原爆投下は人種偏見や日本人蔑視以外に合理的根拠は見つからない「沖縄の非武装地域化こそ東アジアの平和のために必要です」という宮崎駿の妄想

2018年08月07日

保守を自任する自民党内に於いて保守票目当てに行動する保守系議員

 古屋圭司ら保守系を自任する自民党議員が菅義偉官房長官と会談し、新元号の制定と発表は「来年5月1日の皇太子殿下の即位後とする」との要請を伝えた。

 自民党内でも「タカ派」だという彼らだが、皇室典範への譲位附帯に反対し、大嘗祭についても、現憲法に明記していないことを理由に、国事行為ではなく、公的な皇室行事とするとの閣議口頭了解に異を唱えたとは聞いたことはない。

 男子皇族減少との理由から「女性宮家論」に反対もせず、GHQに強制的に臣籍降下させられた旧皇族方の皇籍復帰を進言したということもない。皇統断絶の謀(はかりごと)に対峙せずして、何が保守か。自民党内で保守派を気取ってはいる彼らだが、保守票目当てに自民党内のバランスを保つ行動をしてるだけに過ぎない。

 古屋らも保守派を自任するならば施行日時云々より、元号の必要性と我が国の歴史に果たした重要性を啓蒙すべきである。陛下や皇室に対する尊崇の念が薄れつつある現在、悲しい哉、西暦こそが「国際暦」であり世界で一般化しているとして元号を否定し、国民は「皇紀」という我が国の年号さえも忘れてしまっている。

 元号が「古臭く時代遅れ」であるかの様な認識は、田舎言葉の「英語」が国際語だから日本語を廃止して英語だけにしろという暴論と同じ様なものだろう。

 我が国は645年、第36代孝徳天皇時代に我が国初の維新である「大化の改新」を果たした。この御代に建てた「大化」が元号の始まりである。孝徳天皇の崩御後には新たな元号は定められなかったが、後に「白雉」「朱鳥」が建てられた。

 斉明、天智、弘文天皇の御代には定かでないとされているが、文武天皇の御代に「大宝」という号が建てられ、今日の「平成」に至るまで、約1300年もの間途切れることなく続いている。元号とは正に、我が国文化の象徴である。

 元号の数は、所謂「南北朝時代」に並行した元号を合わせると実に248に及ぶ。これもまた、我が国の歴史が「天皇を中心に織りなされて来た」という厳然たる事実の証明でもあり、正しく我が国は天皇の国であると痛感する。

 元号の改定は、徳川時代でも朝廷の大権だった。江戸時代中期の学者・新井白石も、「折焚く柴の記」で、「元号だけは朝廷の御定めになることである。武家の関することではない」と綴っていることでも明らかだろう。

「一世一元」は、明治21年の紀元節(2月11日)に制定された旧皇室典範第12条、「践祚ノ後元号ヲ建テ一世ノ間ニ再ヒ改メサルコト明治元年ノ定制ニ従フ」の規定が基となっている。現皇室典範には、驚くことに元号に関する規定はない。

 昭和54年に、要約「元号法」が成立する。この時に左翼陣営は、「元号は天皇主権の旧憲法への逆戻り」とか「元号は天皇元首化の動きと直結」とか「元号によって天皇の権威を国民の隅々にまで行き亘らせる狙い」だと騒ぎ立てた。

 正に「元号」は共産党らが指摘した通りである。明治欽定憲法を復元し、万世一系の天皇を我が国元首として仰ぎ奉り、陛下の御稜威を国民生活の隅々にまで行き亘らせることにあるのは当然のことであり、日本国民として当然の願望である。

 歴代天皇は数年から10年を目途に、節季の習俗を時代の流れとして改元し、巧みに時代転換をして来た。幕末の混乱期に御即位した孝明天皇は、御在位21年の間に「嘉永」「安政」「万延」「文久」「元治」「慶応」と6回も改元為されている。

 幕末という混乱の時代を如何に転換させるかの苦衷の表れであろう。であるならば、今上陛下も平成の激動の時代に区切りを付ける為に改元することが望ましいものであると思ったが、「生前退位」が謀られ平成の御代の終焉を謀られてしまった。

 我が国は、神武肇国の時代からいつの世も時の陛下の御代である。そこには、「君が代」の世界が厳然と存在する。その御代を端的に表現するものが、「元号」である。これこそが我が国の国體の精華であり、世界に誇る我が国の美風でもある。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員300000円~。

cordial8317 at 07:59│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

原爆投下は人種偏見や日本人蔑視以外に合理的根拠は見つからない「沖縄の非武装地域化こそ東アジアの平和のために必要です」という宮崎駿の妄想