オウム真理教に破防法が適用されなかった理由を検証せよ!プロ野球選手団は開幕前に靖國神社へ参拝すべし!

2022年03月22日

プーチンの妄言を鵜呑みにする日本人らしからぬニホンジン

 ロシアのウクライナ侵略に大義は無い。クリミヤ半島の侵略で味を占めたプーチンは、ウクライナ東地区でウクライナ軍が親ロ派へのジェノサイドを実行し弾圧を強めているとして、ロシア派の独立を謀り、ドネツクとルガンスクを独立させた。

 ドネツクとルガンスクの両人民共和国の独立はクリミヤ半島侵略からの計画だったので想定内でもあるが、その後の領土拡大やそれに伴う市街地への無差別攻撃は断じて赦されるものではない。こうしたロシアの蛮行を支持する人がいるのに驚く。

 プーチンは、ベラルーシの首都ミンスクで署名された「ミンスク合意は失効した」と述べた。因みに、旧ソ連時代に15ヶ国と「不侵略」や「中立」の名を冠した国際条約を結んでいるが、うち14ヶ国との条約を蹂躙しているそんな国家である。

 こんなプーチンの「ウクライナがジェノサイドを」という妄言を鵜呑みにしてるが、非戦闘員である市民を殺傷しているのはウクライナではなくロシア軍だ。

 プーチン支持派に共通するのは、先の大戦を「日本軍の侵略戦争」と疑わない戦後民主主義者や共産主義にシンパシーを抱く日本人らしからぬニホンジンばかり。

「原爆投下は日本が戦争をしたから」「原爆投下が戦争を終結させた」「日本軍も南京で中国人を虐殺した」という戦勝国や中国共産党のプロパガンダを妄信する。

 スターリンはヤルタ密約を忠実に実行し、日本人同胞の虐殺やシベリア抑留を指令した。カイロ宣言の領土不拡大の原則を蹂躙し、我が国の領土であった南樺太や千島列島の強奪を働いたが、彼奴等は何故かこうした蛮行を批判したことはない。

 戦争とは政治や外交の延長であり、国際法上認められた国家間の問題解決の為に行われる正当な政治手段の一つであるが、その戦争にも最低限のルールがある。

「ジュネーブ条約では市民の保護が定められている。戦後に勃発した朝鮮戦争とベトナム戦争で市民に多くの犠牲が出た反省から、「国際人道法」と呼ばれるものが創られている。法律ではないが、戦争を実行する上で守らなければならないルール。

 ロシア軍の侵略以降、ウクライナ国内では激戦が続いている。ウクライナ南東部のマリウポリでは産科小児科が攻撃され死傷者が出てるが、医療機関は国際法上の保護対象で攻撃は国際法違反だ。プーチンはこの攻撃はウクライナ軍だと言い張る。

 プーチン支持派もその発言を信じて疑わない。市民が住んでいることを知りながら、無差別に攻撃することは許されない。攻撃前に建物内を確認したり、警告する必要があるが、先の産科小児科病院への攻撃は如何にロシア軍が非情かが分かる。

 こんなロシアに、橋下徹が「戦うという一択は危険だ」とか「妥協点を見出すべき」とかよく言えたものだ。ロシアへの降参は民族の滅亡と言っても過言ではない。

 終戦間際、日ソ中立条約を一方的に破棄したソ連軍はソ満国境を越え、満州に侵略。ポツダム宣言受託後も南樺太や千島列島に雪崩れ込んだ。千島最北端の占守島では日本軍が応戦し、勝利するも多くの日本人がシベリアへ抑留されている。

 3年程前、ロシアの国立軍事公文書館で発見された資料に拠ると、シベリアへの強制連行抑留者に日本人女性121人が含まれていることが分かった。判明されたのは第一陸軍病院に配属された第七九一部隊の看護婦や看護助手とみられている。

 第七九一部隊は、ソ連が中立条約を破棄した昭和20年8月9日、ハルピンへ向かう途中で拘束された。この時、男性軍医の他、日赤派遣の約20名の看護婦、陸軍雇用の看護婦が50名、他に「菊水隊」の約80名の150名の女性が所属していた。

 第七九一部隊の看護婦以外にも、帰国した女性の証言や日記などから約2000名はいたとみられる。多くが10代から20代の若い女性だったという。当初は薪集めや食料の運搬、清掃作業をしていたが、看護や衛生対策を担う為に収容所医務室や特別病院に分散させらというが、筆舌に尽くし難い凌辱を受けたのではあるまいか。

 シベリヤに抑留された日本人同胞は約60万人と言われているが、この数字は軍人・軍属だけの数字であり、民間人を含めると更に多く80万人を越えると言われている。ロシアの資料では約70万人、米国の資料では約90万人とされている。

 橋下らプーチン支持者は、「そんなことは現代では有り得ない」と反論するが、第二次大戦で15ヶ国のうち14ヶ国との平和・中立条約を蹂躙し、婦女子への陵虐や不当なシベリア抑留を強いて餓死や凍死させたロシアなら有り得ることだ。

 軍隊が市民の住む街を包囲し、食料供給ルートを遮断することも人道的ルールに悖る行為である。現に、ウクライナ市民は供給ルートを絶たれて食べることさえ儘ならない。ウクライナ市民が、餓死した場合には国際人道法違反に問うべきだ。

 国連並びにEUはロシアに対し敢然と宣戦布告し、プーチンを国際刑事裁判所に突き出すべきである。ロシア軍に拠る国際法違反をこれ以上赦してはならない。 

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ

《会費&御支援》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円(月2500円)。法人120000円。協賛会員は300000円~

cordial8317 at 08:52│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

オウム真理教に破防法が適用されなかった理由を検証せよ!プロ野球選手団は開幕前に靖國神社へ参拝すべし!