北京2022冬季オリンピックをボイコットせよ!感情的な議論より日本の技術力をもっと信用しようじゃないか

2021年02月27日

ジェンダー平等(ジェンダーフリー)主義を嗤う

 脳科学者だかタレントだか分からない茂木健一郎という男がいる。以前は常識的な学者だと思っていたが徐々に無自覚左翼ぶりが露呈して来た。こうした無自覚ぶりが左翼マスコミにとっては非常に使い勝手が好い様でマスコミによく登場する。

 中日スポーツの記事に由ると、茂木は自身のブログで、俳優の松山ケンイチが、妻で女優の小雪を「嫁」と表現したことについて、「嫁という呼び方」と題して批判的な自説を垂れ流した。因みに記事の「女優」はアウトだろうな(笑)

 茂木は「嫁」という字が「女」が「家」というのが気に入らなかったのだろう。「嫁」がダメなら当然「家内」ってのもダメだわな。「奥さん」もヤバそうだし。相手に遜って「愚妻」とか言ったものなら激怒されるのは間違いない(苦笑)

 茂木らジェンダーフリーに与する連中にとって「かみさん」と呼ぶのがベストなのだろうか。「亭主」の立場である男よりも女性の方が上になってるし満足だろう。

 つ~か、「嫁」に違和感を覚えるなら「姑(しゅうと・しゅうとめ)」はどうなんだ? 要は、単なる言葉遊びと男女共同参画社会の曲解にしか感じない。

 昔から俗に、口喧しくなった愚妻を「山の神」とも揶揄するが、頭が上がらず、いつも感謝しているという意味では神様もかみさんも同じだろう。そう考えれば、男社会だが嫁や女性を尊重していた社会だっとことが分かるというものだろう。

 ジェンダーフリーを叫んでる性的変質者らにとって「婦人」「夫人」もダメ。「婦人とは箒(ほうき)を持って掃除をする女のこと」と「婦人」という言葉を抹殺し、「子供は親の供え物じゃない」と「子ども」表記を強要している。

 平成25年6月、文科省は国会での議論を経て、マスコミや左翼どもが常用してる「子ども」表記を、漢字表記の「子供」に統一する通達を出している。

 現代国語を書き表す場合の漢字使用の目安として用いられる「常用漢字表(内閣告示)」というのがある。これを基にした「新公用文用字用語例集(内閣総理大臣官房総務課監修)」には「子供」と表記する様に示されている。

 マスコミを中心に左翼勢力は確信的に「子ども」表記を続けているが、当時の下村博文文部科学大臣の下で通達を出していることなんぞ知らないのだろう、自民党議員までもが「子ども」表記を使ってることはマヌケとしか言い様がない。

「子ども」表記に固執している連中というのは、「子供」の「供」という字が「お供え物」「お供する」などを連想させ「差別的な印象を与える」というのが理由。共産党は「子供」とは「大人の付属物や人身御供を意味する」と主張している。

 何処のどいつが、子供を「お供え物」「人身御供」と連想するというのだろう。遜った「私ども」の様な接尾語の場合は「原則、仮名で書く」とされているが、「大人」に対する「子供」を意味する場合、漢字二字で表記するのが正しい。

「大人のお供(とも)」を表しているというが、その場合、「お供」ではなく「お伴」と書くことさえ理解してない。供物と同じく「子供とはお供え物」とは正にキチガイどもの言いがかりであり、即ち、子供への敬意が足らない証左でもある。

「子供」と同じく「婦人」も公文書から消されてしまった漢字の一つ。今では看護婦を「看護師」、婦人警官は「女性警察官」、女優も男優も「俳優」と呼ばなくてはならない。前出の中日スポーツの「女優」表記は恐らく勘違いだろうな(笑)

 この「婦人」はインチキ漢字研究者が後漢時代の「説文解字」を紐解いて、「婦人」とは「箒を持って掃除をする女のこと」と紹介したことに始まる。

 この自説に、前出の性的変質者どもとキチガイどもが飛び付いて「婦人は差別だ」と叫んで抹殺した。しかし、間もなくこの説は全く誤りだと判明する。

 甲骨文字、それに続く金文の研究から「婦人」の「婦」は、「宗廟に酒を捧げ清める高貴な女性の意味」だということが判明する。だが、悲しい哉、男女共同参画社会の風潮の中でこうした言葉遊びや造語が改められることなく常用されている。

 また、男女共同参画社会の今では「婦」ではなく「師」と呼ぶ様になった。この「師」という漢字には、師団、軍師、派遣、元帥、追撃などに含まれる「追」のツクリの部位は、軍隊を派遣する時に食料である肉を分けることが原義だという。

 普段、「平和」「平和」と叫んでいるアホンダラ左翼どもらは「師」の意味も分からずに「看護婦」を「看護師」と呼び換えて満足してるが、無意識のうちに軍隊に起因する漢字を使用しているとは夢にも思っていないだろうよ(苦笑)

「男女共同参画社会」というのは、こうした言葉遊びから始まった左翼に拠る共同謀議的愚策であり、「嫁」に異を唱え、「家内」や「奥さん」という言葉を抹殺しようと謀るジェンダーフリー論は我が国文化にとって百害あって一利なし。

「子ども」表記に違和感を覚えることなくそれらに与し、率先して実践しているマスコミや保守派というのは滑稽極まりない。未だに「子ども」表記を使ってるのは共産党どもや左翼どもや単なる無自覚左翼のアホどもと見て間違いない(苦笑)

※コメントは煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方や御意見御感想近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

<御支援の御願い>みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ

cordial8317 at 08:53│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

北京2022冬季オリンピックをボイコットせよ!感情的な議論より日本の技術力をもっと信用しようじゃないか