかに憲法に抵触するもので、今や憲法は道交法や刑法より軽い法律と見做されている。

 何より、日本国憲法の最大の誤謬は第一条~第八条の「天皇」の章である。第一条は「天皇の地位は主権の存する日本国民の総意に基く」と在る。反天皇を叫ぶ共産党や左翼勢力が存在する限り「国民の総意」ではないということになる。つまり、天皇の地位は共産党が指摘してる通り「違憲の存在」となっているのだ。

 成文憲法のある世界の国の中で最も古いのは1789年の米国。次いでノルーウェー、ルクセンブルグ、スイスと続く。昭和22年制定の日本は15番目となる。

 各国の憲法改正の回数は米国18回、ノルーウェー139回、スイス140回、ドイツ57回、フランス27回、イタリア15回、韓国9回、メキシコに至っては408回(現在は改正数が変わった可能性あり)改正しており、大日本帝国憲法改正以来、一字一句改正が成されていない日本国憲法は、今や世界で最も古い憲法となる。

 何処の国でも時代の流れに応じて憲法を変えて行くもの。環境問題や情報公開、プライバシー保護、国家の安全等々、日本国憲法を施行した時代からは想像もしなかった程社会は変化している。一刻も早く現憲法を破棄し、日本国民の手による日本国民の為の憲法制定を急がなくてはならないのであるが、未だ頓挫した儘だ。

 改正議論が進まない理由の一つに「護憲派」の抵抗があるのは言う迄もない。第9条の「戦争放棄に関する条項」は第二次世界大戦後、国連が勧めた「不戦条約」がその源であり、日本や米国、英国、仏国、伊国など多くの国が締結している。

 然しどうだろう、戦争放棄の国際条約を結んで世界から戦争が無くなったかというと、皮肉な事に条約とは全く正反対の道を歩んで往ったというのが事実である。

 平和主義を憲法で謳っている国は80ヶ国以上在り、イタリア、スペイン、ハンガリー、エクアドル、米国に統治されたフィリピンは日本と同じ規定が有る。

 護憲派どもは現憲法を「世界で唯一の平和憲法」と賛美している様だが、これこそ無知と日本人の奢り以外の何ものでもない。「護憲」は「誤憲」であることに気付くべきなのだが、捻くれた自論に拘泥する余り全く聞く耳を持たない。

 LGBT法案が騒がれているが、第14条1項には「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と明記されており、LGBTQ優遇は他の狙いがある。

 左翼団体や人権・平和団体の連中に共通するものは物事の見方が実に薄っぺらで、実に腹立たしいものばかり。矛盾だらけの現憲法は、改正などというレベルの話ではなく、早急に無効として破棄し、自主憲法を制定する以外に無い。新憲法は大日本帝国憲法(欽定憲法)を復元し、時代を鑑み改正するのが最善である。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員300000円~。

cordial8317 at 04:54│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「遺棄科学兵器」ではなくソ連に接収された兵器心地好く呑んでたら愚生のツイートに腐したコメントが(笑)