東軍で唯一靖國神社に祀られている二本松藩・三浦権太夫義彰旧宮家の再興は皇室の本分である祭祀を継承して戴くということにある

2020年08月25日

「会津の黄門さま」と親しまれた渡部恒三が幽冥境を異に

「会津の黄門さま」と親しまれた渡部恒三が幽冥境を異にした。伊東正義元外務大臣に続き、会津の顔とも言える政治家がまた消えたのは寂しい限り。各界から惜しむ声が届きその偉業を称える。「天下の御意見番」として括目する発言は多い。

 当時、権力を握る小沢一郎に苦言を呈することの出来る人は少なく、恒三さんの存在は貴重で、発言には会津人の「ならぬものはならぬ」という会津魂を感じた。

 小沢一郎を「小沢くん」と見下した物言いで苦言を呈し、騒がれた政党交付金絡みの土地購入問題でも「金が無くて土地を売ったという政治家はいるが、土地を買ったという話は始めて聞いた」と会津弁丸出しで話していたことを思い出す。

 小沢は「新生党」と「自由党」の政党交付金23億円をネコババして不動産購入や蓄財に充てた。政治資金規正法違反に問われた小沢一郎の「政治とカネの問題」は、本を糺せば政党交付金の在り方を論じなければならない問題だった。

 小沢は政治資金の在り方に関し、自著「日本改造計画」で「政治資金の出入りを1円に至るまで全面的に公開し流れを完全に透明にすること」と提唱した。

「同時に罰則の強化も主張し、違反の言い逃れを封じる為に「連座制」を導入すべきとも訴えた。然し、現実には、こうした主張をしてる蔭で、既に西松建設のダミー会社から献金を受け取っていたのだからフザけた話だ。

 西松建設事件で問題になった3億円も、不動産疑惑で問題になった10億円以上の献金も、北朝鮮系の水谷建設からの1億円の闇献金も、新生党と自由党解党時の政党交付金23億円余りの金が、今以って小沢の手中に留まっている。

 恒三さんは、陛下と習近平副主席(当時)の会見を巡る問題でも、小沢幹事長の目に余る言動に対し「政治主導は天皇陛下の問題では全く関係ない。これは日本の国体に関する問題で慎まなければならない」と苦言を呈したが天晴れだった。

 陛下と習近平の謁見について小沢は、「宮内庁の長官が陛下がお疲れだとか、他の日程があるとか屁理屈を付けた」「陛下の御体調が優れないのであれば、他のどうでもいい様な日程を外せば良い」と言いたい放題。

 小沢らが強行させた拝謁は、世界各国が遵守してきた一ヶ月前迄の文書での正式申請の絶対前提を無視したばかりか、各国に対して平等の適用してきた立場を大きく失墜させ、皇室への尊崇の念や威厳を薄れさせる愚行だった。

 中共への忠誠と媚び諂いに畏れ多くも陛下が利用された事は、正に国賊の所業であり断じて看過出来るものではない。未だに権力にしがみ付き醜い権力闘争に与しているが、もうそろそろ政界から身を退くべきだと思う。

 民主党政権下での衆院本会議での法案強行採決に関しても、恒三さんは「国民に恥ずかしい。これをやらなければ明日の日本がないという様な意味がなければならないが、それ程の意味のある法案ではない」と指摘していたこともあった。

 ユーモアというか、独特の嫌味は単純明快で実に解り易く非常に愉快だった。環境大臣時代に「タバコが健康の秘訣だ」といって反響を呼んだことも記憶に新しい。あの世ではのんびりと煙草を燻らして我が国の行く末を案じて欲しいものだ。合掌。

※コメントは会員のみにさせて頂いておりますが、コメント入力希望の方はパスワードを教えますのでmr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを寄せられたい。

〈会費&御支援〉みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ

cordial8317 at 08:57│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

東軍で唯一靖國神社に祀られている二本松藩・三浦権太夫義彰旧宮家の再興は皇室の本分である祭祀を継承して戴くということにある