3月10日は「陸軍記念日」であり「東京大空襲」が始まった日「防災訓練や防災教育、そして過去の災害の記録と記憶の継承が如何に大切であるか」

2018年03月11日

東日本大震災から7年。心静かに今日一日を過ごしたいものです

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村←ブログ応援クリック御協力ありがとうございます!

 国会では相変わらず森友学園問題が国家の一大事とばかりに騒がれている。野党やマスゴミは「安倍政権の隠蔽体質」と批判する。

 震災後、民主党政権はSPEDDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム System for Prediction of Environmental Emergency Dose Information)の数値を隠蔽し、科学的根拠を無視して原発周辺20㌔圏内の住民の避難指示を決定したことに比べたら財務省の決裁文書の書き換えなんぞ可愛いものだ。

 東日本大震災後、全国で「絆」という言葉が合言葉になり、畏くも陛下に於かれましては「国民一人びとりが、被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ、被災者と共に夫々の地域の復興の道のりを見守り続けて行くことを心より願っています」と思し召し遊ばされた。

 福島県の被災者は宮城や岩手県の被災者に比べて東電からの手厚い補償もあって恵まれている方だと思うが少し甘え過ぎてはいないだろうか。

 被災者は生活の不満を口にし、逸早く県内から逃亡した自称・被災者らも何かと理由を吐けては帰還を拒み、生活苦を訴え、賠償、賠償のオンパレード。

 原発事故の被害は原発周辺者に限らず県民なら誰もが同じことで、偶偶、原発周辺20㌔以内に住んでたからこそ補償の対象になっているだけのことで、これは当時の菅政権に感謝すべきだろう(苦笑)

 原発周辺の住民は東電関連の仕事に従事していた方が多く、第二原発の再稼働が成されない現状では帰っても仕事が無いというのが現実。これが第二原発が廃炉となれば更に帰還は困難になるだろう。

 被災者らは口々に「帰りたくても帰れない」という。だが、故郷に帰るより東電からの賠償金で暮らしてた方が楽というのが本音。

 そうした本音を直隠し「我々は被害者だから優遇されるのが当然だ」と言わんばかりの限りない無心は、同じ県民としてホントみっともない。

 反原発派も被災者同様本音を隠す。戦後「平和」という言葉が共産党など左翼政党の党勢拡大に最も効果的な武器となった様に、「反原発」も放射線の恐怖を煽り、国民の不安に便乗した革命謀略運動というのが正しい。

 有り得もしないことを思い煩ってる場合でもない。現実に有り得ないことを大袈裟に心配していることを「杞憂」「杞人の憂い」という。

 その昔、杞の国の人が年中心配ばかりしていたという。「天が落ちて来たらどうしよう」「地が裂けたらどうしよう」という具合に大袈裟な心配ばかりして暮らしていたという。反原発派に煽られてる国民も杞人と同じ。

 代替エネルギーの太陽光発電にしても原発事故を利用した便乗商法というのが正しく、原発再稼働が滞る限り国民負担の賦課金は殖え続ける。

 国民に負担金を強いる再生可能エネルギーは国力低下を招く。それよりも我が国の技術力をもっと信用し原発の再稼働を急ぐべきで、福島第二原発や宮城県女川原発の再稼働こそ復興の象徴になるだろう。

 一時的な感情論で第二原発の廃炉を決めるのであれば、被災者に対し避難している今の土地での再起を促し納得させることも政治の責任である。

 原発事故以来、ロクに休養も取らず、家族にも会えず、原発構内で命懸けで事態を収束させようと努力している方々がいる。世界が福島原発事故の行方を注視する中で、過酷な現場で従事している彼らの人智が我が国の未曾有の国難を救い、その努力が必ずや報われることを願って止まない。

 3月11日の今日、県内は追悼集会に加え、迷惑なことに反原発派が騒ぎ立てる。各々の主張は控え、心静かに今日の日を過ごしたいものです。東日本大震災に於いて犠牲になられた方々に対し衷心より哀悼の意を表します。合掌再拝。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽にメールを!

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村←ブログ応援クリック御協力ありがとうございます!

cordial8317 at 06:11│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

3月10日は「陸軍記念日」であり「東京大空襲」が始まった日「防災訓練や防災教育、そして過去の災害の記録と記憶の継承が如何に大切であるか」