「敗戦は必定なれど三春に倣うべからず」(二本松藩家老・丹羽一学)放射線は100mSvを超えないとホルミシス効果は無い

2018年07月29日

朝河貫一博士は米国にとって都合の好い日本人だった

 地元紙に朝河貫一博士の第3回目の特集記事が出てた。これを読むと、尋常中学(現安積高)や学生時代の多感な時期に英語教師とキリスト教との出会いが、その後の朝河の人生を決定付けた様に思う。

 東京専門学校(現早稲田大)に入学して間もなく、中学時代の英語教師の月々の給料120円(現在で240万円)が高過ぎるとの理由で解任されるに当たって福島県議会に建白書を送っているが、月々240万円は幾ら何でも高いだろう(苦笑)

 こういう疑問より議会に抗議するというのも、若い頃の特権と言えばそれまでだが、何か若い時分から正義を履き違えている様にも見える。

 この英語教師だが、通信技師として来日する前は、インドや米国、支那などへの渡航歴があり、そうした海外の現状を朝河に話したであろうことが想像出来る。朝河の思想形成はこの英語教師に拠るところが大きい。

「上京翌年にはキリスト教の洗礼を受けてキリスト教徒になった」とある。やはり朝河の正義感や行動の裏にはキリスト教徒の教えがあることが窺える。

 アジアの動乱の原因は昔から米国と共産主義だった。大東亜戦争にしても米国とソ連コミンテルン、中国共産党、そして日本の共産主義者が仕組んだ共産革命実現の為の愚かな戦争であったというのは歴史的に明らか。

 19世紀末から20世紀前半にかけアジアの動乱に米国人宣教師の果たした役割は大きく、日露戦争後の動乱全てにキリスト教徒と天道教徒が係っている。

 日露戦争後の朝河の行動も正にこれと同じで、キリスト教徒としての策謀が見え隠れする。日露戦争勝利後、国内では「ロシアから賠償金を貰え」とか「朝鮮半島の権益を分捕るべきだ」という強硬な世論が席巻していた。

 日露戦争そのものを批判していた朝河は、まさかの日本勝利に驚くも「日本は金や領土の為ではなく、アジア解放という大義の為に戦ったのだから、そんなものを要求してはならない」と説いて回った。

 ロシアとの講和では満州に於ける権益を得るも、朝河の目論見通りロシアから賠償金を取れず、財政も窮地に立たされる。国民世論は激高し、日比谷焼打事件など各地で暴動が起こった。朝河のしてやったりの顔が浮かぶ。

 だが、日露戦争で我が国が勝利したことで、15世紀の大航海時代以来、白人による世界制覇の滔々たる流れが大きく変化し、全世界の有色人種に強烈な影響を与えることなった。こうしたことも米国の怒りを買った。

 日露戦争勝利から15年後、パリ講和会議に於いて我が国は、国際連盟規約に「人種平等の原則」を入れる提案を行うも、米国大統領ウイルソン議長に「全会一致が原則」との詭弁を弄され拒絶されてしまう。

 米国の人種差別、日本人蔑視は已むことなく、結局、日露戦争が齎した歴史的課題である「人種平等の原則」の本格的実現は、我が国は敗れはしたが大東亜戦争後に漸く実現し、その歴史的大使命が果たされることとなるのである。

 大東亜戦争を戦わなければ米国の人種差別、日本人蔑視は留まるところを知らず、傲岸不遜な世界支配、アジア支配が続いていただろう。

 朝河が、戦争回避の為に陛下へ親書を認めたというのも詭弁であり、米国内の日本人蔑視である「黄禍論」には傍観を極め込んで何が戦争回避か。

 朝河は平和主義者などではなく、米国の意の下に行動していたスパイであり、米国にとって利用価値のある都合の好い日本人だっただけだ。

 キリスト教徒の工作は枚挙に遑なし。ハーグの国際会議後の動乱は、安重根に代表される様にキリスト教徒が主体で、明治43年(1910年)8月に発覚した「寺内総督暗殺未遂事件」で122人が逮捕されているが、その殆どがキリスト教徒だ。

 米国に本部が在る朝鮮独立の為の秘密結社「新民会」が「五賊」「七賊」所謂「親日派」の大臣暗殺計画を行っているが、これも米国とキリスト教が暗躍している。3.1独立運動。支那での5.4運動然り。

 反日テロを繰り返し、支那事変から大東亜戦争へ進んで行くのも、キリスト教徒と共産主義の巧妙な活動が最大の原因だったのは今や歴史的事実である。

 20世紀とは、自由と平等の名の下にプロレタリア独裁を標榜する共産主義が猛威を振るった時代であり、今正に、キリスト教徒の望んだ中国共産党が世界の脅威となっているのは米国の悪因悪果、因果応報でもある。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを!

cordial8317 at 05:42│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「敗戦は必定なれど三春に倣うべからず」(二本松藩家老・丹羽一学)放射線は100mSvを超えないとホルミシス効果は無い