「原発要らない」「消費税要らない」というが「参議院こそ要らない」「御陵」とは伏し拝むべき神聖にして侵すべからざる聖域である

2019年07月06日

輸出許可やホワイト国からの除外に続き優遇措置と特権を剥奪せよ!

 日本政府は今月から、有機ELや半導体製品の製造に用いるフッ化ポリイミドとレジスト(感光材)、エッチングガス(フッ化水素)の3品目について、輸出許可の申請を簡略化する優遇措置の対象から韓国を外した。

 この措置は元徴用工訴訟に対する制裁ではないが、韓国が頻りに「報復された」と騒いでいることを見ると、身に覚えがあると言うことだろう(笑)

 康京和外相は「日本政府が元徴用工問題で韓国に制裁措置をとった場合、我々も黙っている訳にはいかない」「日本への観光目的の渡航禁止」などの措置や世界貿易機関(WTO)に「自由貿易に違反する行為」として提訴すると意気込む。

 徴用工訴訟の報復と勝手に思い込むのも結構だし、勝手に対抗措置を実行すれば好いだろう。韓国の報復措置は我が国にとって何らの痛痒を与えない。

 アジアの中では唯一韓国だけが優遇されおり、中共や台湾には優遇措置はない。今回の対韓措置は「優遇をやめて他の国と同じ扱いにするというだけ」。韓国への優遇は2004年から始まったが、それ以前の状態に戻すだけのこと。

 米国、ドイツ、オーストラリアなど安全保障上の友好国27ヵ国(ホワイト国)を対象に輸出審査を省略しているが、来月から韓国をホワイト国から除外する。

「ホワイト国」とは、貿易の輸出管理体制が厳格に行われていると日本政府が認めている国で、大量破壊兵器や通常兵器の製造に使われる物品、技術や部品が内蔵されている製品が軍事転用される恐れの少ない国をそう呼んでいる。

 韓国は友好国なのか。文在寅が大統領に就いてからのあからさまな反日行為と北朝鮮との共同歩調。自衛隊対艦哨戒機への火器照射や北朝鮮船舶への瀬取りなど安全保障を脅かす状況を見れば「ホワイト国」から除外するのは当たり前だ。

 軍事転用の恐れのある半導体や有機ELの輸出に対し、国連安全保障理事会でも日本製半導体や軍事転用可能な部品などが韓国経由で北朝鮮に横流しされてる疑いが指摘されている中で、今迄の儘で優遇措置を講じている訳には参らない。

 我が国にとって、国連などで決められている規則を遵守し、望ましい貿易の輸出管理体制を強化することは国際社会の一員として当然の務めである。

 況してや、安倍首相は、中共の覇権主義に対抗する為に友好国と提携し、インド洋地域から西太平洋に広がる海洋権益を保護する目的で、友好国がダイアモンドを形成する所謂「セキュリティダイヤモンド構想http://cordial8317.livedoor.blog/archives/51867756.html」を訴えている。

 この防衛構想を実現する上で、文在寅大統領の中共寄りの姿勢は正しく敵対国家の振る舞いであり、韓国に自覚を促す意味でも優遇措置解除は当然のこと。

 相変わらず韓国は、自分らの行っている愚行を正当化し、全ての責任は日本に在るといういつもの姿勢を貫いているが、日本から享けてきた様々な優遇措置を感謝することなく、恩を仇で返し見下してきたツケが身に降りかかっただけ。

 日韓併合や歴史認識での日本側の一方的な譲歩や甘やかしが韓国人の驕りと高慢さを生んだ。こうした反日著しい韓国に対しての優遇措置の解除は然ることながら、日本国内に巣食う在日韓国人の優遇措置と特権も見直すべきだろう。

「我々は日本人に差別され搾取され続けて来た可哀想な民族」という嘘で、住民税や所得税、法人税などの税金免除を強要し、日本国民の為の生活保護費を詐取し、刑法に於いても特別措置を講じられ、重罪犯でも強制送還されてはいない。

 朝鮮学校用地の無償貸与や通名使用、入管法の優遇措置、在日外国人高齢者(障害者)福祉給付金など日本国民より優遇されている状況は人道措置という代物ではない。違法行為を続ける不良在日への特別永住許可を剥奪し本国へ送り還せ。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを寄せられたい!

cordial8317 at 05:58│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「原発要らない」「消費税要らない」というが「参議院こそ要らない」「御陵」とは伏し拝むべき神聖にして侵すべからざる聖域である