「(籠池夫妻の)拘留中は殺人事件でもないのに接見禁止だった」だとさ(苦笑)金大中拉致事件を容認し金銭まで授受していた田中角栄

2018年07月04日

金大中拉致事件後 日本人が次々と拉致されることとなって行く

 昭和48(1973)年8月8日、大韓民国の民主活動家で、後に大統領となる金大中が、韓国中央情報部 (KCIA)により東京のホテルグランドパレス2212号室から拉致される事件が起きた。「金大中(拉致)事件」である。

 金大中は1971年、大韓民国大統領選挙で新民党(当時)の候補として立候補。民主共和党(当時)の候補・朴正熙大統領に惜敗。政権崩壊の危機感を抱いた朴大統領やKCIAは、金大中の海外での反政府活動を抑制する計画を立てる。

 在日ヤクザである柳川次郎(梁元鍚)三代目山口組若中・柳川組初代組長や町井久之(鄭建永)東声会会長らに、民主化の名の下に国家転覆を企む共産主義者・金大中の暗殺を依頼したことも明らかになっている。

「民主主義活動家」として高い名声を得た金大中は1973年(昭和48年)7月、自民党内左翼の宇都宮徳馬らに招待され東京を訪問する。金大中の殺害は事が進まず、切迫した中でKCIA関係者で拉致を実行することを覚悟した。

 8月8日午前11時頃、東京のホテルグランドパレス2212号室に宿泊中の梁一東民主統一党(当時)党首との会談後に襲撃され、ホテルの一室に監禁。目隠しをされ船で韓国に移送されるも、事件発生から5日後に自宅近くで解放された。

 同事件について、日本政府は主権侵害に対する韓国政府の謝罪と日本捜査当局による調査を要求していたが、これはあくまでも表向きのものだった。

 1973年11月2日に行われた田中角栄首相(当時)と金鍾泌首相(当時)との会談で、日韓両政府が両国関係に配慮した政治決着で穏便に事を済ませようとしていたことが、後の機密文書の公開で明らかになっている。

 田中真紀子は、事前に田中角栄は「殺人をしないこと」を条件に、金大中を拉致することを了承済であったと驚くべき証言をしている。在日ヤクザらによる金大中殺害が急遽中止されたのは田中の発言を与してのものだったのだろう。

 また「文藝春秋」2001年2月号の記事には「田中角栄首相が、政治決着で解決を探る朴大統領側から少なくとも現金4億円を受け取っていた」と、現金授受の場に同席した木村博保元新潟県議が証言している。

 田中角栄といえばロッキード社からの5億円の賄賂が有名だが、4億円の授受で拉致という主権侵害を容認していたことすれば万死に値する。

 横田めぐみさんが拉致されたのは金大中拉致事件から4年後の昭和52(1977)年11月15日未明。田口八重子さん昭和53(1978)年6月。地村保志さん、濱本富貴惠さん同年7月。蓮池薫さん、奥土祐木子同年7月。市川修一さん、増元るみ子さん同年8月と、日本人が北朝鮮工作員に次々と拉致されることとなった。

 こうした背景には、日本のホテルから韓国要人が拉致された事件にも拘らず、日本政府が拱手傍観を極め込むどころか、時の権力者であった田中角栄が金銭を授受し、拉致そのものを容認していたということも大きな要因に挙げられよう。

 横田めぐみさんが、田中角栄の故郷の新潟から拉致されたことは偶然だとは思えない。北朝鮮の実行犯らは、主権侵害でありながら政治的決着を謀った金大中事件の推移を知った上での犯行だったのではあるまいか。

 田中真紀子は「拉致の問題を解決しなければならないなんて、そんなこと、余計なこと言えるか、森友問題、加計問題やったらいいじゃないですか」と、安倍が拉致問題に取り組むことを中傷しているが、こういう気狂いがチヤホヤされる日本という国は果たして主権国家と言えるのだろうか。

 土井たか子や福島瑞穂、辻本清美と同じく拉致事件を否定していた真紀子。真紀子が外相だった時、北朝鮮の金正男が東京ディズニーランドに行く為に密入国した。だが、拉致問題なんぞ眼中にない真紀子は直ぐに送還してしまった。

 あの時、毅然と対処していたら拉致問題は今とは違う展開が図られていただろう。要は、田中真紀子にしろ福島瑞穂や辻本清美ら拉致否定派というのは、拉致事件は主権侵害であるという認識が決定的に欠落してるからに他ならない。

 拉致事件は過去のことの様に思われてるが、友人でもある北朝鮮関係者に聞いたところ、現在は日本在住の在日などが身代金目的で拉致されているという。実行犯の画像も入手したが今回は公開は控えたい。

 関係者が言う様に日本国内で未だに主権侵害が罷り通っているのが事実なら、主権国家としても法治国家としても断じて赦されることではない。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを!

cordial8317 at 05:11│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「(籠池夫妻の)拘留中は殺人事件でもないのに接見禁止だった」だとさ(苦笑)金大中拉致事件を容認し金銭まで授受していた田中角栄