東電旧経営幹部に責任を問うなら菅直人も逮捕せよ!天皇にとって最も大事な祭事の簡略化が謀られている

2018年12月29日

「喪中につき年末年始の挨拶はご辞退させて頂きます」という慣習

 年末年始になると「喪中につき年末年始の挨拶はご辞退させて頂きます」だとか「喪中なので初詣には行かない」いう様な声を聞く。

 要は、故人に対する思いや信心深いさを訴えたいのだろうが、こうした挨拶は古くからの慣習であり、そこに大した意味はない。

 まあ、日本人は大らかだし、死んだ人を思うのは結構だが、喪中を理由に普段の付き合いまで控える必要があるとは思えない。

 喪中の規定に関する法律は、奈良時代の「養老律令」には既に見られ、江戸時代になると「服忌令」という法律によって喪中の規定が記されている。

 明治7年に出された太政官布告では「父母、夫、50日、13ヶ月。妻、兄弟姉妹、20日、90日」などと「忌(忌中)」と「服(喪中)」の期間をこと細かく定めていたが、太政官布告は戦後の昭和22年に廃止された。

「忌中」とは、神道の「穢れである死を忌む期間」という考え方からのもので、忌中時(50日間)は「出仕(仕事)を控え、殺生をせず、髭や髪を剃らず、神社に参拝しない」としているが、そこまで喪に服している人など見たこともない。

 現在ではこうした法令は全て撤廃され、仏事の慣例としては江戸時代の忌服令が一つの目安にされていて、父母の死亡に際しては七七忌(49日)までが忌中、一周忌(1年間)までが「喪中」とされるているに過ぎない。

 年賀状は、明治6年に「葉書郵便配達」が始まったのを機に、遠方以外の人にも挨拶状を送る習慣が徐々に全国に広まって行った。

「年賀郵便」制度は明治39年に始まり、昭和24年には「お年玉付き年賀はがき」が発売されると、年賀状が次第に普及し慣例となった。

 最近は年賀状離れが顕著となっているという。通信手段が無い時代に遠くの友人に年頭に挨拶する為に生まれたのが年賀状であり、ネットや通信網が普及された現代に於いては実に面倒な習慣でもあり、やはり時代の流れでもある。

「喪中につき年末年始の挨拶はご辞退させて頂きます」という、遺族としての個人の故人への思いはそれはそれで好い。

 喪中の相手に年賀状を送るというのは思慮不足なのかも知れないが、相手も悪気があって送る訳でもなし、そんなことで一喜一憂する必要もない。

「喪中なので初詣には行かない」というのも同じで、初詣は神道なら50日を過ぎていれば問題はない。亡くなった人まで巻き込んで意味もない言い伝えを信じて、そうしたことが喪に服することだと勘違いしてはいないか。

 尤も「喪中だから」と門戸を閉じ、酒肉を断ち、弔せず、賀せず、音曲を成さず、嫁取りをせず、財を分かたず、出仕(仕事)を控え、殺生をせず、髭や髪を剃らず、自らを厳しく律している方なら別だが。呵呵大笑。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを!

cordial8317 at 08:51│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

東電旧経営幹部に責任を問うなら菅直人も逮捕せよ!天皇にとって最も大事な祭事の簡略化が謀られている