日本人にとっての「桜」は心の文化と美意識の真髄である天皇を戴く我が国こそが世界の中心である

2023年04月06日

春の季節は大好きだったが花粉症が辛いから嫌いになった(笑)

 今年の「花粉症」はそんなでもないと高を括ってたら、ここ数日、用事が有って出掛けたから、いや~酷いの何の。やっぱり例年通りで、目は充血して痒いし、鼻水は垂れ流し、咽喉はいがらっぽいし、耳の中まで痒い。頭はボーっとしてくる。

 症状が軽かったのは、何のことはない、ずっと家に引篭もってたからだった。例年は、桜が咲く頃になれば納まるのだが、何故か今年は花粉が治まる気配はない。桜咲く春は大好きなシーズンだったが、花粉症が辛くなって嫌いになった(笑)

 右翼団体を辞する前、コジマ電気でIPOD付き100円のパソコン購入して以来パソコン三昧の日々が続く。知人を頼りにmixiのコミュニテイサイトを手始めに今ではfacebookやtwitter、綴ってるブログは4つと、パソコンが無けりゃ間が持たない。

 パソコンが中心の生活となった。毎朝4時前後には目が覚めるが、布団に包まりながらSNSやメールをチェック。外が明るくなって来たら起床する。新聞に目を通し、ブログをアップ。頭の回転が好い朝の静かな時間にやる方が効率が上がる。

 かみさんがパートを辞めたので弁当を作らなくなり、朝はスムージーのみ。昼は一汁一菜。質素な食事で体重も減り体調は万全。午後4時頃から晩酌の準備に取りかかり、いざ一献。2時間ほどチビチビやってると夜7時頃には眠くなる(笑)

 花粉症なのでウオーキングは花粉が治まるまで中止。その代わりに午前と午後に1時間程筋トレしてる。その甲斐あって下手な格闘家くらいになった(笑)

 啓蒙運動の一環として福島民報や雑誌にも投稿したりしている。産経新聞には2回採用された。地元紙の投稿欄は、政治的な内容がされなくなって投稿も減った。

 高が地方紙ではあるが、SNSやブログよりは反響よりは大きく、各方面から連絡を頂いたりもする。改めてマスコミの力の大きさを痛感すること頻り。

 SNSやブログは「教えるとは実に教えられることである(西晋一郎)」の言葉を教訓にやっている。教えるというのは意外に難しく、教えることで抱える問題に気付き、大いに勉強にもなる。SNSでの反論や批判から学ぶものも多い。

 若い頃は、本棚に並べた本の多さに満足していたこともあるが、本代が嵩み、経費削減の為に速読を習った。速読3級となり、無駄な本を購入しなくて済んだが、パソコンを遣り過ぎてドライアイに罹り、集中力がめっきり低下した。本を余り読まなくなってからは、Amazonプライムなどで映画を観る機会が多くなった。

 そうした生活を基本としている。パソコンは便利だし、調べモノするのにも楽で、非常に参考には成るが、読書から得る知識に比べて身に付かない様な気がする。

 やはりパソコンの文字よりも、文書から得た「学問」や「知識」が役立つ。「言いたがり屋は、聞き齧(かじ)り屋」という言葉がある。「学問」とは、本来自分自身の向上にするもので、他人を説得したり論破したりするものではない。

 学問というのは「自分自身がどう生きていくか」とか「或いはどう在るべきか」といったことに答えを見出すものでなくてはならないという。然し、小人というのは耳から聞き齧った事をその儘に口にするので、少しも身に付かない。SNSがそう。

 自分の中に真の学問を積んでいる者は、決してひけらかすことなく衒学臭くはないものなのだというが、どうしてもひけらかしてしまうし、「言いたがり屋は、聞き齧り屋」という言葉は、SNSに没頭してる愚生には耳の痛い言葉でもある(笑)

 今は亡き、友人の右翼浪人・横山武彦は、「右翼人はよく読み、よく書き、よく喋り、よく呑むの四拍子が揃ってなければならない」と言っていたが、「言いたがり屋」というのは、右翼人には必要不可欠な要素なのかも知れない。呵呵。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円(月2500円)。法人120000円。協賛会員300000円~。

cordial8317 at 05:59│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

日本人にとっての「桜」は心の文化と美意識の真髄である天皇を戴く我が国こそが世界の中心である