左翼活動家でもある落合恵子の地元紙への特別寄稿に違和感「大嘗祭反対」「税金返せ」とシュプレヒコールを上げるキチガイども

2019年11月14日

五穀豊穣と国家安寧を祈る大嘗祭を寿ぎ奉る

 皇位継承に伴う重要祭祀である「大嘗祭」が、本日夜半から翌日未明にかけて執り行われる。中心の大嘗宮の儀は「悠紀殿供撰の儀」並びに「主基殿供撰の儀」。一子相伝の秘儀とされ、即位後最初の新嘗祭を大嘗祭という。

 新嘗祭は、日本書紀に「皇極天皇が皇極元年(642年)11月に執り行った」という記述があり、天皇にとって重要な祭事の一つである。旧くは霜月下旬の卯の日に斎行されたが、明治6年以降は11月23日に執り行われることとなった。

「勤労感謝の日」がその日だが、勤労感謝という言葉に因って天皇と国民の繋がりを薄れさせ、我が国の道である神道という教えを奪い取った。

 勤労というと何か労働していることに感謝する日の様に思ってしまうが、本当の意味は「人々の勤労によって生み出される万物の生産を祝う」というものだ。

 神の加護による農作物を始めとした恵に我々国民が互いに感謝し合う日なのだが、悲しい哉、その意味を取り違えている国民が殆ど。天皇の神事を見れば「勤労感謝の日」というより、収穫を祝う「新嘗祭」というのが相応しい。

 本日斎行される大嘗祭では、全国の都道府県から寄せられた米や野菜などの神饌が供えられる。正しく大嘗祭は、豊穣の実りに感謝する「祭り」でもある。

 陛下は「大嘗宮の儀」に臨むに当たり身を清める「廻立殿」に向かう。その際には白い束帯の「帛御袍(はくのごほう)」を身に着けられる。

 陛下は廻立殿に入ると身を清める潔斎をし、最も神聖な白い「御祭服」に着替えられる。この御祭服は精練されていない絹「生絹(すずし)」で仕立てた装束で、陛下が自ら神饌を捧げ拝礼し、神々に御告文を奏上した後、御自ら口にされる。

 悠紀殿並びに主基殿へは天皇陛下のみ。皇后陛下は「帳殿」、男性皇族は「小忌幄舎(おみあくしゃ)」、女性皇族は「殿外小忌幄舎」で拝礼される。

 こうした神事を男女平等で語り、「天皇と皇后を分けるのは差別ではないか」という声が、いつもの左翼勢力や性的変質者のジェンダーから上がる。

 天皇にとって最も大事なものは「祭事」である。祭事では生理は「穢れ」と捉えられ、精神統一が求められる皇霊祭では生理中は参加出来ない。生理中に情緒不安定になる女性への配慮と身体を気遣ってのことでもある。

 こうしたことも理解せずに、感情的に「生理は汚らわしいものではなく女性蔑視だ」との反論もよく聞く。だが、こうしたことは何も皇室だけの例外ではない。

 イスラム教では生理中にはモスクには入れない。ユダヤ教でも生理中の女性との握手を禁じている。これは女性差別ではなく伝統の中で培った教えである。

「女系天皇論」も「女性天皇論」も、こうした女性差別を理由に論じられているのだが、左翼や反天皇勢力というのは考えや物事の見方が実に薄っぺらい。

 それでは聞くが、歴代ローマ法王に女性はいない。我が国の歴史には八名の女性天皇が存在しているが、ローマ法王どころか選ぶ枢機卿にさえ女性はいない。左翼陣営の理論なら、それこそローマ法王は女性差別の権化ではないか。

 国連女子差別撤廃委員会が皇位継承に関して異を唱えたのは新しい。女性天皇や女系天皇の意味も知らずに、その実行を謀る。左翼らも、女性差別と断じるならば、ローマ法王の制度こそ女性差別であり、バチカンにも抗議したら如何か。

 日頃「レディーファースト」と自慢してる国でもそういうもので、伝統を継承するというのはそういうことで、現代の幼稚な価値観や倫理観で語るべからず。

 新聞報道では作為的に「大嘗祭関連費二十四億四千万円」という数字を載せる。それに左翼勢力が税金の無駄と叫び、「そんな金があるなら被災者に充てろ」「憲法違反の施設にそんな巨費を投じるな」と世論を誑かす。

 現憲法には大嘗祭の規定が無い。GHQの謀で消されてしまったのだ。現憲法では天皇に祭祀は私事となり、国事行為が優先されてしまっていることを憂う。

 憲法改正は第九条だけではないし、現憲法は皇統を護る機能を有していない。歴史的な国家としての継続された「祭祀」に関する天皇の役割を現憲法を理由に否定し続けることは、未だ神道指令の呪縛から抜け出せずにいる証左である。

 擱筆するに当たり、本日からの大嘗祭が滞りなく斎行されますことを心より御祈り申し上げ奉ります。すめらぎいやさか すめらみこといやさか。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽に!

cordial8317 at 07:01│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

左翼活動家でもある落合恵子の地元紙への特別寄稿に違和感「大嘗祭反対」「税金返せ」とシュプレヒコールを上げるキチガイども