米朝一触即発、北朝鮮の民主化と朝鮮半島の安定化に繋がるか米国依存体制から一国独立し、真の主権回復を目指さねばならない!

2017年04月24日

「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」なんぞ解散してしまえ!

 靖國神社春季例大祭当日祭の21日、超党派の議員連盟「みんなで靖國神社へ参拝する国会議員の会」のメンバー95人が靖國神社へ集団参拝した。国会議員約720人いる中でたった95人でも「みんなで・・・」って、じゃないでしょ(苦笑)

 数年前には保守ブームもあり、平成以降最多の168人が参拝したのも束の間、ここ数年は90人余り、要は、保守ブームに陰りが見えてきた証左でもある。

 靖國神社参拝は、保守票の取り込みを狙ったパフォーマンスでしかないが、こんなことでは靖國神社の国家護持は愚か、陛下の御親拝などは夢のまた夢だ。

 世間では首相の参拝を熱望する声が絶えないが、安倍首相は今では恒例となった真榊奉納で事を濁すばかり。だが、悲しい哉、抑々、総理や国務大臣が靖國神社への参拝することは現憲法20条違反に問われ兼ねない行為でもあるのだ。

 靖國神社に反対する政治家も同じ。石破茂を筆頭に所謂「A級戦犯分祀論」を唱える政治家は後を絶たないが、これもまた靖國神社側への政治介入並びに威圧行為であり、同じく憲法20条第三項に違反する行為であるのは最高裁の判例が示す通り。

 高市早苗大臣が参拝したことで、菅義偉官房長官が頻りに「個人的参拝」を強調するのも、現憲法に抵触するとの認識を共有しているからに他ならない。

 国家の為に尊い命を投げ出された英霊に対し、国民の代表である政治家が感謝の誠を捧げるのは当たり前のことであり、議論の余地などないし、誰かに慮る必要も中米韓の内政干渉に屈する必要もない。参拝が叶わないのは現憲法が元凶である。

 靖國神社というのは戦後、GHQの統治下で行われた「神道指令」に因って、解体や焼き打ちが検討された。だが、当時の関係者らは智慧を絞り、GHQの目を逸らす為に一時的に別な御祭神を祀り、「一宗教法人」として存続を図った。

 本来ならば、GHQの統治から解放された昭和27年4月28日、我が国の主権が恢復した折に、靖國神社と全国の護国神社は「宗教法人」格を取っ払い国家で管理するべきだったのだが、政治の怠慢と無作為でそれをも成されずに現在に至っている。

 石破茂ら戦犯分祀論派議員らは、憲法20条に抵触しない様にと、「陛下が参拝できるように、靖國神社側が自ら静謐な環境をつくることが望ましい」などと言って国民を誑かしているが、それを言うなら「御親拝遊ばされる環境」だろう。

 こうした言辞一つ取っても、無自覚左翼的石破らの胡散臭さが顕れているが、御親拝に向けて静謐な環境を整備することには異論はないが、分祀論などの政治介入や威圧行為に違和感を覚えると共に、靖國神社側がそれに応じることはない。

 靖國神社は現在「宗教法人」となっているが、これは前述した通り、GHQが国家と神道の分離を謀った「神道指令」下、靖國神社の護持に苦慮した当時の関係当局の「緊急避難行為」であり、実態は宗教ではない。宗教というのは新興宗教でも分かる様に「教祖・経典・布教活動」の三要素を必須不可欠とするが、靖國神社にはその一つも無い。唯、祀りの様式を日本古来の神道に則って行っているに過ぎない。

 神道の二拝二拍手一礼の参拝が強制されてる訳でもなく、参拝者の意志や宗派を尊重している。靖國神社の国家護持を図る上では、この「宗教法人」を見直すことが肝要であり、先ずは靖國神社の宗教法人格を外すことから進めるべきだろう。

 自民党は過去に、衆参両院議員選挙の際のその公約の一つとして、「身を挺して国に殉じた英霊を祀る靖國神社の公式参拝と国家護持の実現を図る」という政策を幾度となく掲げて来た。政権政党として至極当然の認識と政策であろう。

 然し乍ら、自民党は過去に幾度も安定多数の議席を確保しながらもその公約は実現せず、昭和49年の参議院での審議終了による廃案以来、この「靖國神社法案」は提出されることは無くなった。これ即ち、自民党のやる気の無さの現れでもある。

「みんなで靖國神社へ参拝する国会議員の会」が真に英霊の顕彰を図るなら、超党派の議員で「靖國神社法案」を提出し、靖國神社国家護持と陛下の御親拝に向けての道筋を付けるべきで、その為に政治生命を賭けよ。そうしたことも出来ないなら、「みんなで靖國神社へ参拝する国会議員の会」なんぞ早々に解散してしまえ!

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 05:33│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

米朝一触即発、北朝鮮の民主化と朝鮮半島の安定化に繋がるか米国依存体制から一国独立し、真の主権回復を目指さねばならない!