県内の自治体及び企業や団体が福島の風評被害を招く要因となっている米軍は広島市に「リトルボーイ」を投下し14万人以上の無辜の民を虐殺

2022年08月05日

中共人民解放軍との戦争は共産主義独裁政権を崩壊させる好機でもある

 中共人民解放軍がペロシ米下院議長の訪台に抗議する為に台湾周辺で弾道ミサイル11発を発射。内5発が日本のEEZに着弾した。我が国への宣戦布告というより侵略行為であり、国内にいる支那人の国外退去を含めて毅然と対応するべきだ。

 北朝鮮に因るミサイル発射には「破壊措置命令」を常時発令中だが、中共にも適用すべきで、いつもの「遺憾砲」で対抗するなど言語道断。況してや、日中国交回復五十年という節目だからと事を濁そうとなれば岸田政権を倒すしかない。

 現在の自衛隊の軍事技術では地上からの迎撃は不可能だが、海上自衛隊が保有するイージス艦からの迎撃は技術的にもそれほど難しいものではないという。

「ミサイルを迎撃することで北朝鮮と戦争になる」という大馬鹿者がいるが、中共軍と戦争になったら共産主義独裁体制を崩壊させる絶好の機会でもある。毅然と対処することで、我が国の防衛力の高さと自衛隊の優秀さを世界に示すことになろう。

「政治とは血を流さない戦争であり、戦争とは血を流す政治である」とは毛沢東。アジア情勢や国内の現況は「血を流さない戦争」は始まっている。政治家が国益を死守するという気概を持たなければ山積する外交上の諸問題の解決は図れまい。

 台湾との緊迫に乗じて習金平は尖閣諸島を狙いに来る可能性は少なくない。兵法三十六計の第六計に「声東撃西(せいとうげきせい)」という戦略がある。

「東に声して西を撃つ」の意味で、東の方を撃つぞと見せかけて、陽動作戦で相手の動きを翻弄し、実は西を撃つというのが三国志からの戦史の鉄則だという。

「囲魏救趙(いぎきゅうちょう)」という戦略もある。「三十六計逃げるに如かず」という諺でも知られる前出と同じく兵法三十六計の戦略である。魏が趙を攻撃している最中に魏の都を急襲して趙を救ったという。兵法はこうした謀略が実に多い。

 こうした戦略からすると尖閣問題での東シナ海のトラブルは単なる陽動作戦と見るべきで、中共の真の狙いは尖閣ではなくて、豊富な天然資源が眠るとされる海域で南シナ海であり、その為にも台湾を何が何でも併呑したいと考えている。

 尖閣は東シナ海で資源確保に成功させてからの問題。中共への警戒を怠ってはならないが、大事なのは中共の謀略に騙されることなく国防体制を強化することだ。

 中国共産党が東シナ海での「防空識別圏」を設定したことで、米軍機が東シナ海上空を飛行してみたり、自衛隊も追随してみたり、尖閣列島の九場島と大正島の沖合を中共海軍のフリゲート艦が航行したりと中共側との駆け引きが続いている。

 尖閣諸島の領有権を巡って「日中間で戦争となるだろう」と予測してる専門家も多いが、中共が本気で干戈を交える覚悟があるとも思えない。中共が戦争で勝った試しはなく、日本へは精精、恫喝するのが関の山だが、一旦緩急に備えるのは当然。

 中共軍より自衛隊の方が個人の資質も士気も遥かに高い。中共軍が尖閣上陸を強行し、日中戦争に突入した場合には自衛隊の能力の高さと優秀性を世界に誇示することになるし、我が国にとってそれは、まとまな主権国家となる好機となるだろう。

 尖閣での紛争に米国が参戦となれば、中共側は短期間で重大な被害を受けるのは必至。それを承知でやるとも思えないし、そこまでの覚悟があるとも思えない。

 米国が日米安保を履行せず日中介入に躊躇し、自衛隊が中共軍を追い払うことが出来なかったとしても、国民が領土主権の重要性に目覚め、現憲法や国防力を見直す契機になるとしたならそれはそれで御の字だ。 だが、中共の場合はそうはいかない。

 紛争での失態は、習近平体制の威厳を失墜させることとなり、巨大な軍事力を背景に弾圧されている周辺の国々は独立に向けて自信を深めることになるだろう。

 中共なんぞ、北朝鮮と同じ単なるチンピラ国家。いっそのこと尖閣列島で紛争が勃発してくれれば一気に共産主義体制を崩壊させる千載一遇の好機でもある。

 台湾で戦争勃発は我が国にとって対岸の火事では済まされない。自衛隊が中共軍を追い払えれば、西沙諸島、南沙諸島、或いはインドやカシミール地方や台湾、香港など、中共の無法と虐政に呻吟している国々にとって我が国は希望の星となる。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円(月2500円)。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 07:46│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

県内の自治体及び企業や団体が福島の風評被害を招く要因となっている米軍は広島市に「リトルボーイ」を投下し14万人以上の無辜の民を虐殺