「敗戦は必定なれど三春に倣うべからず」(二本松藩家老・丹羽一学)東京裁判を進める上で「通州虐殺事件」は実にやっかいな不都合な歴史だった

2021年07月29日

「コロナだ」「デルタ株だ」と騒ぎ過ぎだわな(苦笑)

 新型コロナの国内感染者数が過去最多の9583人。福島県内でも80人が感染したと大騒ぎしている。昨日の全国の死者はたった8人。つまり例年起こる流行性感冒(風邪症候群)になったということだ。毎年、風邪やインフルエンザで死ぬし治療を施せば重症化はしない。「コロナだ」「デルタ株だ」と騒ぎ過ぎだわな。

 新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂らナンチャッテ専門家らが、頻りに「医療逼迫」を語っているが、流行性感冒なのだから新型コロナの現在の「二類感染症」を「五類」指定するなどの措置を講じれば医療逼迫は起こらない。

「風邪うつすなよ」程度なのに緊急事態宣言まで出したって防げない。それより「これからは五類指定となるので自己責任というか、ワクチンも治療も無料ではなく三割負担となります」と注意喚起を促した方が注意すると思うがなぁ(笑)

 因みに抗ウイルス薬「レムデシビル」は1回分(5日間、6本)で25万円。最高で2回投与で合計50万円。保険適用で3割負担になっても15万円。今回のワクチン接種も入院費も無料だが、有料となれば行動制限するし率先して自粛するだろうよ。

 医療逼迫と言いながらアビガンを未だに承認しない不思議。承認しないことで尾身ら医療機関や医師会にメリットでもあるのか。効果的な日本製ワクチンが開発されるまでの治療薬としてアビガンを認可することを誰に憚り、何を躊躇しているのか。

 新型コロナに罹患し、重篤な状況から生還した芸能人や著名人らが口を揃えてアビガンの有効性や特効性を訴えていたのは何だったのか。コロナに感染し入院した地元暴力団幹部も「死ぬかと思ったがアビガンが効いた」と言ってるし(笑)

 アビガンの有効成分「ファビピラビル」に関するライセンス契約を、富士フイルムと結んだ中共の製薬大手・浙江海正薬業が後発医薬品を増産し絶大な効果を発揮してるというのに、「日本人には有効性が無い」とはどういうことか。

 ワクチンとはウイルスの生体から作られ、弱毒化・無毒化された抗原のこと。抗原を体の中に入れることにより、ウイルスをやっつける抗体が出来る。その抗体によってウイルスから守られるのだが、アビガンはワクチンではなく有効な治療薬。

 専門家らは「安全性」「副作用」という理由を吐けて反対してるが、アビガンを製造した会社が製薬会社じゃなく富士フィルムというのが理由だろう。アビガン承認を遅らせ、製薬会社からの論功行賞を狙いってるというのが正しい(苦笑)

 連日の新型コロナ感染者数に意味なんぞ無い。ウイルスは変異して人間との共存を図ってるのだから威力は無くなっている。感染者数の高さに比べ死者は激減してるのに、感染者を過去の月日と比べて不安を煽ってどうしたいというのか。

 未承認だがアビガンなどの治療薬もあるし、重篤になる可能性のある高齢者はワクチン打って、それでもコロナが怖いというなら自宅に引き籠ってなさいな。
 
 高齢者の死亡率は高いが別にコロナじゃなくても死ぬよ。今夏、熱中症で亡くなった人のリスクとどう違うの。40代以下のコロナ死亡率は限りなくゼロに近くなった。交通事故より低い死亡原因に怯えてどうするの、つ~か何をやりたいの。

「ゼロコロナ」は有り得ない。ウイルスはバカじゃないから人間との共生を図るしかない。ゼロコロナは線量をゼロにと始められた除染作業と同じで化学を無視する暴挙でしかない。原発事故で放射脳のアホが出たがコロナ脳も似たり(苦笑)

 昨日、県営あづま球場で行われた野球で日本VSドミニカ共和国の第一戦は劇的なサヨナラ勝ちで終わった。内堀福島県知事は保身から無観客にしてしまったが「復興五輪」なのだから、福島の今をリアルに世界に発信する為にもリトルリーグの子供たちや野球部員らを招待してやるべきだったと思う。ソフトボールも同じ。

 そういう意味でも、マスコミや野党に批判されようと有観客を決断した村井宮城県知事は立派だ。東大出の官僚と防衛大学出身者の違いというより覚悟の違いだろうな。これからは世論に迎合し日和ることを「内ぼる」と呼ぶことにしよう(笑)

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメントやメッセージはmr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを寄せられたい。

《会費&御支援》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ

cordial8317 at 14:38│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「敗戦は必定なれど三春に倣うべからず」(二本松藩家老・丹羽一学)東京裁判を進める上で「通州虐殺事件」は実にやっかいな不都合な歴史だった