国会前のデモ参加はテロ支援者や準テロ支援者としてリストに載る可能性がありますよ(笑)小西洋之が「国民の敵」であることに間違いないだろ(笑)

2018年04月16日

獣医師会や獣医師会から献金を受けた政治家より安倍が叩かれる不思議

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村←ブログ応援クリック御協力ありがとうございます!

 地元紙の一面には「内閣支持下落37%」との見出しが躍る。こうした世論調査こそ倒閣運動に与したもので、「加計学園理事長と安倍が友人だから新設計画が行われた」との質問は情報弱者向けの世論誘導そのものだろう。

 別に愚生は安倍信者ではないが加計学園問題の何処が問題なのか、「首相案件」も国家戦略特区なのだから別に首相案件であっても問題なかろう。

「反安倍」在りきの野党やマスコミは、安倍と加計学園理事長との仲を怪しげな関係と断定し、総理からの働きかけは絶対に在ったと譲らない。

 加計理事長との関係は安倍が議員になる前からの友人だというし、ならば第一次安倍内閣の時も出来ただろうし、何故にもっと早くやらなかったのか、その辺りを誰か分かり易く説明してはくれまいか(笑)

 何故に四国に獣医学部なのかを考えれば色々な問題が見えてくると思うのだが、どうも反安倍派は反原発派と同じく見え方が違う様だ(笑)

 この問題は、旧態依然の行政に与する前川喜平の公務員法違反とも取れる「極めて薄弱な根拠の下で規制緩和が行われた。認可は不適切だった」との妄言に、朝日新聞を始めとした売国マスコミが挙って便乗した。

 森友問題ではあれだけ佐川元長官ら役人を糾弾しながら、前川の公務員違反にはだんまり。加計学園の問題を見てると、騒ぎ立てているのは朝日新聞や毎日新聞であり、この全てが反安倍勢力であり、そこには公平や公正さは無い。

 朝日新聞や毎日新聞、NHKら反安倍が「政治的に公平であること」「報道は事実をまげないですること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」を遵守しているとは思えない。

 過去に、放送法第4条を論拠に偏向報道を続けるテレビ局に対し「電波法に則り免許を剥奪出来る」とした高市大臣の発言を論い「放送法第4条を撤廃しろ!」と言ってた連中が反対しているのは正に支離滅裂の極み。

 放送法第4条を撤廃すれば「政治的中立」をしなくても好いのに何故か反対し、相変わらず放送法違反の偏向報道を続けている(苦笑)

「首相案件」を然も大問題であるかの如く報道し、モリカケでは「(政治家への)忖度があって欲しい」と願い、加計学園問題では「(安倍サイドからの)働きかけがあって欲しい」という淡い期待を抱いてるとしか思えない(笑)

 加計学園問題の事の次第は西日本、特に四国地方での公務員の獣医師不足は深刻で、緊急の鳥インフルエンザや国際的な環境変化の流れの中で改善しなければならない喫緊の課題でもあった。

 そういう意味では、獣医学部新設に手を挙げてくれた加計学園には、感謝することがあっても批判されるというのが理解出来ない。

 批判されるべきは頑なに批判し反対してきた獣医師会であり、獣医師会の意向を忖度し「石破4条件」を作って獣医学部新設の妨害を謀った石破茂であり、獣医師会から100万円の献金を貰ってた玉木雄一郎や福山哲郎ら政治家共だろう。

 その石破が次期自民党総裁候補として安倍に続く支持を得ている様だが、石破の発言を持ち上げてるのは、朝日新聞を始めとする反安倍を自任する売国マスコミばかりというのも何かを況や。

 石破は、自民党を離党し「改革の会」に参加した辺りから保守派の鍍金が剥がれ始める。「新党みらい」「自由党」「自由改革連合」を経て「新進党」結成に参画したものの、結局は古巣の自民党に復党した。

 こうなったのも小沢との確執とも言われているが小沢と共通する部分も多く、支那に阿ることに於いては小沢を凌ぐのではなかろうか。愚生は安倍支持派ではないが、総裁候補がこんなのばっかじゃ安倍の方がマシと思うだろうな(笑)

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを!

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村←ブログ応援クリック御協力ありがとうございます!

cordial8317 at 07:32│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

国会前のデモ参加はテロ支援者や準テロ支援者としてリストに載る可能性がありますよ(笑)小西洋之が「国民の敵」であることに間違いないだろ(笑)