昭和6(1931)年9月18日、満州事変の引き金となる柳条湖事変勃発原発事故混乱を招いた菅直人の逮捕と民主党政権の総括を

2019年09月19日

小泉進次郎ってのはバカなんだろうと思う(苦笑)

 冒頭に何だが、小泉進次郎というのはバカなんだと思う。進次郎から発せられる言葉はよくよく考えると意味不明。話っぷりが堂々としてるから尤もらしく聞こえるだけ。所詮は選挙用の人寄せパンタという役が御似合いだ。

 大阪松井一郎市長が、福島原発周辺に貯蔵されてる汚染水(処理水)を「安全性が証明されれば大阪湾への放出を受け入れる」と語った。この発言に対し進次郎は、原田前環境相の発言時と同じく「所管外」だとの認識を示した。

 進次郎は環境相就任翌日、福島県を訪問し内堀知事に「復興大臣の気持ちを以て事に当たる」との意気込みを示した。処理水の問題は所轄外どころか、環境問題に直結する喫緊を要する重要課題で、復興大臣との覚悟は嘘だったのか。

 松井市長の発言は怪しげな世論に一石を投じるものであるが、「科学が風評に負けることがあってはならない」との言葉は政治家としての覚悟の現れであり、周りの目ばかりを気にするポピュリズムの進次郎との差は歴然。

 進次郎は相変わらず「漁業関係者らを傷付けることはあってはならない」とカッコ付けてるが、漁業関係者は風評を危惧してるのであって、処理水を放置し続けることの方が多くの県民を傷付けるし、福島県への風評が止むことはない。

 漁師や県漁連会長らは「我々漁師が海に出られないという悔しさ」というキレイゴトを宣う。金銭欲逞しい自称・被災者や自主避難者らと同列で、こうした自己中心的な振る舞いが復興を遅らせていることすら自覚が無い。

 全国漁業協同組合連合会会長までしゃしゃり出て「汚染水の海洋放出は絶対容認できない」「漁業の将来に大きな影響を与える」と吠える。貴様らは原発からのセシウムを含んだ汚染水を日本海へ垂れ流してる韓国へ抗議したことがあるのか。

 風評被害は流言蜚語で起こる訳で、反原発派に与する行動ではなく処理した上での海洋放出が何ら問題が無いことを漁業連自らが啓蒙すれば好いではないか。

 福島原発事後、溜まってた雨水40兆Bq/Lが海に流出し「汚染水にストロンチウムやトリチウムが確認された」と大騒ぎになった。知らないというのは恐ろしいもので「ストロンチウム」「トリチウム」の言葉が独り歩きすることとなる。

 トリチウム水(HTO)を含んだ汚染水の海洋放出は、風評被害を危惧した福島県漁連を始め地元住民の反対を理由に中断されているが、汚染水の科学的データを示し人体には全く影響のないことを周知徹底するべきだがそれすらやらない。

 原子力規制委員会は「地層注入」「水蒸気放出」「水素放出」「地下埋設」の処分方法がある中で「海洋放出」が唯一の方法としている。政府の小委員会が13回開催されるも結論は先延ばしで、要は東京オリンピック終了待ち。

 トリチウムは放射線のエネルギー(放射能)は弱く、人体の影響はセシウムの700分の1程度に過ぎない。原発事故に因る放射線セシウムが人体に影響も及ぼしてない中で、トリチウムを含んだ汚染水の処分に反対するのは単なる感情論。

 海洋放出が中断されてる汚染水の問題にしても外国の再処理施設から放出される処理水に比べても100分の1程度で人体に影響を及ぼす数値ではない。

 韓国は、福島原発事故の処理を巡りIAEAに海洋放出に抗議してるが、韓国の月城原子力発電所4基のCANDU炉(重水炉)からのトリチウム年間放出は1999年10月以降では累積で6000テラベクレルを超えるトリチウムを放出している。

 この累積放出量は、福島原発の処理水タンクに貯蔵されている処理水760テラベクレル(2016年3月時)の約8倍に相当する量だ。おまいうの典型(笑)

 1979年のスリーマイル島原発事故では93000テラベクレル。1986年のチェルノブイリ原発事故では520万テラベクレルと推定されている。フランスのラ・アーグ再処理施設からは年間1京1600兆Bq/L(ベクレル)が排出されている。

「京」とは「兆」の更に上の桁。カナダのブルース原発からは年間1280兆Bq/L排出。かなりの数値だが、トリチウムは放射線のエネルギーは弱く人体の影響はセシウムの700分の1程度に過ぎない。これらの数値も国際基準値の範囲内である。

 原発事故に因る放射線セシウムが人体に影響も及ぼしてない中で、トリチウムを含んだ処理水の海洋放出に反対するのは単なる感情論でしかない。進次郎は親父譲りの感情論に与するばかり。政治家が風評を恐れて拱手傍観とは情けない。

 大阪の吉村知事もこの問題に対し、「被災者に寄り添えば批判は受けないが嫌われてもやるべきだ」と述べているが蓋し正論。進次郎はカッコばっかで、泥を被る覚悟も肝っ玉も据わっていない、所詮は「坊ちゃん政治家」。呵呵。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを!

cordial8317 at 06:41│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

昭和6(1931)年9月18日、満州事変の引き金となる柳条湖事変勃発原発事故混乱を招いた菅直人の逮捕と民主党政権の総括を