南スーダンPKOで「武器携行命令」に右往左往現憲法は我が国體(皇統)を維持し続ける上でも実に御粗末な最高法規である

2018年04月24日

豊葦原瑞穂国崩壊の序章でもある「種子法」が先月末で廃止されたぞ!

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村←ブログ応援クリック御協力ありがとうございます!

 我が国の食糧管理制度(食管法)を支える法律の一つであった「種子法(主要農作物種子法)」が先月末で廃止された。戦後の我が国は食管法の下、主食である米や麦などの主要農作物については、政府が市場をコントロールしてきた。

 種子法は農家に優良な種子を提供する為に制定された法律で、品種改良や種子の提供に関して、政府や都道府県が責任を持つことを定めている。

 米、麦、大豆など主要農産物の品種改良を国や都道府県の公的研究が行い、良質で安価な種子を農家に安定的に供給してきた法制度である。

 食管法が平成7年に廃止され「主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(食糧法)」に引き継がれてはいるが、政府は種子法を廃止をする理由として、米の減反(生産調整)制度が今後無くなる見通しであることから、品種開発の分野についても民間開放するとしている。

 だが「民間開放」というのは詭弁であり、その実は「外資(外国)」参入を目的としたもので、国家の柱でもある農業を経済論で語るとは新自由主義を妄信し、食糧安保という意識に欠落している安倍の為せる業でもある。

 更に政府は、種子法廃止法案の追加措置として「農業競争力強化支援法」という法案を通した。この法案は驚くことに外資等の規制はしておらず、外国の企業が我が国の農業に参画する出来る為のものであることは明らか。

 つまり、公的研究機関や各県や自治体に在るハイテクプラザなどで培った研究資料やデータが外国資本に無償で提供され、それを盗用され、一部を変更することで特許取得となれば今迄の様には使用出来なくなるという危険を伴う。

 種子の分野を外資開放に因って、安価な遺伝子組み換え作物の種子が大量に出回り、我が国の食の安全や安定供給が脅かされることも懸念される。

 種子法廃止法案は、別名「モンサント法案」とも言われていた。モンサント社はベトナム戦争で悪名高い枯葉剤「エージェント・オレンジ」を開発しダイオキシンを撒き散らした世界最大のバイオ化学会社である。

 種子法廃止により、我が国は米国モンサントに食料を依存することになると言っても過言ではない。つまり、政治的な問題などで、種子の売り控えということになれば我が国の農業そのものが崩壊するという危険を孕んでいる。

 遺伝子組み換えの種子をグローバルに提供する企業としては、独バイエルや米モンサントだが、ここに来てバイエルはモンサントの買収を表明した。

 ドイツと米国は遺伝子組み換えの種子開発に熱心だが、一方では世界最大級のオーガニック市場を持つ国でもある。積極的に遺伝子組み替え食品を世界に輸出して利益を上げ、自分らは安全なオーガニック食材を口にするだろう。

 厚生労働省は「食品中の農薬の残留基準」の改正案で、安倍が妄信する環太平洋連携協定(TPP)や自由貿易協定(FTA)の流れで、外国の基準に合わせて残留農薬基準を大幅に緩和することは既定路線となっている。

 安全安心と言われた我が国の農作物が「種子法」の廃止と「農業競争力強化支援法」の成立で危機に瀕し、更には「残留農薬基準の大幅緩和」に因って外国産と変わらない危険な農産物が氾濫するだろうこと火を見るよりも明らか。

 正に、我が国農業の危機であると同時に葦原瑞穂国という国柄の崩壊であるが、農耕民族としての自覚を喪失している保守派や自称・愛国者らにそうした危機感はなく、農業を以て立国の基本とするという考えは持ち合わせてはいない。

 こうした我が国農業の崩壊と食糧安保の放棄という大問題に、農本主義を重んじるべき右翼民族陣営や反米主義の新右翼は沈黙し抗議の声すら聞こえて来ないのは摩訶不思議なことだ。右翼陣営の凋落は顕著である。嗚呼。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを!

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村←ブログ応援クリック御協力ありがとうございます!

cordial8317 at 07:31│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

南スーダンPKOで「武器携行命令」に右往左往現憲法は我が国體(皇統)を維持し続ける上でも実に御粗末な最高法規である