放射線は100mSvを超えないとホルミシス効果は無い「日中戦争」ではなく「支那事変」「日華事変(日支事変)」。「太平洋戦争」ではなく「大東亜戦争」

2018年07月31日

池田太作の地元紙への投稿記事に反創価学会の愚生でさえ感心したのだから信者は感涙に咽び泣いたに違いない(笑)

 地元紙の教養欄に「特別寄稿」として創価学会インターナショナル(SGI)会長で創価学会名誉会長でもある池田太作の投稿が出ている。

「うつくしまルネサンス 福幸を未来へ」と題された記事は、県内の伝統工芸品や福島県民の人柄、戊辰戦争での会津藩の苦労や詩人の草野心平が母親の死で書き留めた「美」の意味など幅広く論じている。

「福島には如何なる艱難にも、共に励まし合って乗り越え、勝ち越え、偉大な創造を成し遂げ往く人間の絆がある」と会津藩を例に、敢えて原発事故という表現を使わずに喩えているが、こそばゆい感じもするが中々好い表現だ。

 所所に宗教家らしい語彙を使い分かり易くも重厚な文章となっている。反創価学会の愚生でさえ感心したのだから信者は感涙に咽び泣いたに違いない(笑)

 投稿の半ばには日本刀の出来上がる様子を表し、人もまた厳しい試練や圧迫に耐え抜いてこそ、刀剣の如く光彩を放つのだと、「美」と「鍛錬(強さ)」の重要性を説いてるが、これは愚生も常々訴えていることだ。

 人を育てるというのは日本刀が出来上がる過程と似ている。日本刀は先ず卸し鉄を「積み重ねる」ことから始まる。そして「鍛錬」し、更に「下鍛え」し、何回も何回も鍛え上げ、「芯鉄」を鍛え、造り込んで行く。叩いて叩いて叩いて鍛え上げることで強靭で且つ美しい立派な刀が出来上がるのだ。

 国士舘の創設者・柴田徳次郎先生もこう訓示している。

「刀というのはトンテンカン、トンテンカンと叩いて叩いて鍛え上げなければ五郎入道政宗とか村正といった立派な刀は出来ません。国士舘の生徒も先生だけの指導だけではダメであります。学校も親も一緒になって、預かったお子さん方を鍛え上げて行かなければ立派な日本人に育てることは出来ません」

 この「トンテンカン」というのは、刀を鍛え上げる刀匠と「向こう槌(つじ)」と言われる相方との遣り取り。刀匠と向こう槌との呼吸が大事で、「相槌を打つ」というのはこの刀を鍛え上げる工程に由来する言葉でもある。

 日本刀を作る上で最も大事なのが「焼き入れ」。鍛錬した刀に焼き入れを行うことで刀に命を吹き込むのだが、鍛錬が少ないと不純物が混じり、また焼き入れが甘いと美しい刀にはならず、出来映えも価値も変わってしまう。

「反りが合わない」という言葉がある。これも刀剣に関する言葉で、「鞘(さや)は一本一本その刀に合わせて作られているオーダーメイドで、違う刀を入れようとしても「反り方が合わない」ので納められない。

 刀身に彫られた溝のことを「樋(ひ)」というが、その役目は「刀の重量を軽くする」「曲がり難くする」「衝撃を緩和する」などの働きがある。単なる溝かも知れないが、溝にはそれなりに意味が在るのだ。

 反りが合わない人や、溝が出来てしまった人間関係は修復することは出来ないかも知れないが、反りや溝になった要因を考えることも大事なことでもある。

 話を戻すが、池田太作は東京大森海岸出身。子供の頃は、日本語の下手糞な無口な少年だったという。父親の名前は「田太作」、母親の姓は「池」。日本への帰化の際に、親の名前の「池田大(太)作」となったという。

 池田太作は、日本を「池田王国」にして国主になることを夢見る。政治、経済、文化、教育、司法等に至るまで自分の力が及び、国民に「池田先生マンセー」を叫ばせるのが夢見。正に国内最大の国賊でもある。

「創価学会」は宗教団体というより、学会員の現世利益を追求する社会運動体であり「公明党」は、それを政治的に実現する為の出先機関である。

 学会の支援を受けて当選した議員は「学会員の為に政治をやれ」と指導を受ける。つまりその学会員の頂点に君臨する「池田太作の為」に行動する。

 創価学会も公明党も極めて戦後民主主義であり、反国家的な団体であり、天皇陛下を族長と仰ぐ日本国家の正統にとっても悉く異質な存在である。

「外参権付与」「自虐史観」「反天皇」「反靖國」と挙げれば限が無いが、今や政治、経済、文化、教育と創価学会は巷に蔓延し我が国を蝕んでいるが、その学会票を当てにして連立を組む自民党というのは正しく似非保守である。

 そんな学会の頂点に君臨する池田だが「福島の天地に脈々と受け継がれ、鍛え上げられてきた『美の心』には幾多の難題に挑む人類に生きる希望と勇気を贈る光が宿っている」と未曽有の困難と闘う福島にエールを送っている。敵ながら天晴!

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを!

cordial8317 at 08:09│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

放射線は100mSvを超えないとホルミシス効果は無い「日中戦争」ではなく「支那事変」「日華事変(日支事変)」。「太平洋戦争」ではなく「大東亜戦争」