我が国は正に「天皇国日本」。これこそが万古不磨の大原理大原則であるフィクサーを気取ったゴロツキ右翼や金権右翼も歌心のない乞食右翼も皆右翼

2017年12月27日

文科省も教育委員会も日教組も全教も教育荒廃の腐った肥溜め

 今年1月、須賀川市の中学1年の男子生徒が自殺した問題で、市の第三者委員会は「いじめが大きな一因となって自死を選択した」との調査結果を公表した。

 関係者は「二度とこの様な悲しいことが起きない様に学校と教育委員会が一丸となって再発防止に務める」と御決まりの決意を述べる。

 男子生徒は同じクラスの男子9人から「菌がうつる」だとか揶揄われ、部活動でも人格を否定する様な名前を付けられ呼ばれていたことで、精神が滅入り、ストレスが溜まり自殺したという。

 学校の対応の甘さを指摘しているが、子供の気持ちに寄り添えなかった親にも責任はあるし、何より自殺する勇気があるなら、いじめた同級生に負けても良いから反撃や報復すれば好かったと思っている。

 今は暴力は絶対悪として受け入れられることはない。況してや反撃や報復となれば逆に批判されかねない。市側は学校の対応の甘さを指摘するが、いじめを糺そうといじめてた生徒にビンタでも食らわせたら、それこそ体罰だと騒がれて正義感溢れる教師が吊し上げられる。

 こうした社会の風潮、被害者よりも加害者側の人権を重んじるかの様な不正義が、いじめや犯罪が無くならない最大要因となっているのも確かだろう。

 いじめというのは幾ら防止しても無くならないだろう。人間というのは強い者には巻かれるが、自分より弱い者と見るや虐めたくなるのは本能でもある。

 教育の荒廃の元凶は日教組や全教というだけではなく、文科省や教育委員会の不作為と政治家の教育改革への無関心、そして戦後の幼稚な人権主義や暴力否定の安っぽい平和主義が少なからず影響を齎したのだ。

 教育委員会は戦後、日本の教育制度を米国の意のままに置こうというのがその狙いだった。その戦後民主主義教育は米国の思惑以上に大きな成果を齎し続けているが、その教育委員会制度に頼ったところで余計に混乱を招くだけ。

 文科省も教育委員会も日教組も全教も教育荒廃の腐った肥溜め、中でも占領下に謀られた教育委員会は早々に廃止すべき組織であり、教育委員会制度の廃止が教育改革に繋がり、延いてはいじめ問題解決にも繋がるだろう。

 会津の「什(じゅう)の掟」には「卑怯な振舞いをしてはなりませぬ」「弱い者を苛めてはなりませぬ」ということを訓えている。

「什」とは数人の子供が集まり、色々なことを話し合った集団で、決まり事は子供自ら考えて実践した。

 いじめというのは、いじめが卑怯なことや恥ずかしいものだという認識の欠落から行われているのが殆どで、大人が介入したところで解決は見ない。生徒自らが問題意識を以て話し合い、解決することが好い。

 子供達がこうしたいじめという卑しい行為に奔るのは、日本文化の喪失に起因してると言っても過言ではない。

 それは政治家の怠慢でもあるが、我々大人の責任でもある。いじめで自殺した生徒も、意味も分からずいじめた側も戦後教育の被害者でもあるのだ。

 いじめられて自殺するくらいなら報復しなさい。反撃もやらないなら学校なんぞ行くな。勉強なんてやる気があれば何処でも出来る。

 その昔、右翼現役時代「日教組撲滅」のビラを都内中に貼った。そのビラの一つに「どんな子も みんな日本の 大事な子!」というのがあった。

 子供達は日本の宝だ。どんな出来の悪い子供であっても、大人達が優しい目で、そして時には厳しく、慈愛を持って見守ってやらねばならない。

※コメントは会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方はパスワードを教えますので mr.cordial@live.jpへ御気軽に!

cordial8317 at 05:40│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

我が国は正に「天皇国日本」。これこそが万古不磨の大原理大原則であるフィクサーを気取ったゴロツキ右翼や金権右翼も歌心のない乞食右翼も皆右翼