全千島と南樺太の主権の放棄してまで平和条約を締結する必要無しNHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロイン・今井福子のモデルは福島県二本松の安藤仁子

2019年01月25日

嘘に嘘を重ねる余り矛盾が生じていることさえも気付かない反日国家・韓国

 韓国国防省は、東シナ海の離於島南西沖で自衛隊の哨戒機が低空で威嚇飛行したと非難した。これに対し岩屋防衛相は否定した。

 これは、昨年12月に起きた韓国駆逐艦から哨戒機への火器管制レーダー照射問題での韓国軍の言い分を正当化する為の詭弁でしかない。

 公開した「威嚇飛行」の画像を見ても、全長30メートル以上ある自衛隊哨戒機の高度が2フィート(61メートル)で低空飛行している様には見えない。

 ってか、先般の火器レーダー照射の際も北朝鮮への瀬取りの疑いが持たれているが、瀬取り銀座と言われる東シナ海の海域で一体何をやってたんだ?

 色を作して必至に反論しているのを見ると、やはり瀬取りなどやましいことをやっていたことを証明している様なものだろう(笑)

 最早、韓国は国是であった「反共」は捨て去り、徹底した「反日」を国是としていることからしても同盟国とは言い難く、北朝鮮との統一国家を目指している敵国であると認識するべきだろう。

 明かな証拠も提示することなく、軽々しく「威嚇行為」だと批判しているが、日本国憲法では武力による威嚇は禁止されており、これが事実であれば自衛隊員は愚か、政府さえも吹っ飛んでしまう事案である。

 こうした韓国の言い掛かりに野党や護憲派は他人事の様に沈黙しているが、威嚇行為の事実確認は厚労省の勤労統計不正問題よりも議論すべき大事である。威嚇行為がでっち上げであれば国会決議を以て抗議すべきであろう。

 徳富蘇峰は「言い訳は見苦しいばかりではなく同じ過ちを繰り返す」と訓えたが、韓国人というのは正にコレ。然も「屋上屋を架す」との言葉通り、嘘に嘘を重ねる余り矛盾が生じていることさえも気付かない。

 自分がやってることは相手もやっていると思ってしまうのは韓国人の特徴で、これを医学用語では同一化虚言という。

 その昔、所謂「従軍慰安婦」問題が騒がれ出すと、元慰安婦だったという老婆が登場し「お前が慰安婦にならなければ、殺して釜茹でにして食ってやるぞと言われた」と、当時の恐怖を然も事実であるかの様に語ったのを思い出す。

 これは自分達の風習を日本人も同じ様にやっていると思って仮託した同一化虚言の一例。李朝下では、悪病治療の迷信から人間の肝や指を食べていたのは、歴史書などでも明らかになっているが、残念ながら日本に人肉食習慣はない(大笑)

 韓国は「日本の韓国併合は西洋列強の植民地支配とは違う」との認識を披歴する。西洋の植民地支配は、先進国が後進国を支配したのであって、進んだ文化を持つ国が、遅れた国を支配するのは当然であるという考えからだ。

 韓国併合は「先進国だった韓国を、後進国の日本が支配したのはナチスドイツのフランス侵略と同じだ」と断じて憚らないのだ(笑)

 こうした韓国人の自大思想にはホトホト呆れるしかないが、事実として英国もフランスも米国もオランダも過去の植民地支配を謝罪したことは無く、自大思想が故に、韓国人はこれらの国々を咎めることが出来ないでいる。

 何故に「日韓併合」を批判し「反日」に奔るのかといえば、そうしたことでしか朝鮮民族としての誇りと主体性を維持することが出来ないからだ。

 ならば聞くが、200年に及ぶ植民地統治を行い、弾圧、虐殺、拷問、搾取し、150万人の強制募兵を行い、食糧、資材、原料の提出を強制し、インドの富の殆どを奪い獲った英国は、今迄にインドに謝罪したことはあるか?

 独立したインドは、英国に謝罪を要求したり、補償を求めたり、インチキ虐殺記念館を造ったり、極端な反英教科書を国定化したりしたか?

 自大思想から日本人を見下す韓国。我が国はそうした宗主国然としての傲岸無礼な振る舞いにも、駄々っ子が騒ぐが如く慈愛を以て対応してきたが、我が国のその我慢もそろそろ限界に達している。

 韓国に人間としての高貴で雅量のある対応を求めるのは不可能。国交断絶と言わないまでも一線を画し、相手にしないのが好い。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽に!

cordial8317 at 09:03│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

全千島と南樺太の主権の放棄してまで平和条約を締結する必要無しNHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロイン・今井福子のモデルは福島県二本松の安藤仁子