「元号法」の廃止を訴える共産党が退位法案に賛成した意味を知るべし退位法案と新元号に見る安倍晋三の思い上がり

2019年03月03日

韓国の妄想なんぞ一々相手にする必要はない

「三・一独立運動」が起きたとされる1919年から100年の昨日、ソウルで記念式典が行われ、相変わらず被害者意識丸出しの妄言を垂れ流した。

 何やら独立運動では「約7500人の朝鮮人が殺害され、約1万6000人が負傷、約4万6000人が逮捕・拘禁された」と演説したという。この数値に根拠は無いが、独立と抵抗運動であればかなり少なくないか(笑)

 大韓民国臨時政府が発足される10年前、10月26日、ロシアのココツェフ外相との会談の為ハルピンに到着した伊藤博文は駅構内で凶弾に倒れた。

 殺犯は抗日運動の英雄でもある安重根とされているが、捜査の結果、伊藤博文に向けて13発の銃弾が発射され、このうち安重根から発射された銃弾は5発。だが、その全てが伊藤には命中していない。

 致命傷になった弾丸は駅構内の二階から発射されたフランス騎馬銃の弾丸2発で、安重根が犯人ではないのは今や歴史的事実である。

 当時、韓国では人種差別的に日本人に反感を持つ欧米の宣教師達が朝鮮の信者を焚き付け反日行動を煽っていた。安重根もそんなカトリックの信者で、日本の韓国支配が進むことへの不安から義兵闘争に参加する。

 当時、列強が虎視眈々と狙っている国際背景に対する理解や、韓国が独立国としての対応能力を失っている点に気付かず、更に自国に対する批判や反省をすることなく、伊藤博文へのテロの実行に至った。

 伊藤博文は韓国併合反対派だった。この事件は日本は勿論のこと朝鮮国内をも震撼させ、日本の報復を怖れた韓国政府と民衆の反応は以前から取り沙汰されていた日韓併合に傾き、日本国内でも併合論が大勢を占めて行く。

 韓国併合反対だった伊藤博文が暗殺されたことで、皮肉にも日韓併合は急速に進んだ。つまり伊藤博文暗殺は、日韓併合に反対する勢力というより、日韓併合派が謀ったテロであり安重根を英雄視するのは間違いだ。

 この事件について高宗は「伊藤を失った事は、我国と謂わず、日本のみならず、東洋の不幸である。その凶弾が韓国人と在っては赤面の外無い。日本天皇は唯一の重臣にして太師の伊藤を亡くされた。それなのに伊藤を害した兇徒を出した国の皇太子を、飽く迄も輔育する誠意を見せた。山よりも高く海よりも深い恩義有る日本皇室に、どう感謝の意を表すべきだろうか」と述べている。

 日本に敵対して来た高宗の言葉だけに、これを聞いた朝鮮民衆の日韓併合への抵抗は薄れたのだった。その10年後に独立運動が起きて大韓民国臨時政府が発足したというのは、朝鮮人特有の我田引水的妄想でしかない。

 安重根の純真な愛国心を否定するものではないが、日清戦争後、ロシアが南下政策を開始し、遼東半島に攻め入り、韓国までも触手を伸ばすが、これを韓国独自で対峙することなど出来なかったのは歴史が証明している。

 その意味では寧ろ、日本による韓国保護の必要性を認め、日本と一体となった上で、民族の自立発展の道を模索しようとした、李完用ら「日韓合邦派(親日派)」の主張の方が現実的だったと言えよう。

 韓国が非難して止まない差別と弾圧の「日帝支配」なるものも真実はその逆で、世界に例を見ない極めて公平で平等な制度だったのだ。

 今や「日韓併合」は「日帝支配」と歪曲され、日韓合邦派は犯罪者とされてしまっているが、果たしてどちらが本当の愛国者だったか。

 歴史を直視しない韓国は、安っぽい愛国心から安重根を救国の志士と称えるが、単に安重根は「反日」の精神的支柱として利用しているに過ぎない。親日派として断じられている李完用こそが真の愛国者であり英雄であろう。

 独立運動から100周年を迎え、植民地支配時代の抗日運動が美化され、韓国内の反日感情が高まるだろうが、所詮は歴史を直視しないことから起こる妄想でしかなく、我が国は一々相手にする必要はない。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽に!

cordial8317 at 06:39│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「元号法」の廃止を訴える共産党が退位法案に賛成した意味を知るべし退位法案と新元号に見る安倍晋三の思い上がり