日台分断工作か、台湾が日本食品の禁輸を継続!陛下並びに皇族方の定例記者会見は止めるべきだ

2018年11月28日

福島民報新聞「戊辰150年・第三章~信義を貫いて~」・河井継之助編

 連日、地元紙の一面は「戊辰150年・第三章~信義を貫いて~」の連載。49、50回目は長岡藩家老で軍事総督の河井継之助関連の記事が躍っている。継之助の評価は賛否両論あるが愚生的には幕末の武士の中でも最も尊敬する英雄である。

 慶応4(1968)年1月3日(1月27日)、鳥羽伏見の戦いが勃発。西軍は次第に勢力を強めて、3月には江戸城開城、上野寛永寺の戦いなどにも勝利し、最大の目標である会津を目指し北上する。7月、北越の地にも西軍が迫る。

 小千谷の慈眼寺に於いての会談は東西の戦いに決定的な影響を及ぼした。軍事総督の継之助は、内戦を続けることは互いに得策ではないと、長岡藩の中立を保ちつつ東西の和平交渉を進めようと立ち上がる。

 継之助は山縣狂介(有朋)か黒田清隆との会談を希望するも弱冠23歳の岩村精一郎が対応。会津藩を恭順させる旨を訴えるも、岩村は「長岡藩も朝敵と見做す」と一蹴し会談は決裂した。この時、継之助42歳。

 長岡藩は、継之助の下、藩内を統一し「非武装中立」を貫こうとするも、小千谷会談が決裂し、継之助は東軍勢力として戦うことを決意する。長岡藩は奥羽列藩同盟に加わり「北越戦争」へと突入する。

 郷土長岡の行く末を案じた継之助は、藩の財政を立て直すと富国強兵を掲げ、長岡藩の独立と中立を目指す。その為には強大な軍事力が不可欠であると、江戸藩邸を売却して当時3門しかなかったガトリング砲を2問を1万両で購入した。

 長岡藩兵は洋式銃を1人に1丁を買い与え、ガトリング砲と合わせ近代的な訓練と最新兵器の武装を施されていた。そうしたこともあり新政府軍と互角に戦った。

 しかし、圧倒的物量を有する西軍に比べ絶対的な兵力に劣る長岡軍は徐々に押され始め、5月19日(7月8日)長岡城を奪われる。6月2日(7月21日)、今町の戦いを制して逆襲に転じ、7月24日(9月10日)夕刻、敵の意表を突く「八丁沖渡沼作戦」を実施し長岡城を再奪還した。

 これは軍事史に残る快挙であり、戦力で劣る東軍に駆逐された西軍側の衝撃は大きかった。後の関東軍参謀で陸軍中将・石原莞爾の陸軍大学校における卒業論文は河井継之助のこの「八丁沖渡沼作戦」戦術を研究したものだ。

 だがこの奪還の代償は大きく、継之助は左膝下に被弾、重傷を負った。これにより長岡藩の士気が下がり、戦線は次第に後退して行った。

 継之助は、家臣や同士から「会津藩を頼り、会津で再起を図ろう」という進言を受けるも故郷で死にたいとの思いから拒否。だが、戦局は益々不利となり、傷も化膿が酷く破傷風に罹ってしまい、已む無く会津での捲土重来を期すこととなった。

 会津へは国境の八十里峠を超えなければならなかった。峠越えの途中、継之助は次の様な詩を詠んだ。「八十里こしぬけ武士の越す峠」。

 8月5日(9月20日)、会津領の只見に入り、叶番所で休憩した後、只見村の目明し清吉宅に身を寄せ7日間を過ごす。8月12日(9月27日)に只見を出発、塩沢村に到着し、塩沢の医師・矢沢宗益宅に留まる。

 15日(30日)夜、継之助は従僕の松蔵を呼ぶと、「松蔵や、永永厄介して呉りやって有難かったでや」と労いの言葉と共に死期を悟った継之助は火葬の仕度を命じた。「松蔵、火を熾(さかん)にせよ!」

 翌16日(10月1日)の昼に継之助は談笑しひと眠り就くとそのまま危篤状態に陥り、再び目を覚ますことのないまま同日午後8時頃死去した。享年42。

 会津藩への講和交渉提案を引き受けるとまで申し出た継之助に対し「単なる時間稼ぎ」と一切の交渉の機会を与えなかった岩村というのは、刮目して相対することを知らず、一軍の将としては狭量と言える。

 この岩村の無知と熟慮を欠いた判断が、長岡藩を奥羽列藩同盟側へ追い込むこととなったのだが、こうした刮目して相対すことも出来ない若造から罵られた継之助の心境は想像するに余りある。

 長岡藩は東軍勢力として戦うことを決意する。「北越戦争」に於いて新政府軍は長岡藩の抵抗によって大損害を被り、一旦陥落させた城を再び奪われるという軍事史的に稀な大失態を起こすことになった。

 本来であれば岩井は切腹ものだが、こうした失態の責任を問われたり罰せられてはいない。これをしても新政府軍というのは卑しい権力欲ばかりで、武士の精神は既に崩壊してしまっていたと言えよう。

 歴史に「もし」はないが、もし継之助と山縣や黒田との会談が実現していれば「北越戦争」や「会津戦争」は避けられただろう。また維新後に長州閥で固められた後の日本の姿も違っていたかも知れない。

 後に岩村は自伝で「途中で従う様になった信州各藩の家老は平凡な人材ばかりで、河井についても経歴や人物を知らなかった為に、時間稼ぎをしているだけだと思った」と述懐している。

 日本文学と日本文化研究の第一人者であるドナルド・キーンも、この岩村の人物像をして「無能で横柄な岩村の抜擢は最悪の選択だったと言える」と厳しく評しているが、何時の時代もこうした高慢極まる人物が国家の行く末を違える。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを!

cordial8317 at 06:11│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

日台分断工作か、台湾が日本食品の禁輸を継続!陛下並びに皇族方の定例記者会見は止めるべきだ