「金大中拉致事件」後に日本人が次々と拉致されてるのは偶然ではない昭和39(1964)年10月10日、有色人種国初の「東京オリンピック」が開催された意義を忘れるな!

2021年10月09日

第百代内閣総理大臣・岸田文雄の所信表明演説で感じたこと

 第百代内閣総理大臣に就任した岸田文雄が所信表明演説を行った。岸田は菅内閣が進めた新型コロナウイルスのワクチン接種について「他国に類を見ない速度」と称賛した上で、司令塔の強化やコロナ対策への法整備を実施すると表明した。

 法整備をせずとも、先ずは新型コロナの「第二類」指定を「第五類」にすることが求められる。ワクチンより治療薬を充実させることで国民の不安は解消する。

 経済対策でも新型コロナ後の新しい社会の改革として「新しい資本主義の実現」を訴えた。新しい資本主義と言うが、我が国は資本主義というより日本的社会主義というのが正しく、更なる日本的社会主義実現に向けて税制改革に取り組むのか。

「成長と分配の好循環」とは具体的にどういう内容なのか。「(新しい資本主義とは)車の車輪は成長戦略と分配戦略」との説明も抽象的過ぎてイマイチ分からん。

「資本主義」とは、簡単に言えば「カネ主義」のこと。世界は「資本主義」か「社会主義」「共産主義」の体制に分かれてはいるが、これらの体制の中で生活が豊かなのかといえば、是非は兎も角として物質的に恵まれてる資本主義国だろう。

 資本はただのカネではない。カネを動かすことに由って利益としてそれ以上のカネが増え、その儲かるカネが「資本」である。日本人がいつの頃から業突く張りになったのも、全てがこの米国の価値観の押し付けでもある資本主義の弊害である。

 我が国は戦後、米国型資本主義社会を選択した。その限りのない資本主義という欲望は止まるところを知らず、比例して心の豊かさを失い続けて行くこととなった。

「世界一貧乏な大統領」と言われたウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領は、「貧乏な人とは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」の言葉は、現代日本人の心にどう響いているだろう。

 首都圏を襲った震度5強の地震で露になったのは首都機能の脆弱さだ。強烈な首都圏直下型地震が起こることは確実なのに、こんなんで大丈夫なのか。「国土強靭化対策」という強力なインフラ整備こそが、それこそ資本を充実させる得策である。

 岸田は唐突に「核兵器の無い世界を目指す」と述べた。広島出身者としてのパフォーマンスなのだろうが、外交・安全保障政策である「国家安全保障戦略」の中期防衛力整備計画を策定してる中で核兵器の無い国を目指すとは暢気過ぎる。

 原爆投下した米国の「核の傘」に甘んじながら「核兵器の無い世界」とは開いた口が塞がらない。中共や北朝鮮が核武装してる中で我が国が核兵器の所持どころか核武装の議論さえ儘ならないのは正しく米国の謀った戦後民主主義教育の弊害である。

 防衛という国家の大本を米国に依存している戦後の歪な体制をいつまで続けるつもりなのか。「平和」も「安全」も日本人自らが創り出さねばならず、真に米国依存からの脱却を目指すには何を成せばいいのか今こそ真剣に考えなくてはならない。

 左翼勢力やマスコミが広島・長崎での原爆投下を煽り、原発事故を受けて「復興」と「平和」で国民を誑かし「反原発」や「脱原発」という感情的議論が席巻し、「核武装」という国防上最重要ともいえる問題はタブー視されてしまっている。

 だが、どうだろう。心の呵責無しに核兵器を有する資格があるとしたら、それは世界で唯一の戦争被爆国である我が国だけである。戦争被爆国である我が国こそ核を保有した上で、核の脅威と核廃絶を訴えることに大きな意味を持つのだ。

 まやかしではない真の「平和」を創造する為にも、米中ロシア北朝鮮など世界の核保有国が核の放棄を約束しない限り、我が国も限定的核武装を検討するべきであり、それこそが平和を構築する手段である。口先だけの「核放棄」に意味はない。

「憲法改正」について「与野党の枠を超えて建設的な議論を行い、国民的議論を深める」というが、自民党は改憲政党ではない。旧くは自主憲法制定であり、現在は新憲法制定が党是である。憲法改正という認識に本気さが現れていない。

 中国人民軍に因る台湾への侵略や尖閣諸島の危機を共有するなら、国会議員の発議さえ儘ならない憲法改正に終止符を打つ為に、現憲法の無効を宣言すれば歴史に名を留めるだろうが、ハト派の宏池会の岸田じゃ改正議論さえ進まないだろう。呵呵。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ

cordial8317 at 04:43│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「金大中拉致事件」後に日本人が次々と拉致されてるのは偶然ではない昭和39(1964)年10月10日、有色人種国初の「東京オリンピック」が開催された意義を忘れるな!