クソ野党というのは、ホント「潰してやりたい」(笑)トランプ大統領、来月開催予定だった「米朝会談を中止」を発表!

2018年05月25日

週刊誌化するマスコミに踊らされ、国民不在の政争を繰り返している国会こそ政治の劣化の現れである

 先日まで「改竄が~」と騒いでた野党は、「廃棄した」とされる森友学園の国有地売却の経緯を記載した記録が見つかり、「組織的な隠蔽だ」として安倍首相の責任問題や麻生大臣の辞任を要求する考えらしい。

 廃棄された文書が見つかったところで何ら問題はない。佐川前国税庁長官の答弁との整合性を図った単なる財務省の文書管理の問題に過ぎない。

 マスゴミが垂れ流す胡散臭げな情報に野党が便乗して恰も問題があるかの様に騒いでいるだけ。週刊誌化するマスコミに踊らされ、国民不在の政争を繰り返している国会こそ政治の劣化の現れであり、民主主義の否定である。

「改竄問題」にしても、籠池の嘘八百に踊らされた財務省近畿財務局が、籠池に利用されたと思われる人物らの文言を原本から削除した。

 そうしたことを政治家への「忖度」と言えばそれまでだが、「本件の特殊性」や「特例的な内容」といった文言が削除されているとしても、別に決裁文書が根本から書き換えられてる訳ではない。

 周知の通り「森友学園」は詐欺師・籠池泰典が始めた愛国ビジネス。児童に教育勅語を唱和させ、学園が神道を重んじた学園であるかの様に装い、畏れ多いことに昭和天皇が学園を訪問遊ばされたと偽装した。

 更に籠池は、安倍明恵首相夫人を最大限に利用して、件の削除文書に登場した平沼赳夫や鴻池祥肇などの政治家を利用して「安倍晋三記念小学校(後に、瑞穂の國記念小学院)」の設立を目論んだ。

 当初、愛国者を気取る籠池を安倍糾弾の好材料とする野党やマスコミは、恰も安倍が学園設立に熱心だったかの様に世論誘導し、籠池に利用された安倍夫人にその矛先を向けた。だが、全てが籠池の一人芝居だったことが露呈する。

 諦め切れない野党や安倍に敵意を剥き出しにする朝日新聞は籠池を利用し、決算文書を改竄したと大問題であるかの様に騒ぎ立て、予算審議を疎かにして安倍政権打倒に狂奔しているが、既に詰んだ話だ。

 野党も流石に管理問題だけで騒ぐ訳にも行かず、又候(またぞろ)明恵夫人を登場させて世論の攪乱を目指すつもりらしいが、今や新聞報道よりネットの情報を信じる国民は、そんな野党の対応を覚めた眼で見ている。

 森友学園問題は、補助金目当ての工事請負契約書(見積書ではない)を三通偽造した悪質な事件であり、夫婦揃って詐欺罪で逮捕された。籠池逮捕で一件落着かと思いきや、摩訶不思議なことに森友学園問題を未だに騒ぎ立てている。

 加計学園の問題にしても、国家戦略特区として加計学園を選定するのは愛媛県と今治市で、仕切っているのは文科省だが、別に文科省が精査する訳ではなく、民間議員と作業部会で決定される。

 その関係者全員が「総理の意見が入る余地は無い」と断言している。獣医学部の新設は国家戦略特区の目玉でもあり、それを推進したのは安倍首相であり、これを「首相案件」だというのも別段問題ではない。

 だが、反安倍に凝り固まってる野党やマスゴミの頭の中の構造は普通の日本人とは大分違う様で、「安倍が関わっているに違いない」「明恵夫人の関与はあった」「安倍こそが黒幕」などと疑うことを止めない。

 野党もマスゴミも安倍の関与や金銭の遣り取りなどを調べてるのだろうが、それでも何も出ないというのは安倍の清廉潔白を実証している様にも思える。呵呵。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを!

cordial8317 at 05:25│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

クソ野党というのは、ホント「潰してやりたい」(笑)トランプ大統領、来月開催予定だった「米朝会談を中止」を発表!