国民不在の政争を繰り返している国会は恥を知れ!笑いのエンターテイナー志村けんの死を悼む

2020年03月27日

Facebookのポリシー違反ということで1ヶ月間の利用停止(笑)

 Facebookで規約違反申告の3回目ということで1ヶ月間の利用停止処分となった。「差別表現」や「ヘイト」の記事だというが広辞苑に出てくる語彙や漢字を、現代の価値観や風潮で個人の言論の封じ込めを謀るのは如何なものか。

 聞くところに由れば、左翼陣営のネット部隊が、目障りな人物らの思想や意見を異にする記事や主張に反する記事をストーカーの如く検閲しては違反通告を行っているという。2回目で1ヶ月の停止。更に続けばアカウントの凍結となる。

「言論には言論で」と言いながらやってることは言論の自由を侵す憲法違反の言論封殺であり、「ポリシー違反」だとして左翼勢力に与するFacebookは異にする主張は認めない中共や北朝鮮と同じ。消えて無くなるのも近いかもな。

 過去にも、橋下徹関連の記事で「穢多・非人」のことを書いたら、何処の何方かに「差別的表現」として通報されたことがある。「穢多(えた)」や「非人(ひにん)」というのは広辞苑にも出ているし、別に日本の歴史的な事実だ。

「穢多」「非人」とは、江戸時代の幕藩体制で「士農工商」の更に下の最下位層に位置付けられた人々で、明治以降は「新平民」と呼ばれている、所謂「同和」や「部落解放同盟」などの「自称・差別されてる人々」のこと。

 江戸時代、同心を手伝った岡っ引きや十手持ち、罪人の世話や処刑、牛馬処理などを担ったという。明治以降には屠殺に関わり、精肉店や革製品製造などに従事してる人に多いと言われ、芸人も非人の起源と言われている。

「シナ(支那)というのは差別だから使用するのはダメ」という。シナがダメだというならば「インドシナ半島」や「東シナ海」は何て言えば好いのか。

「支那」とは、易姓革命で政権や王朝が代わっても、その基底にある自然・民族・文化を意味する名称として使われてきた国名である。中国二千年の歴史のある言葉であり、その国名には浪漫や憧憬を感じる素晴らしい言葉なのだ。

 そう考えれば、共産党一党独裁の近代国家を「支那」と呼ぶことは、差別どころか分不相応か。やはり「チャイナ」「チャイニーズ」と呼ぶのが好いか(笑)

「差別はいけない」と批判するが、歴史的事実を黙(もだ)し、現代の幼稚な価値観を優先する余り、歴史から消してしまうことが好いことだとは思わない。

 我が国の歴史にそういう負の時代が存在していたのであれば、その成否はどうあれその事実を教えなければ「差別」の意味さえも理解することは出来ない。

 愚生の敬愛する、現代の思想家であり評論家の新崎智こと呉智英(くれともふさ、ご・ちえい)は、差別というものを逆説的にこう述べている。

「差別は正しい、差別と闘うのが正しいのと同じぐらい正しい。人類が目指すべきは『差別もある明るい社会』である。差別さえない暗黒社会にしてはならない」。哲学的ではあるが「差別もある明るい社会」とは実に示唆に富んでいる。

 幼稚な倫理観やキレイゴトによって、何でもかんでも「差別はいけない」「ヘイト」だと規制されてるのは逆差別ではあるまいか。そうした風潮が、同和や部落解放同盟の差別ビジネスやアイヌ利権に繋がっていると言っても過言ではない。

 今回の該当記事は「今回の新型コロナウイルスの初期対応を誤ったのは『観光立国』という国策に由って支那人観光客の封じ込めを出来なかったからだ」という内容。更に新型コロナウイルスを「武漢肺炎」と表記したから差別だという。

 トランプ大統領が今回のウイルスを「チャイナウイルス」と呼んで批判を浴びているが、「スペイン風邪」「アジア風邪」「香港風邪」「ソ連風邪」「コンゴ熱」「エボラ出血熱」「ナイル熱」など、発祥地の地名を充てた方が理解し易い。

「日本脳炎」や「水俣病」「四日市喘息」などがある。日本脳炎(Japanese encephalitis)は、日本脳炎ウイルスによる脳炎であり、日本や東アジア、東南アジアを分布域とするが、今回の武漢肺炎は全世界に広がっている。

 世界保健機関(WHO)は2015年、差別を助長するという理由からウイルスの呼称に国名や地名などを付けることは避けるとの指針を定めているが、「MERS(マーズ)」は中東呼吸器疾患というし、「武漢肺炎」でも差支えなかろう。

 中共政府に忠誠を示すWHOは2月になって「CORONAVIRUS DISEASE(コロナウイルス疾患)」の頭文字と発生年を組み合わせた「COVID(コビッド)―19」と命名したが、これって中共への忖度そのものだろう(苦笑)

 WHOは所詮は国連組織であり、そこに正義があるとは思えない。中共政府に阿る余り、台湾を排除する姿勢は仁術を旨とすべき医療関係の機関としては甚だ不適格過ぎる。今回のウイルス拡大の元凶は習近平とWHO事務局長である。

※ブログへのコメントは返信が面倒なので会員のみにさせて頂いておりますが、コメント入力希望の方やメッセージはmr.cordial@live.jp へ御連絡下さい。

<会費及び御支援>みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ

cordial8317 at 11:02│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

国民不在の政争を繰り返している国会は恥を知れ!笑いのエンターテイナー志村けんの死を悼む