北の島々に眠る御霊と共に帰れ!北方領土!姑息にも東京電力福島第一原発事故を外交戦略に利用する韓国政府

2019年08月21日

初代宮内庁長官の「拝謁記」は昭和を知る歴史書には違いないが

 初代宮内庁長官・田島道治の「拝謁記」が公開された。今になって私感が込められてる日記が公開され、偏向した記事が垂れ流されることに違和感を覚える。

 拝謁記を読んで思うことは、昭和初期から動乱期、そして復興という現代に繋がる歴史を昭和天皇の御言葉と共に知り得ることは確かに貴重だ。

 昭和天皇が政治に御詳しいことに驚く。然し乍ら自らの発言の重さを理解し、象徴として政治への関与を控えていたことが伝わってくる。

「警察も医者も病院もない世の中が理想だが、病気がある以上は医者ハ必要だし、乱暴者がある以上警察も必要だ。侵略者のいない世の中ニなれば武備ハ入らぬが侵略者が人間社会ニある以上、軍隊は不得巳(やむをえず)必要だといふ事ハ残念ながら道理がある」とは正しく。実に分かり易い。

 昭和27年4月28日に我が国は主権を恢復する。同年5月の主権恢復を祝う式典で昭和天皇が大東亜戦争への「後悔」と「反省」を表明する予定だったという。

「拝謁記」には、式典での御言葉の中に「私ハどうしても反省という字をどうしても入れねばと思う」と述べたという。「どうしても」という言葉が繰り返されてる意味は、それだけ強く思っていたということなのだろうか。

 この陛下の御意向に対し、吉田茂首相は「戦争を御始めになった責任があるといはれる危険がある」と反対したというが堅白同異そのもの。

「後悔」と「反省」に意味は無く、正に戦後民主主義教育の継承そのもの。また、吉田の反対の理由も尤もらしいが、式典で「反省」を盛り込まなかったのに、その後も「天皇の戦争責任・退位論」は治まらなかったのはどういうことか。

「天皇の戦争責任・退位論」は「天皇制廃止運動」として、1932年にソ連共産党から日本共産党へ指令された「コミュンテルンテーゼ(命令書)」の忠実な実行であり、式典で「反省」を口にしようがしまいが左翼の既定路線だった。

 左翼や無自覚左翼ならいざ知らず、保守派や右翼陣営の中にも、歴史認識不足か戦後民主主義教育の洗脳からか「天皇戦争責任論」を真に受けている輩がいるが、我が国は負けたから戦争犯罪や戦犯の汚名を着せられているだけ。

「大東亜戦争終結ニ関スル詔勅」に於いて「五内為ニ裂ク」と仰せられた通り、道義的に最も責任を痛感されたのは昭和天皇であり、自ら身を苛まれた。

 欽定明治憲法下では国務は国務大臣、統帥は参謀総長及び軍令部長が陛下を輔弼しその責に任ずることになっており天皇陛下には法的に責任は無い。

 先の大戦の犯罪人は昭和天皇でもなければ大日本帝国憲法や統帥権でもなく、況して軍部でもなければ当時の軍国主義でもない。真の戦争犯罪人は、五摂家の近衞家の第30代目当主でもあった近衛文麿と尾崎秀美らそのブレーン達だ。

 昭和27年4月5日付のメモに「太平洋戦争ハ近衛が始めたといってよいよ」と在ることでも分かるが、戦争犯罪人は当時の日本国内で蠢いていた共産主義者らが主犯であり、マルクス・レーニン主義思想が昭和の悲劇を生んだということだ。

 それにしても昭和天皇が「太平洋戦争」と言ってることに驚く。こうした表現一つでもこのメモに田島の主観が入っているのではと疑う理由だ。

 大東亜戦争とは、ソ連共産党と中国共産党、そして日本国内の共産主義者が仕組んだ共産革命の実現の為の争いであり、そのマルクス・レーニン主義者の策謀に当時の日本全体がまんまと嵌ってしまった愚かな戦争とも言えるのだ。

 こうしたことを踏まえて「反省」するべきで、先の大戦を「侵略戦争」と決めつけて、我が国の軍国主義のみを批判するのは心から反省していない証左。

 昭和天皇が望まれたという「反省」は平成に入り受け継がれ、8月15日の全国戦没者追悼式では「反省」を口にされた。先の追悼式でも今上陛下が述べられている。別な見方をすれば、宮内庁の思いが忠実に実行されてるということだ。

 大東亜戦争の大義と思いは「米國及英國ニ對スル宣戰ノ詔書(開戦の詔勅)」と「大東亜戦争終結に関する詔勅(終戦の詔書)」を読めば理解出来る。

 だが、拝謁記を読むと、何か「米國及英國ニ對スル宣戰ノ詔書」に対し、軍部や内閣の不一致が俄に掴み取れる内容も列記されている。軍部は「十七条憲法」三に曰く「詔を承りては必ず謹め」を理解してたとは到底思えない。

 正しく宮内庁がその忠実な実行者であり天皇を傀儡として操っている獅子身中の虫である。宮内庁を発信源とする「拝謁記」は「富田メモ」などと同じく左翼陣営に都合好く利用され、先の大戦を批判する論拠とされることだろう。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽に!

cordial8317 at 05:37│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

北の島々に眠る御霊と共に帰れ!北方領土!姑息にも東京電力福島第一原発事故を外交戦略に利用する韓国政府