福島県内の公立小中学校の給食の4割が県産食材終戦間際の蛮行への抗議と賠償に沈黙しながら平和条約締結とは何事ぞ!

2019年01月19日

天皇陛下の譲位に向けて在位30年記念式典を始めイベントが盛り沢山

 天皇陛下の譲位に向けて在位30年記念式典を始めイベントが盛り沢山だが、肝心な皇位継承に伴う儀式は実に御粗末と言わざるを得ない。

 無礼極まる摩訶不思議な退位法案に拠って4月30日に「退位礼正殿の儀」が行われるが、皇太子殿下への譲位の宣命を発することなく、天皇の地位を自ら御辞めになるという意思を内外に知らせるものでしかない。

 歴代の天皇の譲位は、宣命があるとその瞬間に皇位が移る。皇太子は拝礼をされ「受禅(じゅぜん)」すると、前天皇から剣璽等承継の儀が行われる。

 剣璽とは「三種の神器」の天叢雲剣と八尺瓊勾玉を併せた呼称で、三種の神器の一つである神鏡は宮中三殿の賢所の神体である為に「剣璽等」となる。

 天皇が崩御されると、その瞬間に今上天皇が践祚(せんそ)されるが、皇位の継承そのものを践祚という。「受禅」も「践祚」と同じ意味を持つが、今回の退位礼では皇太子への宣命はなく、この日の剣璽等承継の儀は行われない。

 翌日に剣璽等承継の儀を行うのだが、宣命も受禅も無い中での皇位継承という前例が今後の皇統の歴史に大きく影響を及ぼすのではあるまいか。

 昨日、Twitterでアイヌ問題に詳しい保守派の一人は「天皇が存在しない断絶の24時間」について、過去の践祚が混迷した例を挙げ「何の問題もない」と語っていたが、崩御に拠る践祚と譲位に拠る受禅の意味を知らないのではあるまいか。

 女性宮家問題に対してもそうだが、保守派論客である櫻井よし子や八木秀次ら保守派は反対していることは承知してる。だが、女性皇族が婚姻する場合、旧皇族の男系男子からの婿入り(養子)を何故か容認している。

 櫻井に限らず保守派らの多くが婿入りを主張しているが、旧皇族の男系男子が婿入りを拒否した場合はどうするのか。一般人が皇族になることに違和感を覚えないのか。こうした認識不足が反天皇勢力に付け入られるのだ。

 臣籍降下させられた旧皇族の皇籍復帰もせずに、男系皇族を婿入りさせようとは本末転倒であり、要は女性宮家を間接的に容認している様なものだ。我が国の保守派というのは対中共や対韓国には勇ましいが尊皇精神は実に軽々しい。

 剣璽等承継の儀には男性皇族のみが加わる。これに対し女性宮家に与する連中は、男子皇族の少なさを理由に「時代の変化に即した対応」などと女性皇族の参加を求めているが本末転倒とはこのこと。

 儀式への男子皇族の少なさを皇族減少の理由とするなら、GHQの策謀に因って臣下降下され皇籍離脱した旧皇族の皇籍復帰の実現を図り祭祀を復活させることこそが皇統を盤石の安きに置く最善最良の策である。

 旧皇族の復帰を図り、廃絶になった宮家(秩父宮・高松宮、女性皇族しかいない常陸宮と三笠宮)の祭祀を継承するには旧宮家を再興する以外にない。

 抑々「宮家」とは男系だからこそ宮家なのであって、女性皇族が「女性宮家」になることはあり得ない。女性が祭祀が執り行うのは無理なこと。

 恰も「女性宮家」が、国事行為を輔佐し皇室を救うが如くの論法が展開されているが、女性宮家論とは正に天皇廃止運動の最たるものだ。

「生前退位」や皇太子の敬称廃止は共産主義者の策謀であり、また天皇は制度ではなく「天皇制」という言葉は共産主義者による造語だ。

 国體破壊を目論む共産主義者らに対峙もせずに、共産党の造語を訝しがることなく保守政党であるべき自民党議員や保守系団体が軽々しく使っていることに、我が国保守派の無知と限界を感じる。

 神武天皇以来続いて来た皇位継承が、今上天皇の退位礼と翌日の剣璽等承継の儀に拠って、反天皇勢力は「廃帝」を証明する論拠とするだろう。

 平成の御代というのは皇統の歴史、つまり我が国柄が変わる転換期となったことが後の歴史で明らかになるのではあるまいか。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽に!

cordial8317 at 07:04│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

福島県内の公立小中学校の給食の4割が県産食材終戦間際の蛮行への抗議と賠償に沈黙しながら平和条約締結とは何事ぞ!