大相撲春場所は稀勢の里の奇跡的且つ感動的優勝で幕を閉じたが民進党「流言飛語を基にした事実無根の記事だ」として産経新聞に対し抗議文

2017年03月30日

東京電力福島第二原発を再稼働し復興を加速せよ!

 関西電力高浜原発3、4号機の運転を差し止めた大津地裁の仮処分について、大阪高裁は東京電力福島第一原発事故後に策定された原子力規制委員会の新規制基準の合理性を認め、運転禁止を取り消す決定を下した。極めて妥当な決定だろう。

 抑々、大津並びに福井地裁での摩訶不思議な判決こそが、電力喪失による国力低下を狙った左翼勢力に因る革命暴力の一環であったと断じても過言ではない。

 高浜原発や大飯原発訴訟では、地震対策に「構造的欠陥がある」「主張及び説明を尽くしていない」として運転差し止めの決定が下されたが、この裁判長の認識こそが個人的イデオロギー且つ公正を失した愚かな判断でしかなかったのだ。

 大津並びに福井地裁の裁判官は、原子力規制委員会の審査基準を否定したが、であるならば何を基準にすれば好いのか。司法の判断が優先されるなら、原子力規制委員会とは要らないし存在自体に疑問を抱いた国民は少なくない。

 地裁での訴訟では、関電側の耐震設計の基準地震動の目安となる1.8倍の1260ガルまでは過酷事故には至らないとする主張に対し「それを超える地震が来ない根拠はない」とか「発電の効率性を甚大な災禍と引き換えには出来ない」と巨大地震の発生を危惧していたが、そこに科学的根拠はなく、単なる裁判長の言いがかり。

「事故が起これば取り返しのつかないものとなるだろう」とは己の妄想の押し付け。高浜原発にしろ、大飯原発にしろ、炉心溶融(メルトダウン)までの時間の想定や冷却機能の確保も原子力規制委員会の審査でクリアしている訳で、安っぽいセンチメンタリズムによる愚かな判決が、高裁で覆ったことは司法の良識と言えよう。

 起きてしまったことをいつまでも悔やんでいても意味はない。福島原発事故を教訓に、収束技術と研究を怠らず、放射線での正確なデータを集積して、今後に役立てることこそが大事。福島県民の犠牲を無駄にすることがあってはならない。

 抑々、福島原発の事故は地震に因る「天災」ではない。大津波の想定をしていなかった為に発電所内の電源が全て失われ、原子炉冷却に関わるバルブが操作不能になったのが要因。更には外国人からの不法献金がバレ、四面楚歌だった菅直人がパフォーマンスを優先し、現場視察を強行した為に被害が拡大した「人災」である。

 マグニチュード9の巨大地震にも耐え抜いた「女川原発」に注目すれば、東日本大震災よりに強い地震が襲っても対応出来る原発を造ることは可能だろう。何故に原発停止ありきなのか。福島第二原発にしても何ら問題はないし、県内外に非難している周辺住民の生業を戻す意味でも福島第二原発を再稼働をするべきだ。

 原発を無くすことや再稼働を停止させることが根本的な解決策ではない。原発事故の「人災」を猛省し、原発の安全確保は万全に、原発の様々な問題点を考究し、世界に誇れる日本の技術力を愈愈高めて行くことこそが大事である。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 04:59│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

大相撲春場所は稀勢の里の奇跡的且つ感動的優勝で幕を閉じたが民進党「流言飛語を基にした事実無根の記事だ」として産経新聞に対し抗議文