ポツダム宣言受諾後に起きた占守島の戦いを忘れるな!「みなさん、これが最後です。さようなら、さようなら(氷雪の門)」

2018年08月19日

国連人権理事会が「除染作業員の健康被害を懸念する」との声明を発表

 名うての反日組織でもあり左翼の巣窟でもある国連人権理事会で特別報告者らが福島原発事故に伴って謀られた除染作業の作業員数万人が被曝の危険に曝され、健康被害を懸念するとの声明を発表した。

 国連人権理事会での特別報告者というと「クマラスワミ報告」を思い出す。クマラスワミ報告とは「女性に対する暴力とその原因及び結果に関する報告書」のことで、所謂従軍慰安婦を重大な女性への人権侵害だと結論付けた。

 この時も日本人でありながら日本を卑下し貶めようと左翼活動家らがロビー活動を行っていたが、今回も反原発派や左翼活動家らが蠢いていることは明らか。

 クマラスワミ報告は事実誤認や歪曲が指摘されている通り、実に御粗末な報告書でしかなかったが、今回の除染作業員の健康被害の報告書も科学的根拠に乏しい、反原発派に与した御粗末な感情論。福島県民としてホント腹立たしい。

 除染作業は民主党菅政権下で共同謀議的に決められた亡国的愚策の最たるもので、当時の健康オタクでもある小宮山洋子厚生労働大臣が「年間1ミリシーベルト以下」という科学的根拠もない曖昧な数値を示し始められたものだ。

 この除染作業が「福島は除染をしないと住めない土地」という印象を与え、風評被害を齎し、未だに復興を妨げてる元凶といって好いだろう。

 大手が受注する除染は「福島県民は仕事に従事出来ない」という意味不明な申し合わせがある為に作業員の約6割は県外からの労働者だ。その多くが定職を持たない中途半端な輩ばかりで、借金の形に送られた者も少なくない。

 除染に因って福島への風評被害を齎し、同時に県内では犯罪も殖えた。窃盗が最も多く、傷害、覚醒剤取締法と続く。窃盗犯に至っては、除染しながら盗みに入れそうな家を物色していたというから呆れるしかない。

 中でも最悪な事件だったのが、いわき市に遊びに来た県中地区のカップルを襲い、男性をナイフで脅し暴行し現金を奪い、4人で執拗に女性を強姦した鬼畜の如き犯罪「いわき市永崎海岸強盗強姦事件」だろう。

 放射線で亡くなった人はいないが、民主党政権下での愚策である除染作業に従事する作業員の犯行で殺された人もいる。

 除染作業には警察の申し合わせでヤクザは介入出来ないことになってるが、どっこい実際にはヤクザの大きなシノギ(収入源)になっている。

 例えば愚生の地元郡山市に陰山組という建設会社が在るが、ここは大手ゼネコンとのJVでかなりの除染作業を受注している。大手ゼネコン側を仕切ってるのは川崎市に本部の在る広域暴力団の関係者だという。

 形的は暴力団から絶縁され堅気ということになってはいるが、実際には今でも現役。利権絡みで既に4人が死んでいる。除染で儲けたカネから政治家へ献金され、東京地検や国税庁が陰山組に査察に入ったことも。福島復興利権疑惑は多い。

 国連人権理事会で除染作業員の健康問題が報告されれば、福島への風評に悪影響を及ぼすのは必至。また作業員らも韓国の慰安婦のソレと同じく、後々、作業員の中からゼネコンや東京電力、国などを訴える輩も出てくるだろう。

 反原発派による過剰な放射線へのヒステリーによって生み出された除染というのは、福島に百害を齎したのは紛れまない事実。責任を取るべき菅直人はいけしゃあしゃあと反原発を唱えて反省の色も見えない。この国の正義は何処に在るのか。

 放射線被害の不安を煽るのも左翼革命運動の一環であり、終局の目的は日本国家の解体にある。国連人権理事会も偉そうにしているがその実は左翼革命運動と足並みを揃えて日本解体を目指している反日組織でしかない。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを!

cordial8317 at 06:38│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ポツダム宣言受諾後に起きた占守島の戦いを忘れるな!「みなさん、これが最後です。さようなら、さようなら(氷雪の門)」