トランプ大統領、来月開催予定だった「米朝会談を中止」を発表!愛国陣営や保守派らの危機感無き風潮に隔靴掻痒の感は否めない

2018年05月27日

日大アメフト反則タックルは部外者をも巻き込んで大問題に発展か!?

untitled-article-1416356734-body-image-1416356915
「日本一危険な写真」といわれているもので、ヤクザの組長と力道山ではありません。この記事も削除されるかも知れませんので早めに閲覧を(笑)

「私は、田中理事長とは対立する職員も多い日本大学の職員の一人です。この写真は、今から6~8年前に、田中氏が理事に就任した際に、彼が名古屋のクラブに行き、山口組の組長と他の多くの組員とともに、昇進祝いをしたときのものです。田中氏は、私たちのように彼と対立するグループを怖気づかせ、黙らせるために、何年にも渡ってこの写真を利用してきました。お願いです。調査をしてください」

 この一筆と共に敬天新聞社に送られてきた写真には、田中英壽日大理事長と山口組六代目司忍組長が並ぶ。日大にこの画像がどういう経緯で撮られたものなのか事情を聞きに取材に行った帰り道、金属バットで襲撃され重傷を負った。

 各報道局には「画像を流すな」との脅迫も行われたという。そんなこともあってかこの写真は報道各社や週刊誌など複数のメディアに送られたが報道されることは無かった。だが、海外のメディアがこれに注目。

「ヤクザオリンピック」だとして、2020年東京オリンピックでJOC副理事長を務める田中がヤクザに利権を与えているとの疑惑を報じている。

 国会でこのことを質問された下村博文元文科大臣(当時)は、「私が直接調べて報告します」と言ったのはいいが、その後、調査することは全く無かった。何らかの大きな圧力が働いたことを窺わせる。

 日大は、大学院から付属幼稚園まで10万人に迫る在校生を抱える日本最大の大学グループ。大学単体で年間約100億円の私学助成金が支払われている。

 そのトップである理事長には高い倫理性と社会性が求められるのは当然のこと。況してや私学助成金は国民の税金、血税であり、ヤクザとの交遊や疑惑が持たれてる私学団体に闇雲に支払われるというのは如何なものか。

 高が日大相撲部の監督だった田中が理事長まで上り詰めたのか。日大出身の力士は多く、相撲協会との関係は深く、国技を自任する大相撲と天皇、田中はそうしたことを最大限に利用したのではあるまいか。

 我が母校の国士舘もスポーツには熱心で、特に柔道や剣道といった武道での活躍は国士舘の名前を世間に認めさせるのは効果的な手段だった。

 日大アメフト部も、日大ブランドを高める一つの術であり、内田監督にすれば相手チームの選手を潰そうとも日大が勝ち名前が上がりさえすればそれで好かったのだ。それが田中理事長の望んでいることだとすれば尚更だろう。

 日大執行部には田中理事長支持派が10数名おり、田中の側近として動いているのは職員としては件の内田常務理事だけだという。

 あの内田監督の人相風体を見て、如何にも胡散臭げな人物だと思ったが、田中理事長の子飼いというなら然もありなん。

 数日前行われた緊急会見を見ても、監督とコーチの責任転嫁も然ることながら司会者のあの傲岸不遜な対応こそ日大の田中支配を如実に現わしていた。

 元共同通信社OBだという米倉某のあの対応は監督とコーチを庇うというより、テレビカメラの向こうにいる田中理事長への忠誠だろう。

 内田がアメフト監督の辞意を表明しても、大学の理事は暫く謹慎するということらしいが、田中の鶴の一声で留任だろう。ただ、今は熱りが覚めるのを待つしかなく、体調不良で入院した様だ。どこの病院かは知らないが、田中理事長と司六代目が初めて会ったとされる日大板橋病院だろうか(笑)

 一昔前なら田中理事長の周辺者が圧力をかけ揉み消しただろうが、流石に今回の日大の組織絡みのアメフト反則タックルは、部外者をも巻き込んで大学組織の在り方を問う大問題に進展しつつある様だ。

 マスコミもここに来て漸く田中の取材を始めたとも聞くが、当初の頃の勢いは無くなり沈静化に向かっている様にも感じる。やはり圧力はあるのか。

 反則行為を行った学生にも、田中理事長の意向を受けた大学当局からかなりの圧力があったことは創造するに余りある。あの学生の勇気ある行動が日大グループ田中英壽支配終焉の序章となることを望む。

 それにしてもみっともないのは内田監督や井上コーチも然ることながら、被害を受けた関西学院大学の選手の父親だ。こういうバカ親が登場すると収まるものも収まらなくなる。聞けば大阪維新の議員だと知って妙に納得(苦笑)

 当人からもその親からも謝罪を受け、記者会見で社会的にもケジメを付けたことで諒として赦すのかと思いきや怒り心頭の御様子で傷害容疑で告訴。かといって相手選手の減刑の嘆願書の呼びかけをしているらしく意味不明。

 憲法違反の私学助成金の問題を警鐘しようというなら未だしも、「議員生活にピリオドを付けて今後はこの問題に徹底的に向き合いたい」とは何をしたいのかさっぱり分からん。まあ、拳を振り上げたのは好いが、田中理事長と昵懇のヤクザが登場して沈黙なんてことにならなきゃ好いのだが。呵呵大笑。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを!

cordial8317 at 05:35│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トランプ大統領、来月開催予定だった「米朝会談を中止」を発表!愛国陣営や保守派らの危機感無き風潮に隔靴掻痒の感は否めない