金大中拉致事件後に北朝鮮が次々と拉致を実行したのは何故かワクチン接種証明済書でワクチン接種否定派との分断を謀る感染症対策分科会

2021年11月16日

昭和30年11月15日、日本民主党と自由党の合併により「自由民主党」が誕生

 占領統治から解放された3年後の昭和30年11月15日、日本民主党と自由党が合併し「自由民主党」が誕生した。党是は「自主憲法の制定」であることは誰もが知るところ。何故に自主憲法制定を目指したのかといえば、占領下にまで遡る。

 GHQの占領かだった昭和25(1950)年6月25日、北朝鮮が突如として南朝鮮(韓国)に侵攻する。所謂「朝鮮戦争」である。この朝鮮戦争を機に同じ挑戦民族同士が相討つ戦争となり、休戦に至る約4年間で数百万人が犠牲となる大惨事となった。

 朝鮮戦争が勃発するとマッカーサーは吉田茂首相に、「国内警察力と海上警備力の強化」を促す書簡を送った。所謂「マッカーサー書簡(文書)」で、マッカーサーが日本に押し付けた日本国憲法の実質的な破棄を促したものである。

 このマッカーサー書簡から1ヶ月後には「警察予備隊令」が決定、翌日公布、即日施行というスピードで準備が整えられ、自衛隊の前身たる警察予備隊が誕生した。

 吉田は、日本国憲法に違反しない為に警察予備隊は「軍隊」ではないという欺瞞の下で、「師団」を「管区」、「歩兵」を「普通科」、「砲兵」を「特科」、「兵器」は「武器」、「戦車」に至っては「特車」という御粗末なものだった。

 自衛隊を「戦力なき軍隊である」としたことで未だにそうした欺瞞を払拭出来ずにいる。安倍元首相は、自衛隊を「我が国を防衛する為の必要最小限の実力組織」にすると語っている。この認識こそが占領下時代の警察予備隊の儘なのだ。

 安倍らの謀る憲法改正は究極の護憲運動と言っても過言ではない。吉田は第九条の「国際紛争を解決する手段としての武力行使」を否定したことで現憲法を破棄・改正する道は途絶えた。当時のこの吉田の判断により、我が国が米国に利用されることなく、朝鮮戦争やベトナム戦争に駆り出されなかったのは事実だろう。

 だが然し、「マッカーサー書簡」が送られたのを機に日本国憲法を破棄し、大日本帝国憲法(欽定憲法)に戻していれば、安保関連法案や集団的自衛権の行使云々で不毛空論の議論が繰り返されることはなかったし健全なる国家になっていただろう。

 朝鮮戦争は、我が国が主権を回復した(昭和27年4月28日)後の、1948(昭和28年7月27日)まで続いていたことで、憲法改正の機を失ったのもまた事実である。

 主権回復後から3年経った昭和30年になって、漸く憲法の見直しなどの機運が高まり、日本民主党と自由党が合併し「自由民主党」が誕生することとなるのである。

 石破幹事長時代、旧綱領が改正された。新綱領に先ず「新憲法の制定」を謳い、そして「高い志をもった日本人を」として次の様に明記されている。

  〈私たちは、国民一人ひとりが、人間としての普遍的規範を身につけ、
  社会の基本となる家族の絆を大切に、国を愛し地域を愛し、
  共に支え合うという強い自覚が共有できるよう努めます。
  そのために教育基本法を改正するとともに、
  教育に対して惜しみなく資源を配分し、
  日本人に生まれたことに誇りがもてる、
  国際感覚豊かな志高い日本人を育む教育をめざします〉

 だが、どうだろう。自民党の新綱領に基く施策である「日本人に生まれたことに誇りが持てる、国際感覚豊かな志高い日本人を育む教育を目指す」とは単なる画餅になり、「世界一安心・安全な社会を創る」という国家の安全保障にも程遠い。

「積極的平和主義」を唱え「防衛力の充実」を図るのも大事ではあるが、「国防」とは単に領土保全だけのことではない。三島由紀夫はそれをこう訓えている。

「国防とは国土という領土の防衛ではなく、それを亡くしてしまったら日本ではなくなってしまうものを守り抜くことである」。国を護るということはつまり、国柄である民族、宗教、言語、​歴史、価値観、習慣、制度を護り、世界の中で最も優れた精神文化​や未来の子供達、そして何より「皇統」を死守し、継承することである。

 自民党並びに自民党員は、新自由主義と経済至上主義を猛省し、結党精神を想起すると共に、国防精神の高揚と祖国・日本の再生を図ることを使命とするべし。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメントや御意見御感想、メッセージは mr.cordial@live.jp へ御気軽にどうぞ。

〈会費&御支援〉みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ

cordial8317 at 07:27│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

金大中拉致事件後に北朝鮮が次々と拉致を実行したのは何故かワクチン接種証明済書でワクチン接種否定派との分断を謀る感染症対策分科会