小泉進次郎のパフォーマンスは親父とそっくり(苦笑)我が国を取り巻く諸問題は「日本人であることを見失った」ことに起因している

2018年06月20日

慰安婦を未だに「戦時の女性への性暴力」と言い張る韓国人の異常性

 韓国の康京和外相は、慰安婦問題について「国際社会で慰安婦問題が『戦時の女性への性暴力』という非常に深刻な人権問題として位置付けられるよう韓国外務省として計画している」として対外発信を強める方針を示した。

 これは、文在寅大統領が「三・一独立運動」の政府式典の演説で「従軍慰安婦問題は反人道的な犯罪だ」と断じたことへの忠実な実行でもある。

 韓国が言う様に、国際社会での慰安婦という売春婦の存在が「女性への性暴力」なら、世界に出張ってる韓国人売春婦を召還させるべきではないのか。

 河野外務大臣は早速反論したが、文大統領が日韓合意での日本政府の対応を批判していることでも分かる様に、慰安婦問題はモリカケに拘るアホ野党のソレと同じく、韓国にとって対日外交の切り札であると勘違いしている。

 高給に集った売春婦を「従軍慰安婦」と称し、恰も日本軍が朝鮮人の女性を強制連行し性奴隷にした「人道的犯罪」とは開いた口が塞がらない。

「ライダイハン問題」を抱えながら、ベトナムに対して謝罪も補償もしない韓国が慰安婦問題や歴史問題で我が国を責めるとは厚顔無恥も甚だしい。

 1964年、ベトナム戦争が激化すると韓国は、米国への忠誠と資金援助を得る為に米軍の要請に応じベトナムに韓国軍を派兵した。

 当時の韓国は「反共」が徹底していて、共産主義者への虐殺は犯罪ではなく英雄的行動だった。こういう認識からベトナム人女性への陵辱を正当化する。

 ベトナム戦争に於いて、韓国軍兵士は十万人単位のベトナム人女性を強姦し凌辱、虐殺した。結果、約3万人の「ライダイハン」が生まれ放置された。

 日本軍相手の売春婦である慰安婦が日本人の兵士に強姦され、孕まされ、また殺されたか。「人道的犯罪」「戦時性暴力」とはこういうことを言うのだ。

「ライダイハン」の「ライ」とは、ベトナム語で「雑種」の意味で、「ダイハン」は「大韓(民国)」のベトナム語読み。統一後のベトナムでは、韓国人との混血児であるライダイハンは「敵国の子」とされ迫害の対象となった。

 1987年に米国政府は、戦争責任からか混血児とその家族の移住を受け入れ始めた。だが、韓国側は未だに謝罪することもなく拱手傍観を極め込んでいる。

 文在寅は「加害者の日本が問題を終わったと口にしてはならない」という。その韓国はどうなのだ。在りもしない日本軍の性奴隷説に対して安易に謝罪した日本政府を褒められないが、誠意と責任の取り方を少しは見倣ったらどうだ。

 前大統領の朴槿恵も、我が国に対して「加害者と被害者という歴史的立場は千年の歴史が流れても変えることは出来ない」とも発言したことを思い出すが、 韓国の強請りタカリの体質は千年の歴史が流れようとも変わることはない。

 慰安婦問題の対外発信を強めるのも勝手だが、韓国が幼稚な正義を振り翳し我が国を断じ、「人道的犯罪」を叫べば叫ぶほど、ベトナム戦争で韓国軍が凌辱の限りを尽くしたライダイハン問題が世界に知れ渡るだろう。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを!

cordial8317 at 07:05│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

小泉進次郎のパフォーマンスは親父とそっくり(苦笑)我が国を取り巻く諸問題は「日本人であることを見失った」ことに起因している