戦後民主主義の多い団塊の世代への再教育の場を設けたいものだ(笑)「退位」という共産党造語が皇室典範附則が置かれる不思議

2017年03月16日

国家の大本である教育の中身を論ずることなく教育を語る勿れ

 森友学園騒動は、野党にしてみれば安倍政権を糾弾する千載一遇の好機と捉えている様で収まる気配はない。それにしても稲田朋美というのは見ていて情けない。ホント、自称保守というかインチキ保守こういう時に心根と覚悟が現れる。まあ、安倍も第一次政権の頃はこんなヘタレ感じだったから似た様なものだわな(笑)

 森友学園の籠池泰典の遣り過ぎを庇うつもりはないが、神道系の学校であればば教育勅くらい教えるのは当然だろう。教育勅語に問題があるというのなら、日本一の参拝客を誇る明治神宮の教育勅語普及への取り組みも断じられるべきだろう。

 明治神宮を詰る者など出ることはないし、日本人であれば教育勅語は教育の根本原理であることは理解している。要は、単なる党利党略からの政争に過ぎない。

 森友学園の問題なのは、教育理念よりも私学助成金を詐取した疑いがあることだ。大阪府は刑事告発を検討しているが、国会側は日本の学制の基本となってるこの私学助成金制度を再考するべきであり、同時に国立や公立の学校の現状やバラ撒き制度などを検証し、国家の大本である教育そのものを正すべきではなかろうか。

「私学助成金制度」とは、国及び地方公共団体が行う、私立の教育施設の設置者、及び、私立の教育施設に通う在学者(在学者が未成年者である場合は保護者)に対する助成のことであるが、これは明らかな憲法違反でもあるのだ。

 日本国憲法89条には「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない」と在る。

 公金を私立学校へ助成する行為は、この条文に抵触しているのは明らか。だが、「私学助成」を廃止すれば私学の多くが破産するのは明らかで、そういうこともあって温情から、政府見解では私立学校の事業は「公の支配」に属し、これに対する公費からの助成についても「憲法89条に反しないもの」と解釈している。

 私学は公の支配下に在るということで誤魔化しているのだ。私学助成でもこうした憲法解釈は行われており、憲法9条を楯に安保関連法案改定に反対し、集団的自衛権などを騒ぎ立てる左翼や護憲派というのは私学助成金制度には沈黙を極め込む。

 教育勅語や国旗・国歌に拒否反応は示す彼らだが、カトリック系の学校を始め、宗教系の学校では「日の丸は侵略のシンボル」「君が代は統治者天皇賛美」だとして教えている。そうした事実は問題ではないのか。まさか真顔で「日の丸は侵略のシンボル」「君が代は統治者天皇賛美」というの信じてるのか。国旗国歌を重んじれば「太平洋戦争の頃の様な暗い時代に逆戻り」などと言うのではあるまいな。

 時代が戻るなら江戸時代の丁髷を結って刀を差して歩く様な時代にもなるということか。或いは縄文・弥生時代の再来もあり得るのか。そんなバカげた発言をいつまで繰り返すつもりなのか。ならば問うが、米英や或いは中共の旗は平和の旗か?

 抑々、カトリックとは、アフリカ、アジア、アメリカ大陸への殺戮と掠奪の先兵ではなかったのか。残虐の全てはキリスト教の教義の下、初めはスペイン・ポルトガル王(カトリック)、後にはイギリス・オランダ王(プロテスタント)の命令で行われたのではなかったのか。教義の下であれば、その殺戮と掠奪さえ赦されるというのなら、あのオウム真理教も同じ様にその罪は赦されるべきではないのか(苦笑)

 侵略主義のヨーロッパ諸国の国旗・国歌には反対せずに、また近隣諸国への蹂躙や武力による弾圧を続ける中共や拉致事件を起こした北朝鮮の国旗などを批判することなく、我が国の国旗・国歌だけを否定し、神道系の学園だからと執拗に断じることは矛盾と詭弁に他ならず、そこには公平・公正さは愚か正義の微塵も感じない。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 05:37│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

戦後民主主義の多い団塊の世代への再教育の場を設けたいものだ(笑)「退位」という共産党造語が皇室典範附則が置かれる不思議